口腔解剖学講座 【楠元4階】
研究
関連リンク
 
 
研究
 口腔解剖学講座では,教員がそれぞれのテーマを持って研究しています。なかでも,組織学や発生学の学問を基盤にした再生メカニズムの解明が新しい試みです。再生医療とは,病気や事故により,組織や臓器の失った機能を再生する新しい医療です。その治療法として,自己や他人の細胞を移植することから,安全な移植治療の確立には,細胞の特性を理解することと,再生するメカニズムを理解することが,治療法を確立するまでの問題点を探究するために重要です。
 当講座で行われている研究は,以下の通りです。

1.iPS細胞を用いた歯の再生研究
2.間葉系幹細胞の組織形成能と免疫寛容能の機構解明
3.エネルギーフィルター電子顕微鏡(EFTEM)を使った免疫組織化学に関する研究
4.ハムスター顎下腺に認められた舌下腺様組織の共焦点レーザー顕微鏡による分析
5.非脱灰新鮮凍結切片による頭頸部の組織化学的研究
6. ハムスターを用いた上皮小体に関する研究
7.歯の形態に関する3次元解析
8.歯の形態形成に影響を与える生態学的因子についての3次元的・組織学的研究
このページのトップへ
iPS細胞を用いた歯の再生研究
 歯胚の細胞を用いてティッシュエンジニアリングの手法にて歯の再生に世界で初めて成功しました。それまでに、象牙質単一の組織再生の成功例はありましたが、エナメル質と象牙質の複合体、または、象牙質とセメント質の複合体を再生した報告はありませんでした。我々の報告から歯の再生研究が世界中に広まりましたが,それから10年以上経過しましたが,臨床応用可能な方法はいまだに確立されていません。現在は,iPS細胞から分化させた歯を構築する細胞を組み合わせて歯の再生方法の確立を目指しています。

(右図,歯胚細胞から再生した歯 Sumita et al. Biomaterials 2006)
09
このページのトップへ
間葉系幹細胞の組織形成能と免疫寛容能の機構解明
 永久歯,乳歯,過剰歯の歯髄組織中に存在する間葉系幹細胞は多分化能や免疫寛容能の特性を持つことを明らかにしてきました。さらに,歯髄幹細胞移植が脊髄損傷後の下肢の機能回復にも有用であることも分かってきました。現在,免疫寛容能および脊髄損傷後の機能回復の機構解明に取り組んでいます。歯髄幹細胞は自然に脱落する乳歯や治療のために廃棄される永久歯・過剰歯から採取できますので,他の組織から採取する間葉系幹細胞と比較して生体への侵襲性が低いことが利点です。

(右図,乳歯歯髄から樹立したiPS細胞 Toriumi et at. Biomed Res 2015)
10
このページのトップへ
エネルギーフィルター電子顕微鏡(EFTEM)を使った免疫組織化学に関する研究
  歯周病関連細菌の一つとして知られるTannerella forsythiaの有する高分子蛋白質と外膜(OM)の外に保有するsurface layer(S)との関係について、細菌を化学固定した後マイクロウェーブあるいはオートクレーブによる抗原賦活化を行うと共πにEFTEMを使った窒素反応物の検出(賦活化—HRP抗体法—DAB法、赤色)についての免疫組織化学的研究を行っている。

Okajimas Folia Anat., Jpn., 85, 67-72. 2008
Biotech. & Histochem. 87, 485-493, 2012

01
このページのトップへ
ハムスター顎下腺に認められた舌下腺様組織の共焦点レーザー顕微鏡による分析
 ハムスター顎下腺(SMG)の内部に認められた舌下腺様組織(白四角*)の存在について、得られた唾液腺にDABを使った内因性のペルオキシダーゼ(PO)活性を検出した。PO活性は唾液腺腺房細胞の消長を調べるのに非常に良い標識とされている。特にこの組織はプレパラートに並べた切片標本で認められたので、電子顕微鏡観察が困難であるため、反応産物を共焦点レーザー顕微鏡 (a, b) を駆使してその証明を行った。
Microsc. Res. Tech. 76: 1284-1291, 2013
図2-1
図2-2
このページのトップへ
非脱灰新鮮凍結切片による頭頸部の組織化学的研究
 新鮮凍結切片は, 短時間で作製可能であり、タンパク質の酵素活性および抗原性やmRNAの保存状態が極めて良好である。粘着フィルム法(Kawamoto, 2000) を応用し、ラットの非脱灰新鮮凍結切片を作製して、頭頸部領域(歯、歯周組織、咀嚼筋、骨など)の組織化学的研究を行っている。 凍結切片 切片
このページのトップへ
歯の形態に関する3次元解析
 歯の治療や予防の基礎的データとなる歯の形態について、産業用マイクロCTを使って収集したデータにより3次元的解析をおこなっている。また、肉眼解剖学で最も重要な「観察」による形態の判断を、ヒトの主観的な判断ではなく、3次元モデルを使ってコンピュータ自身が客観的に評価できるかどうかを検証している。 07b 07a
歯の形態形成に影響を与える生態学的因子についての3次元的・組織学的研究
 生物の生息環境が歯の成長に及ぼす影響について調査するために、アジア全土に適応・拡散しているオナガザル科マカクを用いて、マイクロCTを用いた非侵襲的手法により得られた3次元形状データを基に歯の構造解析を行っている。またエナメル質に見られる成長線などの微細構造についての組織学的研究を行っている。 08
研究実績
著書

Honda MJ, Toriumi T, Oka K, Saito Y, Isokawa K. STEM CELL BIOLOGY AND TISSUE ENGINEERING IN DENTAL SCIENCES. Chapter27. Dental Stem Cells for Tooth Tissue Engineering. Elsevier UK. 2015.

