歯内治療学講座 【末盛6階】
研究
 
 
研究
1. 基礎的研究
根尖病変の成立機序に関する分子生物学的研究、生化学的研究、病理組織学的研究
歯髄炎と根尖性歯周炎におけるサイト力イン、マトリックスプロテアーゼの役割に関する研究
根尖性歯周炎発症に関連する細菌のLPS酵素活性およびバイオフィルムに関する研究
根尖性歯周炎発症関連細菌の遺伝子解析
fNIRSを用いた口腔領域の痛みの可視化・定量化に関する研究
2. 臨床的研究
根管洗浄剤、根管消毒薬、根管充填材(剤) に関する研究
歯科用実体顕微鏡(マイクロスコープ)と歯科用コーンビームCTの歯内療法領域応用に関する研究
歯科用レーザーの根管治療への応用に関する研究
MTA(Mineral Trioxide Aggregate)の歯内治療への応用に関する研究
愛知学院大学歯学部歯内治療科の初診紹介患者の実態に関する調査研究
愛知学院大学歯学部歯内治療科における歯科用コーンビームCT検査の実態に関する調査研究
新規な歯内治療用材料の開発に関する研究
食品添加物を応用した医療薬開発に関する研究
チタン・タンタル合金製ファイルの開発に関する研究
バイオセラミックス系材料の歯内療法への応用と治癒メカニズムの解明に関する研究
3. 歯髄再生に関する研究
生体高分子ポリリン酸を用いた象牙質・歯髄複合体の再生に関する研究
4. 教育に関する研究
医療コミュ二ケーション教育に関する研究
患者の感情面への対応に関わる医療コミュニケーション教育プログラムの開発
2-04
研究業績
平成29年(2017年)
【著書】
1. 尾関伸明,中田和彦(分担):言語聴覚士のための基礎知識 臨床歯科医学・口腔外科学.第2版.医学書院(東京),2017.
【総説・論文】
1. Inamoto K, Murray GM, Whittle T: Effect of a brief episode of experimental muscle pain on jaw movement and jaw-muscle activity during chewing. Eur J Oral Sci, 125: 34-43, 2017.
2. Moriguchi K, Hasegawa Y, Higuchi N, Murakami Y, Yoshimura F, Nakata K, Honda M: Energy dispersive spectroscopy-scanning transmission electron microscope observations of free radical production in human polymorphonuclear leukocytes phagocytosing non-opsonized Tannerella forsythia. Microsc Res Tech, 80(6): 555-562, 2017.
3.

有地淑子,木瀬祥貴,鈴木一吉,友田篤臣,千田 彰,中田和彦,有地榮一郎:倫理的事例を用いた歯科医療倫理教育におけるアンケート調査.日歯教誌,33(2):24-30,2017.

4. 中田和彦:歯と全身の健康維持の架け橋 –歯の健康を保持するための歯内治療-.日本アンチエイジング歯科学会誌,10:157-161,2017.
【その他】
1. 尾関伸明,中田和彦(翻訳):根尖未完成歯におけるMTAアペキシフィケーションの治療成績. クインテッセンス, 36(11): 161-170, 2017.
2. 今泉一郎、中田和彦:歯内歯 −複雑な根管形態の診断とアプローチ−.日本歯科評論, No.893 Vol.77(3)16-19, 2017.
3. 鈴木一吉:医学教育開発研究センター 2016年度 年報 特別協力研究員-MEDC国内留学報告-.医学教育共同利用拠点 岐阜大学 医学教育開発研究センター(岐阜),78-79,2017.
4. 鈴木一吉:愛知学院大学歯学部同窓会誌第62号 医学教育開発研究センター(MEDC)国内留学報告.愛知学院大学歯学部同窓会(名古屋),25-28,2017.
5. 伊藤孝訓,足達淑子,木尾哲朗,鈴木一吉,吉田登志子,藤崎和彦:ワークショップ5 患者をその気にさせる「動機づけ面接」って何?.新しい医学教育の流れ 17(2),137-140,2017.
【シンポジウム】
1. 柴田直樹:CBCTの有効性に基づく症例選択.第38回日本歯内療法学会学術大会・総会(東京),2017.7.23.
このページのトップへ
【学会発表】
1.

