冠・橋義歯学講座 【末盛5階】
研究
 
 
研究内容の紹介
咬合診査
 ヒトの噛み合わせを客観的に高い精度で評価するために,従来からのカーボン紙を含め音響・振動学的な検査の評価法を研究している.
印象採得
 歯科補綴の診療に不可欠である印象採得について,手法ならびに指導方法について研究している.
咀嚼
 咀嚼によるインスリン等の分泌様相を計測することにより,咀嚼による生体の反応を検討し,メタボリックシンドロームをはじめとする生活習慣病の予防、改善への歯科医学的貢献を目指して研究している.
審美領域におけるインプラント症例の臨床的研究
 残存歯の歯頚部歯肉ラインとの調和,顎堤の頬舌径の維持,歯間乳頭部歯肉の維持など,できるだけ天然歯に近い状態に補綴することを目指している.そのために必要な抜歯の時期と方法,骨補填材,埋入時期,埋入位置,埋入方向,埋入深度など様々な要因について研究している.
脳との関連
(1)近赤外分光法を用いた脳機能改善・向上のための顎運動プログラムの開発を研究している.
(2)心電図電位変動および脳活動を指標とした疼痛の客観的評価を研究している.
(3)老化促進モデルマウスという寿命が通常マウスの半分の特殊なマウスを使用して,咬合や食物性状の変化が認知症の中核症状の1つである学習記憶能力に与える影響を行動学的,病理組織学的に研究している.
顎関節症
(1)顎関節症に対する治療法の開発と効果を研究している.
(2)高齢者に多くみられ顎関節に不可逆的な形態変化を生じる変形性顎関節症において,咬合の変化との関連性および予防法などを研究している.
歯冠修復の作製法,接着および各材料の物性
 CAD/CAM技術を中心としたデジタルデンティストリーによる歯冠修復の製作法およびオールセラミックスやナノセラミックス分散ハイブリッド系コンポジットレジンなど新素材の材料学的評価及び臨床的評価を行っている.また各材料についての接着法についても研究している.
研磨
 研磨は歯冠修復物の製作過程で重要な工程のひとつであり時間がかかる作業である.この研磨時間の効率化と歯科材料独自の研磨面の評価を研究している.
冠・橋義歯学講座2015年度 業績
総説・論文
Inamoto K, Sakuma S, Ariji Y, Higuchi N, Izumi M, Nakata K:Measurement of cerebral blood volume dynamics during volitional swallowing using functional near-infrared spectroscopy: an exploratory study. Neurosci Lett, 588: 67-71, 2015.
Ariji Y, Nakayama M, Nishiyama W, Ogi N, Sakuma S, Katsumata A, Kurita K, Ariji E: Potential clinical application of masseter and temporal muscle massage treatment using an oral rehabilitation robot in temporomandibular disorder patients with myofascial pain. Cranio, 33: 256-62, 2015.
Ariji Y, Koyama S, Sakuma S, Nakayama M, Ariji E: Regional brain activity during jaw clenching with natural teeth and with occlusal splints: a preliminary functional MRI study. Cranio, 29:1-7, 2015.
佐久間重光:噛み締め運動は前頭前野の活性を高めるか?健康文化振興財団紀要,50: 58-65, 2015.
Takeichi T, Miura S, Kasahara S, Egusa H, Hara M, Sato T, Yoshinari M, Odatsu T, Watanabe I, Sawase T: Update Zirconia Restorations. J Prosthodont Res, 59(2): 81-3, 2015.
土屋淳弘, 横山 隆, 尾関 創, 山原 覚, 原田 亮, 加藤大輔, 久保勝俊, 村上 弘, 伊藤 裕, 前田初彦, 服部正巳:咀嚼刺激の回復が老化促進モデルマウスP8における海馬に及ぼす影響.老年歯学誌, 30(2):80-90. 2015.
松田秀人,内田あや,橋本和佳,高田和夫:炭水化物量と脂質量が等しい食品摂取後の血糖値と血漿インスリン推移 ―小麦粉パン摂取と米粉パン摂取との比較―.日本臨床生理学会雑誌,45(3):107-112,2015.
テーシス
小島弘充:ガム咀嚼時の咀嚼周期の違いが前頭前野の活動性におよぼす影響:機能的近赤外分光法による検討.平成27年度愛知学院大学大学院歯学研究科学位申請論文集収録予定.2015受理.
土屋淳弘:飼料性状の変更が老化促進モデルマウスP8(SAMP8)の海馬に与える影響. 平成27年度愛知学院大学大学院歯学研究科学位申請論文集収録予定.2015年受理.