大野紀和(分担):ネッター 頭頸部・口腔顎顔面の臨床解剖学アトラス. 医歯薬出版(東京), 2012.
大野紀和(共著):口腔ケアガイド. 文光堂(東京), 2012.
大野紀和(分担):MANUAL FOR ORAL CARE. Quintessence Publishing(Tokyo),2011.
このページのトップへ
総説・論文

Kato A, Ziegler A, Utsumi M, Ohno K, Takeichi T: Three-dimensional imaging of internal tooth structures: Applications in dental education. Journal of Oral Biosciences. 58(3): 100–111, 2016.

Mitani A, Niedbala W, Fujimura T, Mogi M, Miyamae S, Higuchi N, Abe A, Hishikawa T, Mizutani M, Ishihara Y, Nakamura H, Kurita K, Ohno N, Tanaka Y, Hattori M, Noguchi T.:Increased expression of interleukin (IL)-35 and IL-17, but not IL-27, in gingival tissues with chronic periodontitis. J Periodontol. 86(2):301-309, 2015.

Suzuki Y, Nakamura N, Miyabe M, Nishikawa T, Miyajima S, Adachi K, Mizutani M, Kikuchi T, Miyazawa K, Goto S, Tsukiyama K, Yamada Y, Ohno N, Noguchi T, Mitani A, Matsubara T, Naruse K. : Anti-inflammatory role of glucose-dependent insulinotropic polypeptide in periodontitis. J Diabetes Investig. 7(4):497-505, 2016.

Tsurumachi N, Akita D, Kano K, Matsumoto T, Toriumi T, Kazama T, Oki Y, Tamura Y, Tonoji M, Isokawa K, Shimizu N, Honda M: Small Buccal Fat Pad Cells Have High Osteogenic Differentiation potential. Tissue Eng Part C Methods, 22(3):250-259, 2016

Akita D, Kano K, Saito-Tamura Y, Mashimo T, Sato-Shionome M, Tsurumachi N, Yamanaka K, Kaneko T, Toriumi T, Arai Y, Tsukimura N, Matsumoto T, Ishigami T, Iisokawa K, Honda M: Use of Rat Mature Adipocyte-Derived Dedifferentiated Fat Cells as a Cell Source for Periodontal Tissue Regeneration. Front Physiol, 7: 50, 2016

Shino H, Hasuike A, Arai Y, Honda M, Isokawa K, Shuichi Sato: Melatonin enhances vertical bone augmentation in rat calvania secluded spaces. Medicina Oral Patologia Oral y Cirugia Bucal, 21(1): e122-126, 2016

Akita D, Kano K, Saito-Tamura Y, Mashimo T, Sato-Shionome M, Tsurumachi N, Yamanaka K, Kaneko T Toriumi T, Arai Y, Tsukimura N, Matsumoto T, Ishigami T, Iisokawa K, Honda M : Use of Rat Mature Adipocyte-Derived Deffirentiated Fat Cells as a Cell Source for Periodontal Tissue Regeneration.Front Physiol.eCollection, 2016.
Tsurumachi N, Akita D, Kano K, Matsumoto T, Toriumi T, Kazama T, Oki Y, Tamura Y, Tonoji M, Iisokawa K, Shimizu N, Honda M : Small Buccal Fat Pad Cells Have High Osteogenic Differentiation potential. Tissue Eng Part C Methods. 22(3):250-9, 2016.
Mikami Y, Tsuda H, Akiyama Y, Honda M, Shimizu N, Suzuki N, Komiyma K. : Alkaline phosphatase determines polyphosphate-induced mineralization in a cell-type independent manner.J BoneMiner Metab, 2015.
Ishijima M, Hirota M, Park W, Honda MJ, Tsukimura N, Isokawa K, Ishigami T, Ogawa T : Osteogenic cell sheets reinforced with photofunctionalized micro-thin titanium. J Biomater, 29(10):1372-84, 2015
Toriumi T, Takayama N, Murakami M, Sato M, Yuguchi M, Yamazaki Y, Eto K, Otsu M, Nakauchi H, Shirakawa T, Isokawa K, Honda MJ : Characterization of mesenchymal progenitor cells in the crown and root pulp of primary teeth. Biomed Res, 36(1):31-45, 2015
Hiromichi Shino, Akira Hasuike, Yoshinori Arai, Masaki Honda, Keitaro Isokawa, Shuichi Sato: Melatonin enhances vertical bone augmentation in rat calvania secluded spaces. Medicina Oral Patologia Oral y Cirugia Bucal, 2015
Takahashi C, Kalita G, Ogawa N, Moriguchi K, Tanemura M, Kawashima Y, Yamamoto H: Electron microscopy of Staphylococcus epidermidis fibril and biofilm formation using image-enhancing ionic liquid. Analytical and Bioanalytical Chemistry, 407, 1607-1613, 2015.

Kato A, Higuchi N, Nakata K, Ohno N: Educational tools utilizing three-dimensional Portable Document Format aimed at comprehensive understranding of basic science and clinical dentistry. Aichi Gakuin Dental Science 27, 17-22, 2014.

Utsumi M, Moriguchi K, Ohno N: Age-related changes of the ultrastructure in the parathyroid gland of the golden hamster. Okajimas Folia Anatomica Japnica, 91 (2): 37-43, 2014.

Moriguchi K, Ohno N: Electron microscopic identification of hydrogen peroxide detected in fixed human polymorphonuclear leukocytes during phagocytosis. Okajima Folia Anatomica Japonica, 90 (4):97-100, 2014.

Abe T, Murakami Y, Nagano K, Hasegawa Y, Moriguchi K, Ohno N, Shimozato K, Yoshimura F: OmpA-like protein influences cell shape and adhesive activity of Tannerella forsythia. Molecular Oral Microbiology. 26(6): 374-387, 2011.

Kato A, Tang N, Borries C, Papakyrikos AM, Hinde K, Miller E, Kunimatsu Y, Hirasaki E, Shimizu D, Smith TM.  Intra- and interspecific variation in macaque molar enamel thickness. Am J Phys Anthropol. 155(3):447-59,2014.