Inamoto K, Sakuma S, Higuchi N, Nakata K: Brain measures of experimental periodontal pain using near-infrared spectroscopy. 95th General Session & Exhibition of the IADR (San Francisco), 2017. 3.24

2. Sakuma S, Inamoto K, Ariji Y, Higuchi N: Activity status in prefrontal cortex with various oral functional movements. 95th General Session & Exhibition of the IADR (San Francisco), 2017. 3.24
3. 鈴木一吉,堀場直樹,川合里絵,江幡香里,柴田直樹,中田和彦:歯科の医療コミュニケーションにおける指導場面の動画教材作成.愛知学院大学歯学会学術大会(第90回)(名古屋),2017.6.4.
4. 友田篤臣,鈴木一吉,杉本太蔵,渡邉法男,恒川由巳,中田和彦,千田   彰,河村好章,井上 誠:歯学部・薬学部5年生対象合同IPE実施報告.愛知学院大学歯学会学術大会(第90回)(名古屋),2017.6.4.
5. 今泉一郎, 江幡香里, 白川 肇, 中田和彦:レッジおよび穿孔を伴った上顎第一大臼歯の歯内治療:症例報告. 日本歯科保存学会2017年春季学術大会(青森), 2017.6.9

6.

 

稲本京子,三輪祐子,江幡香里,江場久哲,柴田直樹,中田和彦:愛知学院大学歯学部附属病院歯内治療科の初診紹介患者における実態調査 −2014年度と2015年度の比較−.日本歯科保存学会2017年度春季学術大会(第146回)(青森),2017.6.9.
7. 今泉一郎, 江幡香里, 白川 肇, 中田和彦:穿孔を伴った内部吸収歯の歯内治療:症例報告. 第17会日本外傷歯学会総会・学術大会(名古屋), 2017.7.8
8. 樋口直也,中田和彦:高齢者の歯内治療〜歯髄腔狭窄の症例報告〜,日本歯内療法学会(東京),2017.7.22.
9. 友田篤臣,鈴木一吉,杉本太造,中田和彦,千田 彰:愛知学院大学における歯学部・薬学部5年生対象合同IPE実施報告.日本歯科医学教育学会(第36回)(松本),2017.7.28.

10.

 

鈴木一吉,今福輪太郎,早川佳穂,恒川幸司,中田和彦:ブラッシング指導の動画教材の開発とその有用性の検討.日本歯科医学教育学会(第36回)(松本),2017.7.29.
11. 早川佳穂,川上ちひろ,今福輪太郎,恒川幸司,鈴木一吉,藤崎和彦:新人模擬患者の熟達化を探る〜多様な成長過程と活動への思い〜.日本医学教育学会(第49回)(札幌),2017.8.18.
12. 恒川由已,渡邊法男,友田篤臣,鈴木一吉,杉本太造,河村好章,井上 誠:愛知学院大学薬学部・歯学部5年生合同による多職種連携教育(IPE)の実施.日本薬学教育学会(第2回)(名古屋),2017.9.2.
13. 堀場直樹,藤田将典,松本 享,中田和彦:食品添加物の根管消毒剤としての可能性を探る -主としてEscherichia coli に対する抗菌効果の検討- .中部歯内療法学会第13回学術大会(名古屋),2017.9.24.
14. 鈴木一吉,堀場直樹,川合里絵,江幡香里,柴田直樹,中田和彦:医療コミュニケーション教育のための動画教材の開発とその有用性の検討-歯の保存を希望する患者への説明-.日本歯科保存学会2017年度秋期学術大会(第147回)(盛岡),2017.10.26.
15. 北村成孝,今泉一郎、中田和彦:根尖孔外に突出した破折器具の除去を試みた症例,日本歯科保存学会2017年度秋期学術大会(第147回)(盛岡),2017. 10.27.
16. 鈴木一吉,前多雅仁,新井勝貴,飯島由羅,金山依未,早川依里,牧 成美,三谷章雄,本田雅規,有地榮一郎,栗田賢一,中田和彦:多職種連携教育ワークショップに参加した歯学部5年生へのインタビュー.愛知学院大学歯学会学術大会(第91回)(名古屋),2017.12.3.
このページのトップへ
【講演会発表】
1. 樋口直也:知っておこう!ファイバーポストの基礎知識〜歯根破折をさせないために〜.新城歯科医師会 講演会(新城),2017.1.27.
2. 松本 享:歯科開業医のための歯内治療講座〜歯内治療を成功に導くポイントとは〜.愛知県保険医協会 歯科学術研究会(名古屋),2017.4.23.
3. 中田和彦:社会から求められる歯内治療の医療水準.日本アンチエイジング歯科学会 教育講演(名古屋),2017.5.28.
4. 柴田直樹:歯内療法における画像診断のポイント –歯科用コーンビームCT(CBCT)の有効性と症例選択−.大阪府歯科医師会 講演会(大阪),2017.6.10.
5. 中田和彦:歯内治療の難治症例,その原因と対策 -歯髄保存の重要性と歯髄再生治療法の現状-.ササキ 学術講演会(四日市市文化会館),2017.7.13.
6. 鈴木一吉:ファシリテータ養成セミナーについて.日本歯科医学教育学会教育能力開発委員会 第11回 医療コミュニケーション・ファシリテータ養成セミナー(行動変容編)(名古屋),2017.8.5.
7. 中田和彦:歯内療法におけるCTの活用 —歯科用コーンビームCT(CBCT)のポイント—.JEA認定臨床研修会 認定カリキュラムY(東京),2017.10.8.
8. 北村成孝:歯内治療の実状と限界.愛知学院大学歯学会広島県地方学術講演会(広島),2017.10.21.
9. 中田和彦:歯と口腔の健康は長生きのもと 歯髄(しずい:歯の神経)は歯の長持ちのもと.保存学会 市民公開フォーラム(名古屋),2017.11.11.
このページのトップへ
平成28年(2016年)
【著書】
1. 柴田直樹,中田和彦(分担):デンタルダイヤモンド  歯内療法の「三種の神器」−更なる治療精度を求めて−.デンタルダイヤモンド社(東京), 2016.
【総説・論文】
1.

