歯科放射線学講座 【末盛北館6F】
研究
 
 
研究
 当講座の主たる研究内容を以下に記す

@ 顎顔面領域疾患のCT診断
A 口腔癌の放射線治療および画像診断
B 顎関節症・咀嚼筋の画像診断
C 超音波診断法の応用
D インプラント診療における画像診断
E デジタルX線撮影における画像の評価
F MR検査法の応用
G 顎変形症の画像診断
H 各種歯科用X線機材の性能評価
2-01 2-02
2-03
2-04 2-05
このページのトップへ
研究実績 平成25年(2013年)
【著書】
1. 有地榮一郎 (分担): 科学的根拠に基づく口腔癌診療ガイドライン 2013年版.金原出版 (東京), 2013.
2. 小林馨, 有地榮一郎 (分担): 口内法X線画像の正常解剖 第4章 X線撮影法と画像検査 歯科放射線学 第5版.医歯薬出版(東京), p114-120, 2013.
3. 岡野友宏, 小林馨, 有地榮一郎(分担): 診断入門 第5章 画像診断 歯科放射線学 第5版. 医歯薬出版(東京), p209-220, 2013.
4. 有地榮一郎, 有地淑子(分担): 顎骨とその周囲の炎症 第5章 画像診断 歯科放射線学 第5版 医歯薬出版(東京), p243-252, 2013.>
5. 有地榮一郎、小林馨、古跡孝和 (分担): 顎骨の嚢胞・腫瘍 第5章 画像診断 歯科放射線学 第5版. 医歯薬出版(東京), p253-287, 2013.
6. 勝又明敏, 有地榮一郎 (分担): 歯と顎骨の外傷 第5章 画像診断 歯科放射線学 第5版. 医歯薬出版(東京), p365-369, 2013.
7. 内藤宗孝, 代居敬 (分担): 歯科インプラントの検査 第5章 画像診断 歯科放射線学 第5版.医歯薬出版(東京), p387-394, 2013.
このページのトップへ
【総説・論文】
1. Naitoh M, Saburi K, Gotoh K, Kurita K, Ariji E: Metal artifacts from posterior mandibular implants as seen in CBCT. Implant Dentistry, 22: 151-154, 2013.
2. Naitoh M, Nakata K, Gotoh K, Kubota Y, Morita M, Ariji E.: Imaging display of cone-beam computed tomography using a medical imaging display system. Aichi-Gakuin Dent Sci,26: 7-12, 2013.
3. Izumi M, Kise Y, Murata K, Murata A, Nakayama M, Ariji Y, Naitoh M, Ariji E: Multiple calcifications within the parotid gland of patients with Sjögren's syndrome. Oral Sci Int, 10(1): 28-32, 2013.
4.

Ariji Y, Ariji E: Role of magnetic resonance imaging in diagnosis of bisphosphonate-related osteonecrosis of the jaw. Oral Radiol, 29(2): 111-120, 2013

5. Hiraiwa Y, Ariji Y, Kise Y, Sakuma S, Kurita K, Ariji E: Efficacy of massage treatment technique in masseter muscle hardness: Robotic experimental approach. Cranio, 31(4): 1-9, 2013.
6.

Miyake T, Izumi M, Naitoh M, Kondo S, Kise Y, Nakayama M, Ariji Y, Ariji E: Depiction of the parotid duct on axial CT images. Oral Radiol, 29: 19〜26, 2013.

7.

Ariji Y, Gotoh A, Hiraiwa Y, Kise Y, Nakayama M, Nishiyama W, Sakuma S, Kurita K, Ariji E: Sonographic elastography for evalution of masseter muscle hardness. Oral Radiol, 29(1): 64-69, 2013.

8. Gotoh A, Ariji Y, Hasegawa T, Nakayama M, Kise Y, Matsuoka M, Katsumata A, Kurita K, Ariji E: Sonographic elastography for assessing changes in masseter muscle elasticity after low-level static contraction. Oral Radiol, 29(2): 140-145, 2013.
9. Ariji Y, Nakayama M, Taguchi A, Gotoh A, Kise Y, Katsumata A, Kurita K, Ariji E: Intramuscular changes of soft and hard areas after low-level static contraction of the masseter muscle and the correlations with muscle hardness and increase in water content: evaluations with sonographic elastography and magnetic resonance imaging. Oral Surg, Oral Med,Oral Pathol Oral Radiol, 116(3) : 354-361, 2013.
10.
10. 稲本京子,佐久間重光,森田一三,有地淑子,服部豪之,安藤清文,樋口直也,中田和彦,中村洋: 近赤外線分光法を用いた命令嚥下時の大脳皮質における脳血流動態の測定. 愛院大歯誌, 51(3): 319-327,2013.
11. 佐久間重光,竹中誠,有地淑子,菱川敏光,稲本京子,森田一三,丹羽雅子,名和弘幸,伊藤裕: 近赤外線分光法を用いた2Hz EVAシート反復噛みしめ時における前頭前野血流動態の測定. 愛知大歯誌, 51(1): 39-44,2013.
12. 佐久間重光,服部豪之,安藤清文,森田一三,有地淑子,稲本京子,中田和彦,中西康裕,小島弘充,伊藤裕: 頭部の20度前方傾斜が多チャンネルNIRS測定におよぼす影響. 愛院大歯誌, 51(2): 101-106,2013.
13. 服部雄紀,栗田賢一,湯浅秀道,福田幸太,小木信美,泉雅浩: 顎関節痛と開口障害を併発する変形性顎関節症に対する消炎鎮痛剤投与下での開口訓練の効果. 愛院大歯誌,51(2): 135-141,2013.
14. 吉田和史,内藤宗孝,泉雅浩,有地榮一郎: パノラマ画像における副オトガイ孔の観察: 擬似パノラマ画像を用いた乾燥下顎骨の検討. 日口腔インプラント誌,26(3): 418-424,2013.
15. 中山美和,内藤宗孝,勝又明敏,有地淑子,木瀬祥貴,有地榮一郎: トモシンセシス機能を有するパノラマX線装置を用いて撮影した唾石症のX線所見. 歯科放射線,53(4): 32-33,2013.
このページのトップへ
【その他】
1. 内藤宗孝,有地榮一郎: 歯科用コーンビームCTによる歯科インプラント唇側骨の評価. 歯界展望特別号 お口の健康全身元気 −各世代の最新歯科医療−, 278,2013.

【特別講演】
1. 有地淑子: 頭頸部筋肉の超音波診断: Dopplerおよびelastographyを用いた定量診断. 日本歯科放射線学会教育研修会「第20回実技研修会・超音波診断法」(仙台),2013. 11. 17.

【シンポジウム】
1.

Zhang BX,Lin AL,Izumi M,Abboud HE,Abboud-Werner S,Yeh CK: Alterations in Salivary Gland Secretion and Morphology in diabetic Mice. UT Health Science Center 31st Annual Dental Science Symposium (Texas,USA),2013. 4. 10.

2. 泉雅浩: 口腔乾燥症(ドライマウス)に対する放射線学的アプローチ. 第58回日本口腔外科学会総会・学術大会(福岡市), 2013. 10. 11-13.
このページのトップへ
愛知学院大学 歯学部〒464-8650 名古屋市千種区楠元町1-100TEL 052-751-2561(代)

Copyright(C)2011 School of Dentistry,Aichi Gakuin University All Rights Reserved
個人情報保護方針