顎顔面外科学講座 【末盛3階】
研究
 
 
 
研究
腫瘍・粘膜疾患
 WHO口腔がん・前がん病変研究協力センター(UK)と長年にわたり国際共同研究を行ってきている。口腔悪性腫瘍の疫学研究として口腔がんの早期発見・治療成績の向上を目指した口腔がん検診の有効性に関する研究、がん予防に関しては血清中抗酸化栄養素やアルコール分解酵素の遺伝子多型と口腔がん・前がん病変発症に関する研究を行っている。また、喫煙関連口腔疾患に対する歯科系9学会合同の禁煙介入研究を研究代表として取り組み、歯科医師会、行政と協力して市民への口腔がん予防に関する啓発活動も行っている。基礎的研究としては口腔扁平上皮癌、唾液腺腫瘍の特異的遺伝子異常の臨床病理学的研究、粘膜病変に関しては自己免疫性病変の臨床病態と血清学的診断との関連性に関する研究、などがある。
粘膜病変
 口腔白板症の組織学的異型変化と臨床病態変化との関連性に関する研究、口腔扁平苔癬の臨床病態学的研究、口腔粘膜の自己免疫水疱症の臨床病態と血清学的診断との関連性に関する研究を行っている。
顎変形症
 近年増加している外科的矯正治療の顎矯正手術後の上下顎骨の安定性や口唇の知覚鈍麻などの偶発症の発症因子解析や手術難易度の予測に関する研究を手術前後で得られるCTデータや手術所見、臨床経過より総括的に研究している。
 また、咬合(噛み合わせ)だけでなく、頭蓋・顎・顔面形態を考慮した手術法を開発したり、術後の腫脹(腫れ)を最小限にする手段を3D画像を利用し検証している。
顎顔面を中心とした先天性疾患に対する分子遺伝学的解析
 我々のグループは、頭頸部に症状を呈する先天異常疾患に対して、愛知県コロニー、横浜市立大学、University of Iowa、University of Alabamaと共同で遺伝学的、分子生物学的な研究を行っている。これまでに外胚葉異形成症、鎖骨頭蓋異形成症、遺伝性歯肉増殖症、White sponge nevus、Iris Hypodontia、先天性永久歯欠損症などの遺伝的解析結果を報告しており、特に先天性永久歯欠損症については、新規の遺伝子変異を5つ見出している。これら遺伝子変異の機能解析を行う事により、組織発生に対する理解を深め、最終的には疾患の予防につなげることを目指している。
摂食・嚥下障害
健常成人における至適嚥下量の検討
 安全に嚥下できる量、すなわち至適嚥下量を知ることができれば、嚥下機能に障害のある患者にリハビリテーションを行う上で有用な情報になると考える。そこで、これまで、約250人の成人女性および20-70歳代の健常成人(男女120人)を対象に、ピラフ、ヨーグルト、カステラ、水の4食品を用いて食事摂取における一回摂取量、一回嚥下量の調査を行い、至適嚥下量の報告をしている。平均的な一回嚥下量は、パサつきのあるカステラは約5g、適度な粘性があり、咀嚼しやすい食品は約8gであった。この嚥下量は嚥下障害患者や高齢者の適切な食事摂取量の一つの指標になると考える。

脳卒中患者における誤嚥性肺炎の予測因子の検討
 脳卒中後の重要な合併症である肺炎の多くは誤嚥性肺炎といわれており、脳卒中患者を対象に誤嚥性肺炎の発症に影響する因子の検討がされている。影響する因子が分かれば、誤嚥性肺炎の予防の一助となる。そこで、脳卒中発症から7日以内に急性期病院に入院し、嚥下障害があると疑われ口腔外科で評価をした143人を対象に研究を行った。その結果から、脳卒中発症後の急性期では、誤嚥そのものものに対する食性の変更、訓練といった治療が、脳卒中発症後少し経過した時点ではリハビリテーションが重要であることが判明した。