Ozeki N, Mogi M, Hase N, Hiyama T, Yamaguchi H, Kawai R, Nakata K:Polyphosphate-induced matrix metalloproteinase-13 is required for osteoblast-like cell differentiation in human adipose tissue derived mesenchymal stemcells. BioScience Trends 10(5): 365-371,  2016.

2. Ozeki N, Hase N, Mogi M, Nakata K: New Findings for Dentin Sialophosphoprotein Studies: Applications of Purified Odontoblast-like Cells Derived from Stem Cells. Journal of Oral Biosciences 58: 128-133, 2016.
3. Ozeki N, Mogi M, Hase N, Hiyama T, Yamaguchi H, Kawai R, Kondo A, Nakata K: Bone morphogenetic protein-induced cell differentiation involves Atg7 and Wnt16 sequentially in human stem cell-derived osteoblastic cells. Experimental Cell Research 347: 24-41, 2016.
4. Ozeki N, Mogi M, Hase N, Hiyama T, Yamaguchi H, Kawai R, Kondo A, Nakata K: Wnt16 signaling is required for IL-1b-induced matrix metalloproteinase-13-regulated proliferation of human stem cell-derived osteoblastic cells. International Journal of Molecular Sciences  221; 17(2), doi:10.3390/ijms17020221, 2016.
5. Ozeki N, Mogi M, Hase N, Hiyama T, Yamaguchi H, Kawai R, Kondo A, Matsumoto T, Nakata K: Autophagy-related gene 5 and Wnt5 signaling pathway requires differentiation of embryonic stem into odontoblast-like cells. Experimental Cell Research 341: 92-104, 2016.

6.

 

柴田直樹,中田和彦: 歯科用コーンビームCT. 日歯内療誌 37(2) : 75-89, 2016.
【その他】
1. 鈴木一吉:新しい医学教育の流れ 第16巻1号(平成28年)歯科医学教育におけるFDの紹介.岐阜大学医学教育開発研究センター(岐阜),4-7,2016.

2. 樋口直也,稲本京子,中田和彦(翻訳):根管処置済歯の修復:基準と術式で考慮すべきこと. クインテッセンス, 35(8): 191-202, 2016.
【シンポジウム】
1. 鈴木一吉:「教えて!健康寿命〜元気に老いるために」.CBC・名古屋大学医学部 連携シンポジウム 2016(名古屋).2016.3.26.
2.

鈴木一吉:医療コミュニケーション・ファシリテータ養成セミナー10周年記念シンポジウム「歯学教育におけるファシリテーションを考える」1.ファシリテータ養成セミナーを振り返る.第35回日本歯科医学教育学会学術大会および総会(大阪),2016.7.1.

