微生物学講座 【楠元基礎棟2階】
教育/担当科目
 
 
 
教育
 微生物学は、細菌学、口腔細菌学、ウイルス学、免疫学などで構成されています。
 微生物による感染症の原因、診断、治療、予防に関する必要な基礎的事項を学びます。
 近年、社会的な問題になっている多剤耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)など、薬剤耐性菌が広がっています。エイズを引き起こすウイルスは、ヒトからヒトへ血液、体液などを媒介して感染していきます。
 微生物学の教育を通して、感染防御の思想を確立する事が大切と考えています。
3-01
 
このページのトップへ
担当科目
感染と免疫 (春): 細菌学、真菌学、ウイルス学の基本的なことを学ぶ。
感染と免疫 (秋): 口腔細菌学を中心に、免疫学もあわせて学ぶ。
感染と免疫 実習(秋): 微生物の観察及び取り扱いを通して、講義では十分に説明できないところを補い、より深い知識と理解を得る。
3-03 3-04
愛知学院大学 歯学部〒464-8650 名古屋市千種区楠元町1-100TEL 052-751-2561(代)

Copyright(C)2011 School of Dentistry,Aichi Gakuin University All Rights Reserved
個人情報保護方針