摂食・嚥下障害患者におけるスクリーニングテストの有用性についての検討
 簡易なベットサイドテストによる嚥下機能評価に関するいくつかの報告がされているが、口腔癌術後などの器質的嚥下障害を対象としたものに関しては頸部聴診法の報告のみで、他の方法の有用性についての報告はない。そこで、器質的嚥下障害患者90人を対象に反復唾液嚥下テスト、改訂水飲みテスト、頸部聴診法の簡易スクリーニングテストの誤嚥の有無の検出に関する有用性を比較検討し、機能的嚥下障害時に指摘されているような簡易スクリーニングテストによる評価が妥当であるか否かを検討した。その結果、改訂水飲みテスト、頸部聴診法に関しては機能的嚥下障害と同様に評価してよいと考えられた。また、口腔癌術後患者では頸部聴診法による嚥下後呼気音が、より優れたスクリーニング法と考えられる。
閉塞性睡眠時無呼吸症候群
閉塞性睡眠時無呼吸症候群への下顎前進装置による咽頭形態の変化と有用性について
 閉塞性睡眠時無呼吸症候群患者の顎骨形態と重症度の関連を、レントゲンを用いて評価し、治療で使用する口腔内装置(下顎前進装置)でどの程度下顎を前方移動させると有効であるかジョーゲージという器具を使用して客観的に評価している。また、口腔内装置(下顎前進装置)はすべての症例に有効ではないため、下顎前方移動した際の咽頭形態変化を経鼻ファイバースコープで評価し、咽頭形態変化が口腔内装置(下顎前進装置)の有効性を予測する指標になるか検討を行っている。
研究実績
腫瘍・粘膜疾患
Nagao T, Warnakulasuriya S. Envoi—An Appraisal of Targeted Therapies for Head and Neck Cancer. Squamous cell carcinoma; molecular therapeutic targets. Berlin: Springer, 2017
長尾 徹:口腔がん検診―検診するか、しないか― Global Oral Cancer Forum からの提言. 日口腔腫瘍会誌.29: 94-102, 2017.
長尾 徹:巻頭言 ビンロウ噛みと喫煙対策.日口外誌.63:381, 2017.
長尾 徹,佐藤泰則,柴原孝彦,石垣佳希,楠川仁悟,依田哲也: 総説 本学会員の非喫煙化.日口外誌.63:478-489, 2017.
Nagao T, Fukuta J, Seto K, Saigo K, Hanioka T, Kurita K, Tonai I,Yamashiro M, Kusama M, Satomura K, Izumi Y, Mizutani K,Aoyama N, Tsumamura Y, Imai Y, Ishigaki Y, Nikaido M, Yoshino H, Sugai T, Kawana H, Hamada H, Matsuo A, Miura K: A national opinion study supports tobacco cessation by oral health professionals in Japan. Translational Research in Oral Oncology 2017;2:1-18.
Speight PM, Epstein J, Kujan O, Lingen MW, Nagao T, Ranganathan K, Vargas P. Screening for oral cancer-a perspective from the Global Oral Cancer Forum. Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol. 2017;123(6):680-687.
Nagao T, Warnakulasuriya S, Sakuma H, Miyabe S, Hasegawa S, Machida J, Suzuki K, Fukano H, Shimozato K, Hashimoto S. p53 and ki67 as biomarkers in determining response to chemoprevention for oral leukoplakia. J Oral Pathol Med. 2017;46(5):346-352.
Nagao T, Warnakulasuriya S,Hasegawa S, Sakuma H, Miyabe S, Komaki K, Ishii K, Machida J,Kimura M, Kuroyanagi N, Saito T, Takeuchi G,Ohyabu T, Shimozato K, Hashimoto S. Elucidating risk factors for oral leukoplakia affecting gingivae in Japanese subjects. Translational Research in Oral Oncology 2016;1:1-11.
Nagao T, Warnakulasuriya S, Nakamura T, Kato S, Yamamoto K, Fukano H, Suzuki K, Shimozato K, Hashimoto S. Treatment of oral leukoplakia with a low-dose of beta-carotene and vitamin C supplements: a randomized controlled trial. Int J Cancer. 2015;136(7):1708-17.
Nagao T. Tobacco and Alcohol Misuse and Risk of Oral Cancer. Proceedings of 6th Hiroshima Conference on Education and Science in Dentistry. 2015, pp.132-136.
長尾 徹, 福田 仁一, 佐藤 泰則, 栗田 賢一, 江原 雄二, 渡邉 文彦, 北 川 善政, 草間 幹夫, 瀬戸 ケ一.喫煙と口腔病変との関連に関する観察研究-アンケート法による横断調査.日本口腔外科学会雑誌, 61 (9): 449-457,2015.
Treatment of oral leukoplakia with a low-dose of beta-catotene and vitamin C supplements: A randomized controlled trial. 2014. [Epub ahead of print]
Characterization of Two Cases of Bullous Pemphigoid Reactive Only with BP230 on Japanese Enzyme-linked Immunosorbent Assays. Acta Derm Venereol. 2014. [Epub ahead of print]
Human dermal fibroblast migration induced by fibronectin in autocrine and paracrine manners. Exp Dermatol. 2014. [Epub ahead of print]
B-cell activating factor detected on both naïve and memory B cells in bullous pemphigoid. Exp Dermatol. 23(8):596-605, 2014.
Diagnosis of oral mucous membrane pemphigoid by means of combined serologic testing. Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol. 117(4):483-96, 2014.
耳下腺に認めた Mucoepidermoid carcinoma with Warthin tumor の1例. 愛院大歯誌,50(4): 541-446, 2012.
顎変形症
多分割Le Fort T型骨切り術を併用した上下顎移動術
ーガミースマイルと上顎歯列狭窄を伴った上顎前突および下顎後退症への応用ー