このページのトップへ
【学会発表】
1.Ozeki N, Hase N, Kawai R, Yamaguchi H, Hiyama T, Mogi M, Nakata K: Wnt16signaling is required for IL-1β-induced MMP-13-regulated proliferation of human osteoblast. 第15回日本再生医療学会総会 (大阪), 2016.3.17.
2.Mogi M, Yamaguchi H, Ozeki N, Hase N, Hiyama T, Kawai R, Kondo A, Nakata K:Integrin in stem cell determine the differentiation of osteogenic cell by recognized the ECM profile. 第15回日本再生医療学会総会 (大阪), 2016.3.18.
3.山口秀幸,尾関伸明, 長谷奈央子, 檜山太希, 川合里絵, 茂木眞希雄, 中田和彦: オートファジー関連遺伝子Atg5とWnt5シグナルはマウスES細胞の象牙芽細胞分化を制御する. 日本歯科保存学会2016年度春季学術大会(第144回)(栃木),2016.6.10.
4.尾関伸明, 檜山太希, 長谷奈央子, 山口秀幸, 川合里絵, 茂木眞希雄, 中田和彦: Wnt16シグナルはヒト幹細胞由来骨芽細胞IL-1β誘導MMP-13による細胞増殖に必須である. 第37回日本炎症・再生医学会(京都), 2016.6.17.
5.Hiyama T, Ozeki N, Hase N, Yamaguchi H, Kawai R, Mogi M, Nakata K: Human skeletal muscle-derived stem cells use specific integrin to program cell differentiation on microenvironment via extracellular matrix autocrine secretion of growth factors. International Society for Stem Cell Research 2016 Annual Meeting(San Francisco), 2016.6.27.
6.Ozeki N, Hase N, Yamaguchi H, Hiyama T, Kawai R, Makio M, Nakata K: Integrins in human stem cells determine odontoblast cell differentiation by recognizing extracellular matrix profiles, leading to autocrine secretion of growth factors. International Association for Dental Research (IADR), Pulp Biology Regeneration Group (PBRG) Symposium 2016(Nagoya), 2016.6.27.
7.Fujita M, Iohara K, Horiba N, Nakata K, Nakashima M : Pulp regeneration after complete disinfection of root canal system by enhanced delivery of medicaments nanobubbles in a canine periapical disease model. Association for Dental Research (IADR), Pulp Biology Regeneration Group (PBRG) Symposium 2016(Nagoya), 2016.6.28.
8.鈴木一吉,吉田登志子,長谷川篤司,木尾哲朗,早川佳穂,小川哲次,伊藤孝訓:歯科医療面接のキャップストーン,マイルストーンの作成.第35回日本歯科医学教育学会学術大会および総会(大阪),2016.7.2.
9.鬼塚千絵,永松 浩,杉本明子,鈴木一吉,板家 朗,木尾哲朗:急性智歯周囲炎と判断する言語情報についての検討―初心者と熟達者の差異―.第35回日本歯科医学教育学会学術大会および総会(大阪),2016.7.2.
10.鈴木一吉,吉田和加,久保勝俊,杉田好彦,加藤世太,前田初彦:愛知学院大学歯学部 歯科医学教育者のためのセミナーとワークショップ開催報告,第35回日本歯科医学教育学会学術大会および総会(大阪),2016.7.2.
11.久保勝俊,横田たつ子,鈴木一吉,前田初彦:愛知学院大学歯学部 新カリ2015における初年次教育プログラムの導入-歯学入門セミナーTの紹介-,第35回日本歯科医学教育学会学術大会および総会(大阪),2016.7.2.
12.有地淑子,友田篤臣,鈴木一吉,千田 彰,有地榮一郎:愛知学院大学歯学部 新カリ2015における初年次教育プログラムの導入-歯学入門セミナーWの紹介-,第35回日本歯科医学教育学会学術大会および総会(大阪),2016.7.2.
13.竹内一夫,鈴木一吉:愛知学院大学歯学部 新カリ2015における初年次教育プログラムの導入- 歯学入門セミナーXの紹介 -,第35回日本歯科医学教育学会学術大会および総会(大阪),2016.7.2.
14.茂木眞希雄, 尾関伸明, 中田和彦: ES細胞からの象牙芽細胞分化はオートファジー関連遺伝子Atg5を含むシグナルを必須とする. 第34回日本骨代謝学会学術集会(大阪), 2016.7.23.
15.白川 肇,西谷佳浩,稲本京子,中田和彦:硬組織誘導能・象牙質封鎖性を有するセメントの開発 −硬組織誘導能について−. 第37回日本歯内療法学会(名古屋),2016.7.24.
16.今泉一郎, 稲本京子, 尾関伸明, 樋口直也, 北村成孝, 柴田直樹, 中田和彦: 歯内歯に対して歯科用コーンビームCTとマイクロスコープを用いた診断と治療法. 中部歯内療法学会第12回学術大会(名古屋), 2016.9.25.
17.尾関伸明, 檜山太希, 長谷奈央子, 山口秀幸, 川合里絵, 中田和彦: ヒト骨格筋幹細胞を用いた象牙芽細胞分化における象牙芽細胞擬態マトリックスの役割. 第23回日本歯科医学会総会(福岡), 2016.10.22.
18.稲本京子,樋口直也,佐久間重光,中田和彦:近赤外分光法を用いた痛み刺激時の前頭前野血流動態の測定. 第23回日本歯科医学会総会(福岡),2016.10.22.
19.佐久間重光,有地淑子,稲本京子,竹中 誠,渡邉正臣,伊藤 裕,服部正巳:口腔機能運動は前頭前野をどのように活性化するか? 第23回日本歯科医学会総会(福岡),2016.10.22.
