冠・橋義歯学講座 【末盛5階】
研究
 
 
研究内容の紹介
咬合診査
 ヒトの噛み合わせを客観的に高い精度で評価するために,従来からのカーボン紙を含め音響・振動学的な検査の評価法を研究している.
印象採得
 歯科補綴の診療に不可欠である印象採得について,手法ならびに指導方法について研究している.
咀嚼
 咀嚼によるインスリン等の分泌様相を計測することにより,咀嚼による生体の反応を検討し,メタボリックシンドロームをはじめとする生活習慣病の予防、改善への歯科医学的貢献を目指して研究している.
審美領域におけるインプラント症例の臨床的研究
 残存歯の歯頚部歯肉ラインとの調和,顎堤の頬舌径の維持,歯間乳頭部歯肉の維持など,できるだけ天然歯に近い状態に補綴することを目指している.そのために必要な抜歯の時期と方法,骨補填材,埋入時期,埋入位置,埋入方向,埋入深度など様々な要因について研究している.
脳との関連
(1)近赤外分光法を用いた脳機能改善・向上のための顎運動プログラムの開発を研究している.
(2)心電図電位変動および脳活動を指標とした疼痛の客観的評価を研究している.
(3)老化促進モデルマウスという寿命が通常マウスの半分の特殊なマウスを使用して,咬合や食物性状の変化が認知症の中核症状の1つである学習記憶能力に与える影響を行動学的,病理組織学的に研究している.
顎関節症
(1)顎関節症に対する治療法の開発と効果を研究している.
(2)高齢者に多くみられ顎関節に不可逆的な形態変化を生じる変形性顎関節症において,咬合の変化との関連性および予防法などを研究している.
歯冠修復の作製法,接着および各材料の物性
 CAD/CAM技術を中心としたデジタルデンティストリーによる歯冠修復の製作法およびオールセラミックスやナノセラミックス分散ハイブリッド系コンポジットレジンなど新素材の材料学的評価及び臨床的評価を行っている.また各材料についての接着法についても研究している.
研磨
 研磨は歯冠修復物の製作過程で重要な工程のひとつであり時間がかかる作業である.この研磨時間の効率化と歯科材料独自の研磨面の評価を研究している.
冠・橋義歯学講座2016年度 業績
総説・論文
竹市卓郎,池田大恵,石黒とも子,服部豪之,原田 亮,竹内慶子,下田夏希:ジルコニア接着ブリッジの臨床成績についてのシステマティックレビュー.日本デジタル歯科学会誌 6(1), 42-46, 2016
Kato A, Ziegler A, Utsumi M, Ohno K, Takeichi T:Three-dimensional imaging of internal tooth structures: Applications in dental education Journal of Oral Biosciences 58(3), 100–111, 2016
佐久間重光、原田 亮、土屋淳弘、竹中 誠、橋本和佳、伊藤 裕、服部正巳
機能的近赤外線分光法を用いたガム咀嚼時における前頭前野の血流動態測定.全身咬合 22(2) 1-8 2016
佐久間重光:下顎の開閉口運動による前頭前野の活動状況.健康文化振興財団紀要,51: 17-22, 2016.
山口賀大,佐久間重光,遠渡将輝,坂口晃平,田口 慧,小林里奈,足立 充,伊藤 裕,田口 望,日比英晴:顎関節症に対する運動療法の短期的効果 ―非復位性関節円板前方転位に対する予備的検討―.日顎誌,28: 126-134, 2016
松田秀人,内田あや,橋本和佳,高田和夫 炭水化物量と脂質量が等しい食品摂取後の血糖値と血漿インスリン推移―小麦粉パン摂取と米粉パン摂取の比較―
日本臨床生理学会雑誌 45(3) 107-112 2016
宮澤洋子、高田晴子、橋本和佳、服部正巳 咀嚼行為の自律神経調節効果:若年女性におけるガム咀嚼効果の検討 教育医学 62(2):125-134 2016
シンポジウム
佐久間重光:咀嚼と認知症予防.睡眠と歯科からアプローチする認知症予防シンポジウム(名古屋),2016. 8. 21.
