口腔衛生学講座 【楠元4階】
教育/担当科目
 
 
 
教育 授業の流れ
 口腔衛生学は、歯や口腔の健康(口腔保健)を保持増進するための科学と技術を研究する学問分野であり、歯科医師として地域社会で活躍する際に必要となる重要な分野です。
 2-4年生では「社会と歯学」(衛生・公衆衛生学、口腔衛生学、社会歯科学)の理論を学び、3年生の「社会と歯学実習」でその実践方法について学びます。さらに、4年生の臨床予備実習を経て、5-6年生の臨床実習で地域保健の実際の現場(保健所)を見学し、乳幼児を対象とする口腔保健の現状について学びます。また、口腔衛生学に関連する分野として、3年生で歯科医学史について学びます。
担当科目
2-4年: 社会と歯学
4年: 社会と歯学実習
4年: 臨床予備実習
5年: 臨床実習(保健所見学)
 
愛知学院大学 歯学部〒464-8650 名古屋市千種区楠元町1-100TEL 052-751-2561(代)

Copyright(C)2011 School of Dentistry,Aichi Gakuin University All Rights Reserved
個人情報保護方針