20.後藤久嗣, 石原裕一, 菊池毅, 伊澤有郎, 尾関伸明, 神谷洋介, 中田和彦, 前田初彦, 野口俊英, 三谷章雄:インターロイキン1レセプターアンタゴニストのコラゲナーゼ3(MMP-13)発現抑制について. 第23回日本歯科医学会総会(福岡), 2016.10.22.
21.柴田直樹,長谷奈央子,稲本京子,尾関伸明,樋口直也,北村成孝,今泉一郎,中田和彦:現代の歯内療法における画像診断のポイント −コーンビームCTとデンタルエックス線撮影の比較−. 第23回日本歯科医学会総会(福岡),2016.10.23.
22.山口秀幸, 檜山太希, 長谷奈央子, 川合里絵, 尾関伸明, 中田和彦: ラット歯髄由来線維芽細胞におけるWnt5シグナルを介した炎症性サイトカイン誘導Stromelysin-1の細胞増殖機構. 第23回日本歯科医学会総会(福岡), 2016.10.23.
23.長谷奈央子, 川合里絵, 山口秀幸, 檜山太希, 尾関伸明, 中田和彦: マウス高純度象牙芽細胞を用いた新規MMP-3分解基質の細胞増殖メカニズムの検討. 第23回日本歯科医学会総会(福岡), 2016.10.23.
24.樋口直也, 尾関伸明, 長谷奈央子, 檜山太希, 山口秀幸, 川合里絵, 松本 享, 茂木眞希雄, 中田和彦: ヒトiPS細胞の象牙芽細胞への分化誘導におけるオートファジー関連遺伝子Atg10とWnt5シグナルの関与. 日本歯科保存学会2016年度秋季学術大会(第145回)(松本),2016.10.27.
25.長谷奈央子, 尾関伸明, 山口秀幸,檜山太希, 川合里絵, 茂木眞希雄, 中田和彦: ポリリン酸誘導マトリックスメタロプロテアーゼ-13はヒト骨髄由来間葉系幹細胞の骨芽細胞分化を制御する. 日本歯科保存学会2016年度秋季学術大会(第145回)(松本),2016.10.28.
26.檜山太希, 尾関伸明, 山口秀幸,長谷奈央子, 川合里絵, 茂木眞希雄, 中田和彦: オートファジー関連遺伝子Atg7とWnt16シグナルはヒト骨格筋幹細胞の骨芽細胞分化を制御する. 日本歯科保存学会2016年度秋季学術大会(第145回)(松本),2016.10.28.
27.早川佳穂, 鈴木一吉, 川上ちひろ, 今福輪太郎, 恒川幸司, 藤崎和彦:岐阜大学における新規「模擬患者養成講座」の取り組み,第9回日本総合歯科学会総会・学術大会(岡山),2016.11.20.
このページのトップへ
【講演会発表】
1.中田和彦:歯内治療の難治症例 その原因と対策 -歯髄保存の重要性と歯髄再生治療法の現状- . 犬山・扶桑歯科医師会 学術講演会(犬山), 2016.1.13.
2.中田和彦:ベーシックな根管処置による難治症例への対応. 三重県保険医協会歯科学術研究会(津), 2016.2.28.
3.鈴木一吉:ファシリテータ養成セミナーについて.日本歯科医学教育学会教育能力開発委員会 第10回 医療コミュニケーション・ファシリテータ養成セミナー(行動変容編)(名古屋),2016.7.9.
4.中田和彦:歯内治療の現在と未来. 同窓会和歌山県支部学術講演会(和歌山), 2016.8.20.
5.鈴木一吉:ワークショップとは.第61回医学教育セミナーとワークショップ WS-7 卒前から卒後に至る歯科医療面接のルーブリック評価を作ろう(岐阜), 2016.8.21.
6.鈴木一吉:おいしく食べてもっと長生き−歯と口の健康−.岐阜大学 医学教育開発研究センター(岐阜),2016.8.31.
7.中田和彦:歯内治療におけるCTの活用 -コーンビームCTのポイント- . 日本歯内療法学会認定臨床研修会(東京), 2016.10.16.
8.今泉一郎:臨床医が知っておきたい歯内治療のポイント. 愛知学院大学歯学会 東京地方学術講演会(歯学会・歯学部同窓会共催)(東京), 2016.11.3.
このページのトップへ
平成27年(2015年)
【著書】
1. 柴田直樹,中田和彦(分担):歯科医療 難治性根尖性歯周炎の病因と治療法の進歩.第一歯科出版(東京),2015.
2. 柴田直樹,中田和彦(分担):最新 歯内療法の器具・器材と臨床活用テクニック.日本歯科評論(東京),2015.
【総説・論文】
1. Inamoto  K, Sakuma  S, Ariji  Y, Higuchi  N, Izumi  M, Nakata  K: Measurement of cerebral blood volume dynamics during volitional swallowing using functional near-infrared spectroscopy: An exploratory study. Neuroscience Letters 588: 67-71, 2015.
2. 尾関伸明, 長谷奈央子, 茂木眞希雄, 中田和彦:幹細胞由来高純度象牙芽細胞を用いたin vitro歯髄炎モデルにおけるMMP-3の新規知見.日歯保存誌 58(5) : 347-355, 2015.
3. Ozeki N, Hase N, Hiyama T, Yamaguchi H, Kawai R, Kondo A, Matsumoto T, Nakata K, Mogi M: Interleukin-1β-induced autophagy-related gene 5 regulates the proliferation of embryonic stem cell-derived odontoblastic cells. PLoS One 2015; 10(4): e0124542.
4. Goto H, Ishihara Y, Kikuchi T, Izawa A, Ozeki N, Okabe E, Kamiya Y, Ozawa Y, Mizutani H, Yamamoto G, Mogi M Nakata K, Maeda H, Noguchi T, Mitani A: Interleukin-1 Receptor Antagonist has a Novel Function in the Regulation of Matrix Metalloproteinase-13 Expression. PLoS One 2015; 10(10):e0140942.
5. Ozeki N, Yamaguchi H, Hase N, Hiyama T, Kawai R, Kondo A, Nakata K, Mogi M: Polyphosphate-induced matrix metalloproteinase-3-mediated proliferation in rat dental pulp fibroblast-like cells is mediated by a Wnt5 signaling cascade. BioSci Trends, 9(3): 160-168, 2015.

