高齢者歯科学講座 【末盛4階】
教育/担当科目
 
 
 
教育

 講義は、新カリ1年の春学期には「歯科補綴学総論」があり、主に歯科補綴学の総論的な部分を教育している。新カリ2年の秋学期には「全部欠損補綴」があり、全部床義歯の診療と技工について教育している。5年の春学期には旧カリ「インプラント学」と「高齢者の歯科治療」を担当している。
 模型実習は、新カリ3年の春学期に「全部欠損補綴実習」がある。この実習では、まず咬合床を製作し、作製した咬合床でマネキンによる垂直的顎間関係の記録とゴシックアーチ描記による水平的顎間関係の記録を行うことが特徴である。シミュレーション実習ではあるが歯科の特質的領域の咬合採得を体験することができる。これにより、新カリ2年生の秋学期に講義で学んだことが再確認できる有意義な実習といえる。その後、人工歯の排列、重合、削合、研磨の全ての行程を経て全部床義歯を完成させる。学生からは達成感のある実習と評価されている。 
 臨床実習は、臨床実習Tと臨床実習Uで旧カリになる。5年春学期から始まる臨床実習Tでは、講義のうち、診療部分に重点を置いた個人トレーの製作やゴシックアーチトレーサーの設置など、旧カリの模型実習で行っていない項目について実習する。また、5年生のインプラント実習では、骨模型を使用した埋入実習および上部構造の製作を行っている。
 臨床実習Uは、5年生の秋学期から始まる患者の診療を行う実習である。しかし、近年、大学病院を訪れる患者は様々な面で難症例が多く、医員の診療においてもトラブルが後を絶たない。そのため、事前に、紹介患者として家族、知り合い等の中に協力して頂ける人の調査をしている。紹介患者で多いのは学生の祖父や祖母で無歯者も多い。結果として、補綴科臨床実習では無歯顎者を対象とした全部床義歯補綴診療も多く、ほぼ全ての症例においてゴシックアーチ描記法を用いた咬合採得を行っている。講義、実習で重要性を強調した部分であり、卒後臨床で操作が可能なように教育している。

03-1 03-2
03-3 03-4
愛知学院大学 歯学部〒464-8650 名古屋市千種区楠元町1-100TEL 052-751-2561(代)

Copyright(C)2011 School of Dentistry,Aichi Gakuin University All Rights Reserved
個人情報保護方針