学会発表
尾関教生,尾関 創,土屋淳弘,横山 隆:関節軟骨の膠原繊維の簡便な観察法.医学生物学電子顕微鏡技術学会 第32回学術講演会および総会(東京),2016.5.20-22.
大野公稔,竹市卓郎,原田亮,加藤彰子,原田崇,永井真渡,服部正巳: Additive Manufacturing Technologyを応用した等倍体,2倍体,4倍体のクラウン支台歯形成模型歯の製作,一般社会法人日本デジタル歯科学会第7回学術大会(札幌)2016.5.28-29
原田亮,大野公稔,竹市卓郎,加藤彰子,原田崇,永井真渡,服部正巳: Additive Manufacturing Technologyを用いて試作したクラウン支台歯形成模型歯についての歯学部学生によるアンケート調査.一般社会法人日本デジタル歯科学会第7回学術大会(札幌)2016.5.28-29
土屋淳弘,阿部俊之,橋本和佳,佐久フ重光,尾関 創,服部豪之,原田 亮,池田大恵,伊藤 裕,服部正巳:新規保険導入されたハイブリッドレジンとコア用レジンの接着強さ―第4報―各種接着性レジンセメントによる接着強さの比較.一般社会法人日本デジタル歯科学会第7回学術大会(札幌)2016.5.28-29
池田大恵,阿部俊之,橋本和佳,佐久間重光,尾関 創,原田 亮,土屋淳弘, 伊藤 裕,服部正巳:新たに保険収載されたファイバーポストの観察について デジタル歯科学会(札幌)、2016.5.28-29
荒木 厚詞, 佐久間 重光, 森 隆司, 原田 亮, 荒木 章純, 伊藤 裕:歯冠形成実習における製作物の完成度に関する調査.第35回日本歯科医学教育学会総会・学術大会(吹田),2016.7.2-3
大野公稔,竹市卓郎,加藤彰子,原田 崇,原田 亮,服部正巳:歯髄腔構造を有する歯科補綴学教育用模型歯の試作 日本補綴歯科学会第125回学術大会(金沢)2016.7.8-10
原田 亮、土屋淳弘、阿部俊之、佐久間重光、橋本和佳、伊藤 裕、服部正巳:
開業歯科医における歯科用CAD/CAMシステムおよびCAD/CAM冠の利用状況 日本補綴歯科学会第125回学術大会(金沢)2016.7.8-10
橋本和佳、足立充、尾関創、原田亮、土屋淳弘、佐久間重光、阿部俊之、荒木厚司、伊藤 裕、服部正巳: 勤労者の口腔の自覚症状と抑うつ状態との関連.日本補綴歯科学会第125回学術大会(金沢)2016.7.8-10
尾関 創,土屋淳弘,横山 隆:飼料性状がSAMP8の下顎頭に与える影響.日本顎関節学会 第29回総会・学術大会(箱根),2016.7.17-18.
佐久間重光,泉 雅浩,前多雅仁,小木信美,栗田賢一,伊藤 裕:スプリント治療により咀嚼能力の改善を図った臼歯部開咬の1例.第29回日本顎関節学会学術大会(箱根),2016. 7. 17-18.
土屋淳弘,尾関創,横山隆,服部正巳:咀嚼刺激の回復が老化促進モデルマウスP8(SAMP8)の下顎頭に与える影響.第29回日本顎関節学会(箱根)2016.7.17-18
宮澤洋子、高田晴子、橋本和佳、服部正巳:ガム咀嚼による自律神経調節効果の検討.第64回日本教育医学会学術大会(津)2016.8.18−19
大谷憲司,佐久間重光, 本田 雅規:急性期ラット脊髄圧挫損傷モデルに対する歯髄細胞移植による後肢運動機能回復への効果.第58回日本歯科基礎医学会学術大会(札幌),2016. 8. 24-26
松田秀人,橋本和佳,中村秀貴,高橋 圭,高田和夫,辻とみ子:75g経口ぶどう糖負荷試験における若年女性の耐糖能および食習慣と糖尿病家族歴との関連.