6.

 

Hase N, Ozeki N, Hiyama T, Yamaguchi H, Kawai R, Kondo A, Nakata K, Mogi M: Products of dentin matrix protein-1 degradation by interleukin-1β-induced matrix metalloproteinase-3 promote proliferation of odontoblastic cells. BioSci Trends, 9(4): 228-236, 2015.
7. Hiyama T, Ozeki N, Hase N, Yamaguchi H, Kawai R, Kondo A, Mogi M, Nakata K: Polyphosphate-induced matrix metalloproteinase-3-mediated differentiation in rat dental pulp fibroblast-like cells. BioSci Trends, 9(6): 360-366, 2015.
8. Ozeki N, Kawai R, Hase N, Hiyama T, Yamaguchi H, Kondo A, Nakata K, Mogi M: α2 integrin, extracellular matrix metalloproteinase inducer, and matrix
metalloproteinase-3 act sequentially to induce differentiation of mouse embryonic stem cells into odontoblast-like cells. Exp Cell Res, 331: 21-37, 2015.
9. Ozeki N, Hase N, Kawai R, Yamaguchi H, Hiyama T, Kondo A, Nakata K, Mogi M: Unique proliferation response in odontoblastic cells derived from human skeletal muscle stem cells by cytokine-induced matrix metalloproteinase-3. Exp Cell Res, 331: 105-114, 2015.
10. Ozeki N, Hase N, Yamaguchi H, Hiyama T, Kawai R, Kondo A, Nakata K, Mogi M: Polyphosphate induces matrix metalloproteinase-3-mediated proliferation of odontoblast-like cells derived from induced pluripotent stem cells. Exp Cell Res, 333: 303-315, 2015.
11. Ozeki N, Yamaguchi H, Hiyama T, Kawai R, Nakata K, Mogi M, Nakamura H: IL-1β-induced matrix metalloproteinase-3 regulates cell proliferation in rat dental pulp cells. Oral Dis, 21: 97-105, 2015.
このページのトップへ
【テーシス】
1. 藤田将典:イヌ感染根管モデルにおける超音波ナノバブル薬剤導入法を用いた根管内無菌化と歯髄再生.愛知学院大学大学院歯学研究科 学位申請論文集(2015).
2. 山口秀幸:ラット歯髄由来線維芽細胞における炎症性サイトカイン誘導Stromelysin-1は細胞増殖とアポトーシスを制御する.愛知学院大学大学院歯学研究科 学位申請論文集(2015).
【その他】
1. 柴田直樹,中田和彦(分担):デンタルダイヤモンド6月号 Q&A 無症状の根尖病変.デンタルダイヤモンド社(東京),119-121,2015.
【特別講演】
1. 中田和彦:現在の歯内治療学教育の到達目標.日本歯内療法学会 中部支部会学術大会(名古屋),2015.9.27.
【シンポジウム】
1. 尾関伸明:幹細胞を用いた象牙芽細胞分化誘導法とそのメカニズム.第57回歯科基礎医学会学術大会・総会(新潟),2015.9.11.
このページのトップへ
【学会発表】
1. Ozeki N, Hase N, Kawai R, Yamaguchi H, Hiyama T, Nakata K, Mogi M:Unique Proliferation in Odontoblasts Derived from Human Skeletal Muscle Stem Cells by MMP-3.第14回日本再生医療学会総会 (横浜),2015.3.20.