Kato A*, Ziegler A*, Higuchi N, Nakata K, Nakamura H, Ohno N. Aetiology, incidence and morphology of the C-shaped root canal system and its impact on clinical endodontics. Int Endod J. 47(11):1012-33,2014 * Joint first authors

Miyajima S , Naruse K, Kobayashi Y, Nakamura N, Nishikawa T, Adachi K, Suzuki Y, Kikuchi T, Mitani A, Mizutani M, Ohno N, Noguchi T, Matsubara T: Periodontitis-activated monocytes/macrophages cause aortic inflammation. Scientific Reports, 4(5171), 1-9, 2014.
Yamada M, Yamamoto N, Ohgami S, Kanazawa M, Harada J, Ohno N, Natsume N: The effect of sevoflurane on developing A/J strain mouse embryos using a whole-embryo culture system−the incidence of cleft lip in culture embryos. In Vitro Cellular & Developmental Biology–Animal, 2013.
Moriguchi K, Utsumi M, Ohno N: Confocal laser scanning microscopic analysis of ectopic sublingual gland-like tissue inside the hamster submandibular gland. Microscopy Research and Technique, 76: 1284-1291, 2013.
盛口敬一, 城ヶ原貴通, 織田銑一 : インドサイ耳下腺の電顕通常切片での内因性ペルオキシダーゼ活性検出の検討. 医学生物学電子顕微鏡技術学会誌, 27: 140-141, 2013.
Moriguchi K, Mitamura Y, Iwami J, Hasegawa Y, Higuchi N, Murakami Y, Maeda H, Yoshimura F, Nakamura H, Ohno N: Energy filtering transmission electron microscopy immunocytochemistry and antigen retrieval of surface layer proteins from Tannerella forsythensis using microwave or autoclave heating with citraconic anhydride. Biotechnic & Histochemistry, 87: 485-493, 2012.
Nishikawa T,Naruse K,Kobayashi Y,Miyajima S,Mizutani M,Kikuchi T,Soboku K,Nakamura N,Sokabe A,Tosaki T,Hata M,Ohno N,Noguchi T,Matsubara T: Involvement of nitrosative stress in experimental periodontitis in diabetic rats. Journal of Clinical Periodontology, 39: 342-349,2012.
松本 侑, 中野 崇, 岡本卓真, 加藤一夫, 大野紀和, 福田 理:Down症候群児乳歯エナメル質の表層における小柱のCa・P濃度および組織構造.小児歯科学雑誌, 50(5): 404-413, 2012.
田口祐一,高間公平,磯村文質,小間信一,神出雅子,大野紀和:モアレトポグラフィー法によるスリランカ幼児の口蓋形態と大きさ. 愛知学院大学歯学会誌, 50(2): 43-52,2012.
Moriguchi K, Utsumi M, Ohno N: EFTEM cytochemistry and sexual dimorphism of secretory granules in male and female hamster submandibular glands. Okajimas Folia Anatomica Japonica, 88: 11-16, 2011.
Moriguchi K, Muraji N, Shigemori T, Mitamura Y, Maeda H, Tanaka Y, Ohno N: Analysis of the relationship between mean free path and Ca intensity in enamel sections using EFTEM. Journal of Electron Microscopy Technology for Medicine and Biology, 25: 1-4, 2011.
Utsumi M, Moriguchi K, Ohno N: Light and electron microscopic histochemistry of the peroxidase activity in the secretory granules of the developing hamster submandibular gland. Okajimas Folia Anatomica Japonica, 87: 181-187, 2011.
Kato A, Kouchi M, Mochimaru M, Isomura A, Ohno N:A Geometric Morphometric Analysis of the Crown Form of the Maxillary Central Incisor in Humans. Dental Anthropology, 24(1): 1-10, 2011.
Abe T,Murakami Y,Nagano K,Hasegawa Y,Moriguchi K,Ohno N,Shimozato K,Yoshimura F:OmpA-like protein influences cell shape and adhesive activity of Tannerella forsythia. Molecular Oral Microbiology, 26: 374-387, 2011.
高見 観,夏目長門,勝又明敏,有地榮一郎,大野紀和:口唇顎裂,口唇顎口蓋裂患者上気道のCT画像三次元構築による計測・評価.愛院大歯誌,48(4):353-365,2010
盛口敬一, 長谷川義明, 樋口直也, 村上幸孝, 吉村文信, 中村 洋, 大野紀和:Tannerella forsythensis の表層蛋白質に関する免疫EF-TEMによる窒素観察における凍結置換法、化学固定法の比較. 医生電顕技術誌, 24(2): 67-69, 2010.
盛口敬一, 福田光男, 前田初彦, 野口俊英, 大野紀和:Alkaline phosphatase (ALPase)活性検出におけるクエン酸鉛とセリウム塩との違い. 医生電顕技術誌, 24(2): 84-85, 2010.
稲垣幸司,中村昭二,水谷 誠,大澤数洋,小澤佑介,別所 優,野口俊英:咬合崩壊を伴う高度な慢性歯周病炎患者の長期臨床経過. 日本全身咬合学会雑誌、16(1) : 23-32. 2010.
このページのトップへ
その他
加藤彰子, Tang N, Smith TM: ニホンザルにおける歯の組織構造と成長.霊長類研究所年報, 43: 119, 2013.
Kato A, Kouchi M, Mochimaru M, Ohno N: A geometric morphometric analysis of the crown form of the maxillary central incisor. Bulletin of the International Association for Paleodontology, 7(1): 96, 2013.
盛口敬一, 清水秀夫, 尾上孝利, 前田初彦, 大野紀和: 電子顕微鏡観察における酢酸ウラニールの再使用による染色効果. 医学生物学電子顕微鏡技術学会誌, 25: 105, 2011.
盛口敬一, 前田初彦, 大野紀和: エネルギーフィルター電子顕微鏡の元素分析におけるMapping とSpecimen Thicknessとの関係. 医学生物学電子顕微鏡技術学会誌,25: 123, 2011.
このページのトップへ戻る
学会発表

Suzuki D, Iguchi S, Kawano E, Tsurumachi N, Toriumi T, Isokawa K, Arai Y, Sakai A, Ooshio K, Sugano N, Sato S, Honda M: Dedifferentiated fat cells for tissue engineering in rat periodontal defects. The 102nd Annual Meeting of the American Academy of Periodontology in collaboration with the Japanese Society of Periodontology and Japanese academy of Clinical Periodontology (San Diego), 2016.9.10-13.