第63回日本栄養改善学会学術大会(青森)2016.9.7−9
佐久間重光,有地淑子,稲本京子,竹中 誠,渡邉正臣,伊藤 裕,服部正巳:口腔機能運動は前頭前野をどのように活性化するか?第23回日本歯科医学会総会(福岡),2016. 10. 21-23.
稲本京子,樋口直也,佐久間重光,中田和彦:近赤外分光法を用いた痛み刺激時の前頭前野血流動態の測定.第23回日本歯科医学会総会(福岡),2016. 10. 21-23.
森田一三,下村淳子,林 典子,戸田須恵子,佐久間重光:背部中央へのタッチによる脳活動の変化.日本学校保健学会第63回学術大会(つくば),2016.11.18-20.
原田 亮、土屋淳弘、尾関 創、阿部俊之、佐久間重光、橋本和佳、伊藤 裕、服部正巳:CAD/CAM冠およびFMCにおける臨床的調査.第8回日本メタルフリー学会学術大会(名古屋)2016.11.27-2016.11.28
土屋淳弘、阿部俊之、橋本和佳、佐久間重光、尾関 創、原田 亮、池田大恵、伊藤 裕、服部正巳: ハイブリッドレジンと接着性レジンセメントによる接着強さの比較. 第8回日本メタルフリー学会学術大会(名古屋)2016.11.27-2016.11.28
講演会発表
阿部俊之:保険収載されたCAD/CAM冠の現状 四日市歯科医師会館(四日市)2016.1.24
橋本和佳:咀嚼と生活習慣病 名古屋市保健所歯科講演会(名古屋)2016.2.15
阿部俊之:CAD/CAM冠の臨床 昭和区歯科医師会講演会(名古屋)2016.2.24
田中清雄:顎口腔機能障害症例を通じて咬合を考える 愛知学院大学歯学部岐阜県同窓会学術講演会(岐阜)2016.4.10
田中清雄:最終的な補綴治療を考慮したスプリント療法 愛知学院大学歯学会三重県地方学術講演会(津)2016.4.24
阿部俊之:脱離しないCAD/CAM冠の接着方法 有限会社アルファー工房主催講演会 (名古屋)2016.5.15
阿部俊之:CAD/CAMシステムについて DentalStudyClub(D・S・C)(豊橋) 2016.5.24
阿部俊之:CAD/CAM冠の臨床 鈴鹿市歯科医師会講演会(鈴鹿)2016.7.31
竹市卓郎:「からでも間に合うDigital Dentistryにおける審美修復の基本的なテクニックと知識のレベルアップ Digital Debtistry Summit in Nagoya: Sirona Special Seminar (名古屋) 2016.9.4(名古屋)
竹市卓郎:臨床に役立つCAD/CAM Technologyを応用した歯科補綴のアップデート 平成28年度公益社団法人日本補綴歯科学会東海支部生涯学習公開セミナー(松本)2016.11.13
竹市卓郎:ジルコニアを用いたメタルフリー修復を成功に導くためのベーシックと新潮流 第8回一般社団法人日本メタルフリー歯科学会学術大会 2016.11.27(名古屋)
阿部俊之:CAD/CAM冠の臨床 名東区歯科医師会講演会(名古屋)2016.12.8
阿部俊之:CAD/CAM冠の臨床 歯科人間工学会ランチョンセミナー(岐阜)2016.12.10
その他
飯田吉郎,竹市卓郎,高田智史,飯田真也,味岡武志,吉木雄一朗:今後数十年,臨床と向き合う歯科医師へ 臨床へのエビデンスの正しい活かし方
the Quintessence 35, 62-75, 2016
阿部俊之:現在の三次元形式データ方式と取得方法を整理する 各種技術と今後の展望
Quintessence of Dental Technology 41(2) 198−208 2016
愛知学院大学 歯学部〒464-8650 名古屋市千種区楠元町1-100TEL 052-751-2561(代)

Copyright(C)2011 School of Dentistry,Aichi Gakuin University All Rights Reserved
個人情報保護方針