2. Mogi M, Ozeki N, Hase N, Yamaguchi H, Hiyama T, Kawai R, Kondo A, Nakata K:Inorganic Polyphosphate Induce MMP-3-Mediated Proliferation in Odontoblasts Derived from iPS Cells.第14回日本再生医療学会総会 (横浜),2015.3.20.
3. 藤田将典,庵原耕一郎,堀場直樹,立花克郎,中田和彦,中島美砂子:超音波とナノバブルを用いた感染根管における根管内無菌化と歯髄再生.第14回日本再生医療学会総会 (横浜),2015.3.20.
4. 尾関伸明, 山口秀幸, 長谷 奈央子, 檜山太希, 川合里絵, 茂木 眞希雄, 松本 享, 中田和:日本歯科保存学会2015年度春季学術大会(第142回)(小倉),2015.6.25.
5. 長谷奈央子, 尾関伸明, 山口秀幸, 檜山太希, 川合里絵, 茂木 眞希雄,中田和彦:ポリリン酸誘導MMP-3はマウスiPS細胞由来象牙芽細胞の細胞増殖を制御する.日本歯科保存学会2015年度春季学術大会(第142回)(小倉),2015.6.26.
6. 藤田将典,庵原耕一郎,堀場直樹,中田和彦,中島美砂子:感染根管における新規ナノバブルを用いた根管内無菌化と歯髄再生.日本歯科保存学会2015年度春季学術大会(第142回)(小倉),2015.6.26.
7. 尾関伸明, 山口秀幸, 檜山太希, 長谷奈央子, 川合里絵, 中田和彦:ラット歯髄由来線維芽細胞におけるポリリン酸誘導MMP-3はWnt5シグナルを介して細胞増殖を制御する.第9回世界歯内療法会議,第34回日本歯内療法学会学術大会,第36回日本歯内療法学会学術大会(鶴見),2015.7.11.
8. 尾関伸明, 茂木眞希雄, 森田あや美, 中田和彦:IL-1beta誘導オートファジー関連遺伝子Atg5はマウスES細胞由来象牙芽細胞の細胞増殖を制御する. 第33回日本骨代謝学会学術集会(東京),2015.7.23.
9. 茂木眞希雄, 尾関伸明, 森田あや美, 中田和彦:マウスiPS細胞由来象牙芽細胞におけるポリリン酸誘導MMP-3は細胞増殖を制御する.第33回日本骨代謝学会学術集会(東京),2015.7.23.
10. Inamoto K, Higuchi N, Sakuma S, Ariji Y, Nakata K: Prefrontal cortical hemodynamic response associated with pain in the gingiva. International Association for Dental Research Australia and New Zealand Division Annual Scientific Meeting (New Zealand, Dunedin), 2015.8.25.
11. Sakuma S, Inamoto K, Higuchi N, Ariji Y, Adachi M, Harata R, Tuchiya A: Time-dependent changes in prefrontal cortex activity during tooth clenching. International Association for Dental Research Australia and New Zealand Division Annual Scientific Meeting (New Zealand, Dunedin), 2015.8.25.
12. 尾関伸明,檜山太希,山口秀幸,川合里絵, 中田和彦:IL-1β誘導オートファジー関連遺伝子Atg5はWnt5シグナルを介してマウスES細胞由来象牙芽細胞の増殖を制御する.第13回再生歯科医学会学術大会・総会(新潟),2015.8.29.
13. 藤田将典,庵原耕一郎,堀場直樹,中田和彦,中島美砂子:感染根管における新規ナノバブルを用いた根管内無菌化と歯髄再生.第13回再生歯科医学会学術大会・総会(新潟),2015.8.29.
14. 庵原耕一郎,藤田将典,中島美砂子:歯髄幹細胞の同種移植による歯髄再生治療法の開発.13回再生歯科医学会学術大会・総会(新潟),2015.8.29.
15. 吉田登志子,高永 茂,脇 忠幸,木尾哲朗,鈴木一吉,伊藤孝訓,藤崎和彦,小川哲次,谷口直隆,阿部恵子,今福輪太郎,宮原 哲,野中昭彦,灘光洋子,石川ひろの,大西弘高,鳥井康弘,俣木志朗:医療コミュニケーション教育に役立つ理論や概念とは何か.第7回日本ヘルスコミュニケーション学会(福岡),2015.9.5.
