歯科矯正学講座 【末盛7階】
概要/診療
 
 
概要
 歯科矯正学とは、
@ 歯・歯周組織・顎骨およびこれらを含む顎・顔面複合体の成長発育の研究
A これら諸構造の不調和や顎骨・歯列の異常を改善することによって、顎口腔系の機能を回復するとともに顔貌の改善をはかる
B さらに、形態・機能両面における異常の予防
などを目的とする歯科の一分科である。
 歯ならびが悪いことによって口もとの美しさを損なうばかりでなく、生理的、さらには心理的にも悪影響を及ぼす可能性があります。
 愛知学院大学歯学部附属病院矯正歯科(名古屋市千種区)では、歯科矯正用アンカースクリューを用いた治療や、歯の裏側(舌側)に装置を装着するリンガルブラケット矯正法などの最先端の治療と、総合歯科病院ならではの長年の治療実績に基づく臨床経験と専門知識を有しています。また、複数の医員による診断セミナー(診断・治療方針の立案)を行う治療体系など、安心・安全な治療を第一として、さまざまな不正咬合の治療を行っています。
このページのトップへ
診療内容
当科の特色
このページのトップへ
治療費の流れ1〜4
このページのトップへ
治療の流れ5-1
このページのトップへ
治療の流れ5-2
このページのトップへ
治療の流れ6
このページのトップへ
不正咬合の種類と矯正治療後
このページのトップへ
愛知学院大学 歯学部〒464-8650 名古屋市千種区楠元町1-100TEL 052-751-2561(代)

Copyright(C)2011 School of Dentistry,Aichi Gakuin University All Rights Reserved
個人情報保護方針