歯内治療学講座 【末盛6階】
概要/診療
 
 
概要
 歯内治療学講座は、臨床歯科医学の基礎をなす歯科保存学の一分野である歯内治療学(開講学科名:歯髄組織の常態と疾患)の教育、研究、臨床を担当しています。歯内治療学とは、歯の硬組織、歯髄および根尖歯周組織に対する疾病の予防および治療を考究する学問です。
 当講座の基本理念は、「研究に立脚した臨床」です。私たちは、歯内治療学の教育を通じて、地域社会で信頼される歯科医師を養成するとともに、歯内治療の質を高めるための基礎的、臨床的研究に取り組み、そして安心・安全で最適な歯内治療を提供することを常に心がけています。
1-01
診療内容
総合初診科(保存系)(附属病院 南館3階 総合初診室)
 齲蝕の治療、歯痛などを訴えて来院した患者を初診担当者が診査、診断して治療方針を決定します。
臨床実習生(5、6年生)は当番制で初診患者の見学、診査を行います。

歯内治療科(附属病院 南館5階 歯内治療科診療室)
 初診室で決定された治療方針に従って部長(教授)以下、医局員が治療を行っています。臨床実習生(5、6年生)は医局員の治療の見学、介補を行うと共に、実際に患者の治療(自験)も行います。

嘔吐反射外来(附属病院 南館5階 歯内治療科診療室)
 歯科医師の指や治療用の器具が口に入ると、あるいは入りそうになるだけで、嘔吐様の反射(吐き気、絞扼反射)が生じる患者の齲蝕治療を行います。
1-02
愛知学院大学 歯学部〒464-8650 名古屋市千種区楠元町1-100TEL 052-751-2561(代)

Copyright(C)2011 School of Dentistry,Aichi Gakuin University All Rights Reserved
個人情報保護方針