日本口腔外科学会雑誌 2014;60(6)375-379
Factors predictive of pterygoid process fractures after pterygomaxillary separation without using an osteotome in Le Fort I osteotomy.
Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol. 2013 Mar; 115(3):310-8.
Morphologic features of the mandibular ramus associated with increased   
surgical time and blood loss in sagittal split-ramus osteotomy. J Oral Maxillofac Surg. 2013 Jan;71(1):31-41.
唾液腺腫瘍に関する分子病理学的解析
Warthin-like Mucoepidermoid Carcinoma: A Combined Study of Fluorescence In Situ Hybridization and Whole-slide Imaging.
Ishibashi K, Ito Y, Masaki A, Fujii K, Beppu S, Sakakibara T, Takino H, Takase H, Ijichi K, Shimozato K, Inagaki H.
Am J Surg Pathol. 2015 Nov;39(11):1479-87.
Mammary analogue secretory carcinoma of salivary glands: a clinicopathologic and molecular study including 2 cases harboring ETV6-X fusion.
Ito Y, Ishibashi K, Masaki A, Fujii K, Fujiyoshi Y, Hattori H, Kawakita D, Matsumoto M, Miyabe S, Shimozato K, Nagao T, Inagaki H.
Am J Surg Pathol. 2015 May;39(5):602-10.
Androgen receptor-positive mucoepidermoid carcinoma: case report and literature review.
Ishibashi K, Ito Y, Fujii K, Masaki A, Beppu S, Kawakita D, Ijichi K, Shimozato K, Inagaki H.
Int J Surg Pathol. 2015 May;23(3):243-7.
Clinicopathological Significance of MAML2 Gene Split in Mucoepidermoid Carcinoma. Cancer Science 104:85-92, 2013.
Impact of CRTC1/3-MAML2 Fusions on Histological Classification
and Prognosis of Mucoepidermoid Carcinoma. Histopathology 59:90-7, 2011.
Clinicopathological significance of the CRTC3-MAML2 fusion transcript in mucoepidermoid carcinoma. Mod Pathol. 22(12):1575-81, 2009.
Prognostic significance of p27Kip1, Ki-67, and CRTC1-MAML2 fusion transcript in mucoepidermooma: a molecular and clinicopathologic study of 101 cases. J Oral Maxillofac Surg. 67(7):1432-41, 2009.
MECT1-MAML2 fusion transcript defines a favorable subset of mucoepidermoid carcinoma. Clin Cancer Res. 12(13):3902-7, 2006.
頭頸部先天性疾患に対する分子遺伝学的解析
Characterization of novel MSX1 mutations identified in Japanese patients with nonsyndromic tooth agenesis. PLoS One. 2014.
Genetic Epidemiology of Tooth Agenesis in Japan: A Population-and Family-based Study. Clin Genet. 2014.
Novel nonsense mutation in MSX1 in familial nonsyndromic oligodontia: subcellular localization and role of homeodomain/MH4. Eur J Oral Sci. 2014.
Mutation of keratin 4 genecausing white sponge nevus in a Japanese family. Int J Oral Maxillofac Surg. 2013.
Clinical and functional data implicate the Arg(151)Ser variant of MSX1 in familial hypodontia. Eur J Hum Genet. 2011 Aug;19(8):844-50.
A novel mutation in the C-terminal region of RUNX2/CBFA1 distal to the DNA-binding runt domain in a Japanese patient with cleidocranial dysplasia. Int J Oral Maxillofac Surg. 2011.
摂食・嚥下障害
嚥下障害のリハビリテーション.JIM,20(2):114-117,2010.
Computer-based videofluorographic analysis of posterior pharyngeal wall movement during swallowing in patients with head-and-neck cancer. Oral Radiology, 25(2): 99-107, 2009.
嚥下音を用いた嚥下回数の測定に関する検討.愛院大歯誌,49(4): 487-495, 2011.
健常成人における自由嚥下時の摂食・嚥下機能の検討(第2報) 健常成人の至適嚥下量の性別および体格との関連について.愛院大歯誌,50(4): 473-479, 2012.
Use of palatal augmentation prostheses to maintain speech and swallowing function in patients with amyotrophic lateral sclerosis. Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology, 24:119-123, 2012.
Examination of factors associated with aspiration pneumonia following stroke. Oral Science International 11: 15-21, 2014.
愛知学院大学 歯学部〒464-8650 名古屋市千種区楠元町1-100TEL 052-751-2561(代)

Copyright(C)2011 School of Dentistry,Aichi Gakuin University All Rights Reserved
個人情報保護方針