Iguchi S, Kawano E, Suzuki D, Tsurumachi N, Kajiya M, Toriumi T, Isokawa K, Arai Y, Fukuda T, Fujisaki Y, Sugano N, Sato S, Honda M: Use of BMSCs prevents alveolar bone resorption on experimental periodontitis. The 102nd Annual Meeting of the American Academy of Periodontology in collaboration with the Japanese Society of Periodontology and Japanese academy of Clinical Periodontology (San Diego), 2016.9.10-13.

加藤美咲,大谷憲司,濱村和紀,本田雅規:無血清培地にて培養したヒト歯髄細胞の特性の解析. 第58回歯科基礎医学会学術大会(札幌),2016.8.25.

本田雅規:ヒトiPS細胞は歯を形成する細胞に分化できる. 粉体工学会第52回夏期シンポジウム(神戸),2016.8.9.

本田雅規:ヒト歯髄細胞の特性とその細胞治療、そして今後の課題. 第37回日本歯内療法学会学術大会(名古屋),2016.7.24.

Masaki Honda:  Dental pulp cells as a cell source for tissue regeneration. International Association for Dental Research (IADR) Pulp Biology Regeneration Group (PBGR) Symposium 2016  (Nagoya), 2016.6.27.

Masaki Honda: Use of human iPS cells for tissue-engineered tooth. 12th International Conference on Tooth Morphogenesis and Differentiation (Finland), 2016.6.13.

盛口敬一,本田雅規:分析電子顕微鏡によるラット舌下腺の終末部腺細胞における内因性ペルオキシターゼ活性局在の再検討. 第121回日本解剖学会総会・全国学術集会(福島),2016.3.30.

本田雅規,鳥海 拓:iPS細胞は,エナメル芽細胞,象牙芽細胞,セメント芽細胞に分化する. 第121回日本解剖学会総会・全国学術集会(福島),2016.3.30.

Honda Masaki, Toriumi Taku : Human iPS cells are capable of differetiatrion into odontobrasts, and cementoblasts. Gordon Rsearch Conference, Bone snd Teeth, 2016. 2 .16 (Galveston , Texas)
本田雅規,加藤彰子,水谷 誠,内海倫也,盛口敬一:ラット脊髄圧挫損傷直後の歯髄細胞移植による下肢運動機能への効果. 愛知学院大学歯学会第87回学術大会(名古屋),2015.12.6
鶴町仁奈,田村瑛子,磯川桂太郎,清水典佳,本田雅規:大きさの異なる成熟脂肪細胞から得られる脱分化脂肪細胞の特性の解析. 第74回日本矯正歯科学会大会(福岡),2015.11.20
盛口敬一,内海倫也,城ヶ原貫通,小田銑一,本田 雅規:内因性peroxidase活性による諸種哺乳動物の唾液腺腺房細胞の性状. 第57回歯科基礎医学会学術大会(新潟),2015.9.11
秋田大輔,加野浩一郎,田村瑛子,真下貴之,鶴町仁奈,新井嘉則,山中克之,金子 正,塩野目桃子,舘野 敦,月村直樹,松本太郎,磯川桂太郎,石上友彦,本田雅規:DFAT細胞による歯周組織再生. 第36回日本炎症・再生医学会(東京),2015.7.22
鶴町仁奈.秋田大輔,松本太郎,加野浩一郎,外木守雄,磯川桂太郎,本田雅規:ヒト頬脂肪体から単離した各種成熟脂肪細胞分画から得られた脱分化脂肪細胞の特性の解. 第36回日本炎症・再生医学会(東京),2015.7.22.
本田雅規,秋田大輔,加野浩一郎,鶴町仁奈,鳥海拓,井口慎也,鈴木大悟,河野英輔,松本太郎,磯川桂太郎:脱分化脂肪細胞移植による歯周組織再生の試み,第58回春季日本歯周病学会学術大会 2015.5.16.
河野英輔,鳥海拓,鶴町仁奈,井口慎也,鈴木大悟,磯川桂太郎,佐藤秀一,本田雅規:
ヒトiPS細胞から神経堤細胞への分化誘導,第58回春季日本歯周病学会学術大会 2015.5.15.

Kato K, Inagaki K, Hishikawa T, Yamamoto G, Mitani A, Ohno N. Morphometric study of molar root furcation area and its relation to periodontal tissue destruction in Japanese populations. 日本解剖学会(神戸),2015.3.23.

Moriguchi K, Jogahara T, Oda S, Ohno N: Ultrstructural localization of endogenous peroxidase activity in secretory granules of rhinoceros parotid gland. 第120回 日本解剖学会総会・全国学術集会・第92回日本生理学会大会 合同大会 (神戸), 2015.3.20.