学会発表
岡田良太,安藤彰浩,竹市卓郎,中村好徳,田中貴信,河合逹志,伴 清治:CAD/CAM 冠用歯科切削加工用レジン材料の加速劣化試験.日本歯科理工学会平成27年度春期第65回学術講演会(仙台),2015. 4. 12.
竹市卓郎,大野公稔,加藤彰子,原田 崇,永井真渡,永森 融,原田 亮 ,竹内慶子,荒木厚詞,服部正巳:Rapid Prototyping Technologyを応用した模型歯の試作.第6回日本デジタル歯科学会(福岡),2015. 4. 25.
安藤彰浩,岡田良太,竹市卓郎,中村好徳,河合達志,田中貴信:CAD / CAM冠用ハイブリッドレジン材料の色調安定性について.第6回日本デジタル歯科学会(福岡),2015. 4. 25.
竹内慶子,阿部俊之,橋本和佳,佐久間重光,足立 充,山原 覚,尾関 創,池田大恵,服部豪之,原田 亮,土屋淳弘,下田夏希,伊藤 裕,服部正巳:CAD/CAM冠に関する臨床的調査 第一報 再製率について.第6回日本デジタル歯科学会(福岡),2015. 4. 25‐26.
服部豪之,阿部俊之,橋本和佳,佐久間重光,尾関 創,土屋淳弘,足立 充,原田 亮,山原 覚,池田大恵,伊藤 裕,服部正巳:保険導入されたハイブリッドレジンコア用レジンとの接着強さ―第3報―各種接着性レジンセメントによる剪断強さ.第6回日本デジタル歯科学会(福岡),2015. 4. 25‐26.
阿部俊之,服部豪之,橋本和佳,佐久間重光,原田 亮,尾関 創,土屋淳弘,足立 充,山原 覚,池田大恵,伊藤 裕,服部正巳:CAD/CAM冠マージン部の適合について.第6回日本デジタル歯科学会(福岡),2015. 4. 25‐26.
Kimitoshi Ohno:Identification of Optimal Subject Position while Recording Gothic Arch Tracings in Edentulous Subjects.Harvard Clinical Leadership 2015(Boston)  2015.05.02
池田大恵,服部豪之,尾関 創,土屋淳弘,足立 充,原田 亮,山原 覚,佐久間重光,阿部俊之,橋本和佳,藤本隆広,伊藤 裕,服部正巳:顎運動のデジタルデータとCAD/CAMシステムを用いた機能的歯冠形態の作製 ―第2報―.日本補綴歯科学会第124回学術大会(大宮),2015. 5. 29‐31
竹市卓郎,大野公稔,原田 亮,竹内慶子,下田夏希,加藤彰子,原田 崇,永井真渡,永森 融,服部正巳:Rapid Prototyping 技術を応用したクラウン支台歯形成模型歯の試作.日本補綴歯科学会第124回学術大会(大宮),2015. 5. 31
塚本信隆,竹市卓郎,尾関 創,池田大恵,上栗有二,服部正巳,村上 弘:審美領域におけるインプラント症例 歯根挺出後の埋入.愛知学院大学歯学会第86回学術大会(名古屋), 2015. 6. 14.
前多雅仁,栗田賢一,佐久間重光,小熊哲史,渡邉裕之,福田幸太,小木信美,泉 雅浩:顎関節強直症に対し側頭筋筋膜弁を用いた顎関節授動術を施行した1例 術後3年経過症例.第28回日本顎関節学会学術大会(名古屋),2015. 7. 4-5.
山口賀大,佐久間重光,遠渡将輝,小菅 哲,坂口晃平,田口 慧,森 仁美,小林里奈,足立 充,伊藤 裕,田口 望:顎関節症に対する運動療法の臨床効果に関する検討(第2報)非復位性顎関節円板障害に対する短期的効果第28回日本顎関節学会学術大会(名古屋),2015. 7. 4-5.
佐久間重光,福田幸太,足立 充,前多雅仁,服部豪之,上栗有二,原田 亮,土屋淳弘,橋本和佳,小木信美,栗田賢一,伊藤 裕:顎関節症患者の初診時における各種疼痛と関連する要因の検索.第28回日本顎関節学会学術大会(名古屋),2015. 7. 4-5.
有地淑子,中山美和,野澤道仁,小木信美,佐久間重光,勝又明敏,栗田賢一,有地榮一郎:咀嚼筋痛に対するオーラルリハビリテーションロボットによる咬筋マッサージ治療の可能性. 第28回日本顎関節学会学術大会(名古屋),2015. 7. 4-5.
