口腔解剖学講座 【楠元4階】
教育/担当科目
関連リンク
 
 
教育
 「歯の構造」歯科医学を習得するために必要な口腔諸器官の肉眼的形態と構造について理解し、また主として歯の形態の特徴について歯種、顎差、左右差の鑑別ができ、さらに顎口腔の機能を合わせて理解することです。
「細胞の構造と機能」生体の構造を明らかにする解剖学は全ての歯科医学領域の基礎です。特に顕微解剖(組織学)は、病理組織検査・細胞診、組織培養、バイオテクノロジー関係の領域においては重要な知識となっています。からだの仕組みの基本構造を理解するばかりでなく、口腔諸器官の微細構造について、歯および歯周組織を主体としたその働きや関連のある疾患について臨床的にも習得します。なお、関連する組織発生、器官発生についても理解することを目的とします。
担当科目
2年春学期: 「歯の構造」 講義
「歯の構造」 実習
「細胞の構造と機能」 講義
2年秋学期: 「細胞の構造と機能」 実習
6年秋学期: 「頭頸部の基本構造」
愛知学院大学 歯学部〒464-8650 名古屋市千種区楠元町1-100TEL 052-751-2561(代)

Copyright(C)2011 School of Dentistry,Aichi Gakuin University All Rights Reserved
個人情報保護方針