盛口敬一:スンクスの白血球について. 第9回スンクス研究会(第120回 日本解剖学会総会・全国学術集会 研究集会・懇話会6)(神戸), 2015.3.20.
盛口敬一, 朝倉正紀, 鶴田昌三, 河合達志:分析電子顕微鏡(EDS)によるチタン合金(Ti-6Al-4V)上でのヒト多形核白血球の過酸化水素生成. 第64回日本歯科理工学会学術講演会(広島), 2014.10.5.
盛口敬一, 大野紀和: 微粒子とプレート状チタンにおけるヒト白血球のH2O2生成. 第56回歯科基礎医学会学術大会・総会(福岡), 2014.9.27.
盛口敬一. 福田光男, 吉成伸夫, 前田初彦, 野口俊英, 三谷章雄, 大野紀和: 歯肉増殖症における毛細血管後細静脈の形態変化について. 医学生物学電子顕微鏡技術学会 第30回学術講演会および総会 (大阪), 2014.5.24.
盛口敬一、長谷川義明、樋口直也、村上幸孝、吉村文信、中村 洋、中田 和彦、大野紀和: Tannerella forsythiaに対するヒト多形核白血球の食作用とフリーラジカル生成局在に関する光顕、電顕検出法.医学生物学電子顕微鏡技術学会第30回学術講演会および総会(大阪), 2014.5.24.
加藤彰子,Alexander Ziegler,樋口直也,中田和彦, 中村洋, 大野紀和: 樋状根管の形態理解のための3D PDFの活用. 第119回日本解剖学会総会・全国学術集会(宇都宮), 2014.3.29.
盛口敬一、福田光男、吉成伸夫、前田初彦、野口俊英、大野紀和: 歯肉増殖症における脈管系の形態変化、浮腫と変性上皮細胞の関係について.第119回日本解剖学会総会・全国学術集会(宇都宮), 2014.3.28.
加藤彰子, 稲垣幸司, 野口俊英, 大野紀和 : 日本人とビルマ人における下顎第一大臼歯の歯根形態. 第67回日本人類学会(筑波), 2013.11.2.
足立 圭, 成瀬桂子, 小林泰子, 中村信久, 西川 徹, 宮島真一, 鈴木佑基, 水谷 誠, 菊池 毅, 大野紀和, 野口俊英, 松原達昭 : 糖尿病ラット歯周炎に対するpoly (ADP-ribose) polymerase阻害薬の効果. 第8回日本歯周病学会中部地区大学・日本臨床歯周病学会中部支部合同研究会(長野), 2013.10.6.
盛口敬一, 朝倉正紀, 高橋好文, 河合達志, 大野紀和 : エネルギーフィルター電子顕微鏡による歯石構成元素の検出. 第73回日本解剖学会 中部支部学術集会(甲府), 2013.10.5.
宮島真一, 成瀬桂子, 中村信久, 水谷 誠, 菊池 毅, 野口俊英, 松原達昭 : 歯周炎は動脈硬化初期病変を惹起する. 第61回日本心臓病学会学術集会 (熊本), 2013.9.22.
足立 圭, 成瀬桂子, 小林泰子, 中村信久, 西川 徹, 宮島真一, 鈴木佑基, 水谷 誠, 菊池 毅, 大野紀和, 野口俊英, 松原達昭 : 糖尿病ラット歯周炎に対するpoly (ADP-ribose) polymerase阻害薬の効果-第2報-. 第28回日本糖尿病合併症学会(北海道), 2013.9.14.
Miyajima S, Naruse K, Nakamura N, Mizutani M, Kikuchi T, Noguchi T, Matsubara T: Periodontitis Increases Monocyte Adhesion to Aortic Endothelial Cells: Possible Involvement of Tumor Necrosis Factor-Alpha-Mediated Inflammation. The 45th Annual Scientific Meeting of the Japan Atherosclerosis Society (Tokyo), 2013.7.18.
鈴木佑基, 成瀬桂子, 小林泰子, 中村信久, 西川 徹, 宮島真一, 足立 圭, 菊池 毅, 水谷 誠, 大野紀和, 野口俊英, 松原達昭 : 糖尿病合併歯周炎に対するインスリン治療効果と作用機序の検討. 第34回日本炎症・再生医学会(京都), 2013.7.3. 
Adachi K, Naruse K, Kobayashi Y, Nakamura N, Nishikawa T, Miyajima S, Suzuki Y, Mizutani M, Kikuchi T, Ohno N, Noguchi T, Matsubara T: Impact of the activation of poly (ADP-ribose) polymerase on the periodontitis in diabetic rats. 73rd Scientific Sessions - American Diabetes Association (Chicago), 2013.6.23.
宮島真一, 成瀬桂子, 小林泰子, 中村信久, 西川 徹, 足立 圭, 鈴木佑基, 水谷 誠, 菊池 毅, 大野紀和, 野口俊英, 松原達昭 : 歯周炎は大動脈における接着分子の発現を誘導し単球接着を増加させる. 第141回日本循環器学会東海地方会(名古屋), 2013.6.22.
盛口敬一, 城ヶ原貴通, 織田銑一 : インドサイ耳下腺の電顕通常切片での内因性ペルオキシダーゼ活性検出の検討. 医学生物学電子顕微鏡技術学会第29回学術講演会および総会30周年記念(横須賀), 2013.6.9.
宮島真一, 成瀬桂子, 小林泰子, 中村信久, 西川 徹, 足立 圭, 鈴木佑基, 水谷 誠, 菊池 毅, 大野紀和, 松原達昭, 野口俊英 : ラット実験的歯周炎は TNF-α が誘導する炎症反応を活性化し大動脈における単球接着を増加させる. 第55回春季日本歯周病学会(東京), 2013.5.31.
足立 圭, 成瀬桂子, 小林泰子, 中村信久, 西川 徹, 宮島真一, 鈴木佑基, 水谷 誠, 菊池 毅, 大野紀和, 野口俊英, 松原達昭 : 糖尿病ラット歯周炎に対するPoly (ADP-ribose) polymerase阻害薬の効果. 第56回日本糖尿病学会年次学術集会(熊本), 2013.5.17.
Kato A, Tang N, Papakyrikos AM, Hinde K, Miller E, Kunimatsu Y, Hirasaki E, Shimizu D, Smith TM: Molar enamel thickness in four macaque species. 82nd annual meeting, American Association of Physical Anthropologists (Tennessee), 2013.4.12.
Tang N, Kato A, Hinde K, Miller E, Smith TM: Molar development and life history in four macaque species. 82nd annual meeting, American Association of Physical Anthropologists (Tennessee), 2013.4.12.