Inamoto K, Higuchi N, Nakata K, Sakuma S, Ariji Y: Prefrontal cortical hemodynamic response associated with pain in the gingiva. 55th Anuuual Scientific Meeting of the IADR ANZ Division, Dunedin, New Zealand, 2015. 8. 23-26.
Sakuma S, Adachi M, Harata R, Tuchiya A, Inamoto K, Higuchi N, Ariji Y: Time-dependent changes in prefrontal cortex activity during tooth clenching. 55th Anuuual Scientific Meeting of the IADR ANZ Division, Dunedin, New Zealand, 2015. 8. 23-26.
竹市卓郎, 伊藤太志, 塚本信隆, 上栗有二, 村上弘:マルチレイヤードフルカントゥアジルコニアクラウンを応用した上部構造の考察.第45回公益社団法人日本口腔インプラント学会学術大会(岡山),2015. 9. 22.
高橋 圭,中村秀貴,高田和夫,橋本和佳,佐久間重光,足立 充,松田秀人:サーモグラフィによる皮膚温上昇と咀嚼能力の検討.日本咀嚼学会第26回学術大会(横浜),2015.9.26‐27.
松田秀人,橋本和佳,宮澤洋子,足立 充,高田和夫:職場における抑うつと咀嚼能率との関係.日本咀嚼学会第26回学術大会(横浜),2015.9.26‐27.
池戸 泉美,日高 彩,竹市 卓郎,安藤 浩史,服部 正巳:ポリプロピレン製ノンメタルクラスプデンチャーを用いた1症例.第7回日本メタルフリー歯科学会学術大会(東京),2015.11. 3.
河本新太郎,名和弘幸,松本 侑,堀部森崇,荒木麻美,有川智子,藤井美樹,樋田真由,横井 共,藤原琢也,新美照幸,橋本和佳,松本 亨,山田正弘,福田 理:A大学歯学部付属病院障害者歯科診療部における初診患者の実態調査.第32回日本障害者歯科学会総会および学術大会(名古屋),2015.11.6‐8.
塚本 信隆, 竹市 卓郎, 加藤 大輔, 村上 弘:骨移植から 15 年経過した下顎臼歯部インプラント1症例.日本口腔インプラント学会大36回中部支部学術大会(名古屋), 2015. 11. 15.
佐久間重光,足立 充,原田 亮,土屋淳弘,竹中 誠,小島弘充,橋本和佳,阿部俊之,伊藤 裕,服部正巳:咀嚼運動に伴う前頭前野の活動 近赤外分光法による検討.第25回日本全身咬合学会学術大会(名古屋),2015. 11. 28-29.
橋本和佳,足立 充,松田秀人,宮澤洋子,尾関 創,原田 亮,土屋淳弘,佐久間重光,阿部俊之,伊藤 裕,服部正巳:抑うつ状態と口腔の自覚症状 ―職場の違いによる検討―.第25回日本全身咬合学会学術大会(名古屋),2015. 11. 28-29.
田中清雄,竹内一夫,服部正巳:高齢者の基礎疾患が咬合の変化に影響したと考えられた2症例.第25回日本全身咬合学会学術大会(名古屋) ,2015.11.29.
荒木厚詞,橋本和佳,阿部俊之,佐久間重光,足立 充,松田秀人,伊藤 裕,服部正巳:皮膚温上昇の測定と咀嚼能力との関係.愛知学院大学歯学会第87回学術大会(名古屋) ,2015.12.6.
田中清雄,大野公稔,高濱 豊,宇佐美博志,水野辰哉,服部正巳:舌がん部分切除後に義歯を装着しQOLを高めることができた1症例.愛知学院大学歯学会第87回学術大会(名古屋) ,2015.12.6.
佐久間重光,原田 亮,足立 充,土屋淳弘,阿部俊之,伊藤 裕:歯肉への痛み刺激による前頭前野の経時的活動様相.日本歯科人間工学会第31回研究発表大会(大阪),2015. 12. 12.
その他
竹市卓郎:臨床でエラーをなくすためのジルコニアレストレーションQ&A. the Quintessence,34(1): 94-110, 2015
招待講演
竹市卓郎:明日からの臨床に役立つCAD/CAMテクノロジーを応用した補綴治療のキーポイント.第6回日本デジタル歯科学会(福岡),2015. 4. 26.
講演会発表
橋本和佳:生活習慣病に対する歯科の役割.平成27年度歯学会・同窓会共催地方学術講演会(四日市),2015.11.8.
愛知学院大学 歯学部〒464-8650 名古屋市千種区楠元町1-100TEL 052-751-2561(代)

Copyright(C)2011 School of Dentistry,Aichi Gakuin University All Rights Reserved
個人情報保護方針