Papakyrikos AM, Wen Y, Austin C, Kato A, Tang N, Arora M, Wang XP, Smith TM: Incremental Growth Lines in Melatonin-Deficient Mice. 82nd annual meeting American Association of Physical Anthropologists (Tennessee), 2013.4.12.
盛口敬一, 福田光男, 吉成伸夫, 前田初彦, 野口俊英, 大野紀和 : 歯肉増殖症の伸長した上皮突起に認められた変性細胞について. 第118回日本解剖学会総会・全国学術集会(高松), 2013.3.28.
Miyajima S, Naruse K, Kobayashi Y, Nakamura N, Mizutani M, Kikuchi T, Ohno N, Noguchi T, Matsubara T: Periodontitis Activates Tumor Necrosis Factor-Alpha-Mediated Inflammatory Responses and Increases Monocyte Adhesion to Aortic Endothelial Cells. The 77th Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society (Yokohama), 2013.3.17.
足立 圭, 成瀬桂子, 小林泰子, 中村信久, 西川 徹, 宮島真一, 鈴木佑基, 水谷 誠, 菊池 毅, 大野紀和, 野口俊英, 松原達昭 : 糖尿病ラット歯周炎に対するPoly (ADP-ribose) polymerase阻害薬の効果. 第27回日本糖尿病・肥満動物学会年次学術集会(東京), 2013.2.23.
Ohno N: Radiographic analysis of mandibular ramus size with age. 33nd Myanmar Dental Conference and 14th FDI-MDA Joint Educational Meeting (Yangon), 2013.1.24-26.
Ohno N: Peopling of Myanmar as Demonstrated by Genotyping of Urinary JC Virus DNA. 32nd Myanmar Dental Conference and 13th FDI-MDA Joint Educational Meeting (Yangon), 2012.1.26.
西川 徹,成瀬桂子,小林泰子,水谷 誠,宮島真一,菊池 毅,惣卜響子,足立 圭,中村信久,大野紀和,野口俊英,松原達昭:糖尿病における歯周炎悪化のメカニズムの検討―ニトロ化ストレスの関与とインスリン治療効果について―.第26回日本糖尿病・肥満動物学会年次学術集会(名古屋), 2012.2.17.
盛口敬一, 高橋好文, 河合達志, 大野紀和:チタン合金上でのヒト多形核白血球の過酸化水素生成局在. 第117回日本解剖学会総会・全国学術集会(山梨), 2012.3.27.
Tanya M. Smith, Alexandra Houssaye, Jean- Jacques Hublin, Akiko Kato, Ottmar Kullmer, Eric Maire, Anthony J. Olejniczak, Friedemann Schrenk, Paul Tafforeau, John De Vos, John P. Zermeno: Reassessing Enigmatic Asian Hominoid Dental Remains. 81th American Association of Physical Anthropologists (Portland, Oregon), 2012.4.13.
西川 徹, 成瀬桂子, 小林素子, 中村信久,宮島真一,足立 圭,水谷 誠,水上浩哉,八木橋操六,Sookja K Chung,宮澤 健,後藤滋巳,大野紀和,野口俊英,松原達昭:糖尿病における歯周病増悪のメカニズム―アルドース還元酵素欠損マウスを用いた検討―. 第55回日本糖尿病学会(横浜), 2012.5.19.
伊藤正樹,内海倫也,片浦貴俊,豊田哲郎:統合失調症患者歯肉の電子顕微鏡的観察.第29回日本障害者歯科学会総会(札幌),2012.9.28.
盛口敬一, 前田初彦, 大野紀和:酢酸ウラン染色液の再使用時のpHについて.第72回日本解剖学会中部支部学術集会(岐阜), 2012.10.14.
宮島真一,成瀬桂子,小林泰子,中村信久,西川 徹,足立 圭,鈴木佑基,水谷 誠,菊池 毅,大野紀和,野口俊英,松原達昭:歯周炎は動脈硬化初期病変を誘発する. 日本循環器学会第140回東海・第125回北陸合同地方会(名古屋), 2012.10.20.
加藤彰子, Amanda Papakyrikos, Nancy Tang, 國松 豊, Katie Hinde, Ellen Miller, 大野紀和, Tanya Smith:マカク属における大臼歯エナメル質の厚み.第66回日本人類学会大会(横浜),2012.11.2.
足立 圭,成瀬桂子,小林素子,中村信久,西川 徹,宮島真一,鈴木佑基,水谷 誠,菊地 毅,大野紀和,野口俊英,松原達昭:糖尿病ラット歯周炎に対するPoly(ADP-ribose)polymerase阻害薬の治療効果. 第27回日本糖尿病合併症学会(福岡), 2012.11.2.
伊藤正樹,内海倫也,大野紀和,福田 理:フェニトイン誘発性歯肉増殖症の電子顕微鏡所見―線維芽細胞の形態計測法.第22回日本歯科医学会総会(大阪),2012.11.9.
豊田哲郎,伊藤正樹,内海倫也,片浦貴俊:多剤服用精神疾患患者歯肉の電子顕微鏡的観察.第22回日本歯科医学会総会(大阪),2012.11.9.
加藤彰子,樋口直也,中田和彦,内藤宗孝,河合達志,有地榮一郎,中村 洋,大野紀和:歯内療法領域における術前シミュレーションへの3次元造形模型の可能性.愛知学院大学歯学会第81回学術大会(名古屋), 2012.12.2.
大野紀和,加藤彰子,磯村文質,小間信一,田口祐一,鶴田昌三,内藤宗孝:ミャンマーの歯の化石. 愛知学院大学歯学会第79回学術大会(名古屋),2011.12.4.
戸田喜之:金属歯冠修復物にできる皺襞. 愛知学院大学歯学会第79回学術大会(名古屋),2011.12.4.
Nishikawa T, Naruse K, Kobayashi Y, Mizutani M, Kikuchi T, Soboku K, Tosaki T, Ohno N, Matsubara T, Noguchi T:MECHANISMS OF PERIODONTITIS AGGRAVATION IN DIABETES. 97th American Academy of Periodontology(Miami beach), 2011.11.13.
伊藤正樹,内海倫也,片浦貴俊,福田理:フェニトイン誘発性歯肉増殖症における線維芽細胞数と細胞面積の増加―電子顕微鏡を用いた形態計測―. 第28回日本障害者歯科学会総会および学術大会(福岡),2011.11.6.
松本侑,中野崇,加藤一夫,岡本卓真,大野紀和,福田理:DOWN症児乳歯エナメル質の観察および生化学的分析. 第30回日本小児歯科学会中部地方会記念大会および総会(名古屋),2011.10.23.
西川徹,成瀬桂子,小林泰子,水谷誠,宮島真一,菊池毅,惣卜響子,戸崎貴博,大野紀和, 野口俊英, 松原達昭:糖尿病ラットの歯周病に対するインスリン治療効果の検討. 第26回日本糖尿病合併症学会(大宮),2011.10.15.
岡本樹一郎, 尾澤昌悟,加藤彰子,大野紀和,田中貴信:有髄歯と無髄歯の象牙質の硬さの比較. 日本補綴歯科学会東海支部学術大会(名古屋), 2011.10.1.
Kato A, Kouchi M, Mochimaru M, Ohno N: Geometric morphometric analysis of maxillary central incisor crown form in humans. 15th International Symposium on Dental Morphology (New Castle,UK), 2011.8.26.
Nishikawa T, Naruse K, Kobayashi Y, Miyajima S, Mizutani M, Kikuchi T, Soboku K, Tosaki T, Ohno N, Noguchi T, Matsubara T:Mechanisms of the progress in periodontitis under the diabetic condition. 71st American Diabetes Association(San Diego), 2011.6.26.
西川徹,成瀬桂子,小林泰子,水谷誠,宮島真一,菊池毅,惣卜響子,戸崎貴博,大野紀和,松原達昭,野口俊英:糖尿病における歯周病悪化のメカニズム−ラットにおける検討―. 第78回愛知学院大学歯学会(名古屋),2011.6.5.
Moriguchi K, Takahashi Y, Kawai T, Ohno N:H2O2 production from different type metal plates adherent human polymorphonuclear leukocytes.  International Dental Materials Congress 2011 (Seoul, Korea), 2011.5.29.
西川徹,成瀬桂子,小林泰子,水谷誠,宮島真一,菊池毅,惣卜響子,戸崎貴博,大野紀和,松原達昭,野口俊英:糖尿病ラットにおけるインスリン治療による歯周炎への影響. 第54回春季日本歯周病学会学術大会(福岡),2011.5.27.
松川良平,近藤ゆかり,尾澤昌悟,宮田也寸紘,小島規永,田中貴信,水谷誠,大野紀和:ラット頭蓋骨欠損モデルにおける抜去歯の骨補填材としての効果の検討. 第120回日本補綴歯科学会(広島),2011.5.20.
西川徹,成瀬桂子,小林泰子,水谷誠,宮島真一,菊池毅,惣卜響子,戸崎貴博,秦正樹,大野紀和,野口俊英,松原達昭:糖尿病ラットの歯周病に対するインスリン治療効果の検討. 第54回日本糖尿病学会年次学術集会(札幌),2011.5.19.
盛口敬一, 清水秀夫, 尾上孝利, 前田初彦, 大野紀和:電子顕微鏡観察における酢酸ウラニールの再使用による染色効果. 医学生物学電子顕微鏡技術学会第27回学術講演会および総会(徳島), 2011.5.15.
盛口敬一, 前田初彦, 大野紀和:エネルギーフィルター電子顕微鏡の元素分析におけるMapping とSpecimen Thicknessとの関係. 医学生物学電子顕微鏡技術学会第27回学術講演会および総会(徳島), 2011.5.14.
Kato A, Kouchi M, Mochimaru M, Ohno N: Geometric morphometric analysis of maxillary central incisor crown form. 80th American Association of Physical Anthropologists (Minneapolis, Minnesota), 2011.4.15.
盛口敬一, 福田光男, 吉成伸夫, 前田初彦, 野口俊英, 大野紀和:歯肉増殖症の伸長した上皮突起に関するEF-TEM細胞化学的観察. 第88回日本生理学会大会 第116回日本解剖学会総会・全国学術集会合同大会(横浜), 2011.3.29.
松川良平,近藤ゆかり,尾澤昌悟,宮田也寸紘,小島規永,田中貴信,水谷誠,大野紀和:ラット下顎切歯抜歯窩に骨補填材として用いた粉砕歯の動態. 第10回日本再生医療学会総会(東京), 2011.3.2.
Ohno N: Fossil Tooth of Myanmar. 31st Myanmar Dental Conference and 12th FDI-MDA Joint Educational Meeting (Yangon), 2011.1.26-28.
西川 徹,成瀬桂子,小林泰子,水谷 誠,菊池 毅,惣卜響子,戸崎貴博,大野紀和,野口俊英,松原達昭:糖尿病における歯周病悪化のメカニズム、第25回日本糖尿病合併症学会(大津)、2010.10.23
盛口敬一, 前田初彦, 野口俊英, 大野紀和 : 歯肉増殖症の歯肉線維芽細胞における核の形態. 第52回歯科基礎医学会学術集会ならびに総会(東京), 2010.9.21.
西川 徹,成瀬桂子,小林泰子,水谷 誠,曽我部麻子,宮島真一,菊池 毅,惣卜響子,大野紀和,野口俊英,松原達昭:糖尿病における歯周病悪化のメカニズム ―ラットにおける検討―、第53回秋季日本歯周病学会学術大会(高松)、2010.9.19
西川 徹,曽我部麻子,成瀬桂子,小林泰子,菊池 毅,惣卜響子,水谷 誠,大野紀和,野口俊英,松原達昭:糖尿病における歯周病増悪メカニズム ―ラットにおける検討―、第53回日本糖尿病学会年次学術集会(岡山)、2010.5.27,28
盛口敬一, 福田光男, 前田初彦, 野口俊英, 大野紀和 : エネルギーフィルター電子顕微鏡におけるセリウムとリンの元素分析と試料切片の厚さ. 日本顕微鏡学会第66回学術講演会 (名古屋), 2010.5.24.
盛口敬一, 福田光男, 前田初彦, 野口俊英, 大野紀和 : Alkaline phosphatase (ALPase)活性検出におけるクエン酸鉛とセリウム塩との違い. 医学生物学電子顕微鏡技術学会第26回学術講演会および総会(別府), 2010.5.16.
盛口敬一, 長谷川義明, 樋口直也, 村上幸孝, 吉村文信, 中村 洋, 大野紀和 :Tannerella forsythensisの表層蛋白質に関する免疫EF-TEMによる窒素観察における凍結置換法、化学固定法の比較. 医学生物学電子顕微鏡技術学会第26回学術講演会および総会(別府), 2010.5.15.
盛口敬一,福田光男,前田初彦,野口俊英,大野紀和:歯肉増殖症の伸長した上皮突起細胞のEDS観察. 第115回日本解剖学会総会・全国学術集会(岩手), 2010.3.30.
加藤彰子,河内まき子,持丸正明,大野紀和:幾何学的形態解析による上顎中切歯の歯冠形態.日本解剖学会第115回総会・全国学術集会(盛岡), 2010.3.29
このページのトップへ戻る
シンポジウム

本田雅規:ヒトiPS細胞は歯を形成する細胞に分化できる. 粉体工学会第52回夏期シンポジウム(神戸),2016.8.9.

本田雅規:ヒト歯髄細胞の特性とその細胞治療、そして今後の課題. 第37回日本歯内療法学会学術大会(名古屋),2016.7.24.

本田雅規,鳥海 拓:iPS細胞は,エナメル芽細胞,象牙芽細胞,セメント芽細胞に分化する. 第121回日本解剖学会総会・全国学術集会,2016. 3. 30.
本田雅規:ラット脊髄圧挫損傷モデルへの歯髄細胞移植の有用性の検討. 第60回日本口腔外科学会総会・学術大会(名古屋),2015.10.16
本田雅規,鳥海 拓,岡 篤志,篠田雅路,岩田幸一,磯川桂太郎:下歯槽神経切除モデルにおける細胞移植の効果. 第57回歯科基礎医学会学術大会.(新潟),2015.9.11
Masaki Honda, Taku Toriumi: Tooth-tissue engineering - current status and future directions. 4th Tripartite Conference on Tooth and Bone Deveropment & Regeneration, (千葉), 2015.6.13.
このページのトップへ戻る
講演会発表

本田雅規 : 歯髄細胞を用いた再生医療の現状と今後の展望.一般社団法人岐阜市歯科医師会学術講演会(岐阜),2016.10.6.

本田雅規 : ヒトiPS細胞は歯を形成する細胞に分化できる.2016年度粉体工学会 第52回夏期シンポジウム(神戸),2016.8.9.

本田雅規 : 歯科における再生医療の今とこれから−細胞資源としての歯髄細胞−.恵那デンタルセミナー学術講演会(恵那),2015.12.19.
本田雅規 : 歯科の再生医療の現状,歯髄の細胞を用いた新しい治療法の開発.安城市歯科医師会 平成27年度学術講演会(安城),2015.11.21.
本田雅規 : 歯科再生医療の現状と展望.京橋歯科医師会 歯髄細胞バンク研修会(東京),2015.11.14.
本田雅規 : 歯科でできる再生医療の現状と今後の展望.第9回JARD合同定例会・特別講演会(名古屋),2015.10.25.
本田雅規 : 歯の再生研究のこれまでと今後について.名古屋大学医学部歯科口腔外科 平成27年度秋季同門会総会(名古屋),2015.9.27
加藤彰子, Alexander Ziegler (2015) 非侵襲的方法による歯の内部構造の把握と教育への応用.第57回歯科基礎医学会学術大会サテライトシンポジウム10 SS10「歯の形態とその変異を考察する」(新潟),2015.9.11
本田雅規 : 歯科における再生医療の現状と今後の展望.名古屋市学校歯科医会 平成27年度総会・研修会(名古屋),2015.8.6
本田雅規 : 口腔組織の幹細胞を用いた再生医療. 名古屋第二赤十字病院 第17回歯科病診連携合同カンファレンス(名古屋),2015.7.30.
本田雅規 : 歯の再生研究の現状と今後の展望.平成27年度口腔病理同門会(名古屋),2015.7.18.
本田雅規 : 再生医療の細胞源としての歯髄細胞 歯科理工学懇話会 (名古屋), 2015.5.14.
加藤彰子 : 歯の構造の神秘−ミクロからマクロまで−. 愛知学院大学歯学会 三重県地方学術講演(四日市), 2013.4.21
水谷 誠:歯科と筋肉の深い関係. 愛知学院大学歯学会 愛知県地方学術講演会(豊橋), 2011.3.13.
Kato A: Enamel thickness in 4 species of juvenile macaques (M. fuscata, M. fascicularis, M. arctoides, M. mulatta). HEB 1421 3rd annual Dental research symposium at Harvard University (Cambridge, Massachusetts) 2011.11.30.
Kato A: The use of CT technology for Dental education and Research. Seminar of national Industrial X-ray CT imaging and technical application (Shanghai), 2010.7.1
愛知学院大学 歯学部〒464-8650 名古屋市千種区楠元町1-100TEL 052-751-2561(代)

Copyright(C)2011 School of Dentistry,Aichi Gakuin University All Rights Reserved
個人情報保護方針