16. 檜山太希, 尾関伸明, 山口秀幸, 川合里絵, 茂木 眞希雄, 中田和彦:IL-1β誘導オートファジー関連遺伝子Atg5はWnt5シグナルを介してマウスES細胞由来象牙芽細胞の細胞増殖を制御する.第57回歯科基礎医学会学術大会・総会(新潟),2015.9.12.
17. 尾関伸明, 山口秀幸, 檜山太希, 川合里絵, 茂木眞希雄, 中田和彦:ラット歯髄由来線維芽細胞におけるポリリン酸誘導MMP-3はWnt5-Lrp5シグナルを介して細胞増殖を制御する.第57回歯科基礎医学会学術大会・総会(新潟),2015.9.13.
18. 吉竹弘行,山口正孝,西川郁夫,宮原正敏:2014年実施の歯内療法におけるアシスタントワークに関するアンケート結果報告.日本歯内療法学会西日本支部2015年研修会(大阪),2015.9.13.
19. 柴田直樹,長谷奈央子,稲本京子,尾関伸明,樋口直也,北村成孝,今泉一郎,中田和彦:コーンビームCTとデンタルエックス線撮影の有効性の比較.日本歯内療法学会 中部支部会 第11回学術大会(名古屋),2015.9.27.
20. 河本新太郎,名和弘幸,松本 侑,堀部森崇,荒木麻美,有川智子,藤井美樹,樋田真由,横井 共,藤原琢也,新美照幸,橋本和佳,松本 享,山田正弘,福田 理:A大学歯学部附属病院障害者歯科診療部における初診患者の実態調査.第32回日本障害者歯科学会総会および学術大会(名古屋),2015.11.8.
21. 久保田真衣,平野文菜,江場久哲,稲本京子,中田和彦:愛知学院大学歯学部附属病院歯内治療科の初診紹介患者に関する実態調査.日本歯科保存学会2015年度秋季学術大会(第143回)(東京),2015.11.13.
22. 尾関伸明, 山口秀幸,長谷奈央子, 檜山太希, 川合里絵, 茂木眞希雄, 中田和彦:ヒト骨格筋幹細胞を用いた象牙芽細胞分化における象牙芽細胞擬態マトリックスの役割.日本歯科保存学会2015年度秋季学術大会(第143回)(東京),2015.11.13.
23. 檜山太希, 尾関伸明, 山口秀幸,長谷奈央子, 川合里絵, 茂木眞希雄, 中田和彦:ヒト骨格筋幹細胞由来骨芽細胞においてIL-1β誘導MMP-13はWnt16シグナルを介して細胞増殖を調節する.日本歯科保存学会2015年度秋季学術大会(第143回)(東京),2015.11.13.
24. 庵原耕一郎, 藤田将典, 村上真史, 中島美砂子:同種移植による抜髄後歯髄再生治療法の開発.日本歯科保存学会2015年度秋季学術大会(第143回)(東京),2015.11.13.
25. 檜山太希, 尾関伸明, 山口秀幸, 長谷 奈央子, 川合里絵, 中田和彦:ポリリン酸誘導マトリックスメタロプロテアーゼ−3はラット歯髄細胞の分化を制御する.第87回愛知学院大学歯学会学術大会(名古屋),2015.12.6.
このページのトップへ
【講演会発表】
1. 中田和彦:社会から求められる歯内治療の医療水準.白眉会 エンド研修会(名古屋),2015.2.11.
2. 山口正孝:エンドの基本.愛知学院大学歯学部同窓会 岡山県支部講演会(岡山),2015.2.11.
3. 山口正孝:エンド編1.医療法人光風会 学術講演会(名古屋),2015.2.20.
4. 中田和彦:社会から求められる根管治療とはなにか -判例からみる現在の医療水準-.平成26年度 愛知学院大学歯学部附属病院 医療連携講演研修会(名古屋),2015.2.26.
5. 中田和彦:日常臨床における歯内治療成功のポイント.愛知保険医協会 歯科学術研究会(名古屋),2015.3.1.
6. 中田和彦:歯内治療の進歩.愛知学院大学歯学会 石川県地方学術講演会(金沢),2015.3.15.
7. 中田和彦:社会から求められる歯内治療の医療水準.第419回総合医療開発研究会 学術講演会(海部郡 蟹江町),2015.3.18.
8. 山口正孝:エンド編2.医療法人光風会 学術講演会(名古屋),2015.3.20.
9. 中田和彦:シンプル歯内治療2015 -日常臨床で心がけるポイント-.愛知県歯科医師会 平成26(2014)年度 実技ライブ研修(名古屋),2015.3.29.
10. 中田和彦:社会から求められる歯内治療の医療水準.日本歯内療法学会 認定臨床研修会(京都),2015.5.16.
11. 中田和彦:歯内治療の難治症例,その原因と対策.岡崎市歯科医師会 学術講演会(岡崎),2015.5.17.
12. 柴田直樹:“難治性根尖性歯周炎”の診断と対応法.光風会 学術講演会(名古屋),2015.5.22.
13. 柴田直樹:難治性根尖性歯周炎と最近の歯内治療.愛知学院大学歯学会 奈良県地方学術講演会(奈良),2015.6.28.
14. 中田和彦:歯内治療の難治症例,その原因と対策.光風会 学術講演会(名古屋),2015.7.17.
15. 中田和彦:歯内治療の難治症例,その原因と対策.同窓会中川区班 学術講演会(名古屋),2015.7.30.
16. 中田和彦:歯内治療における診断法の進歩.尾北歯科医師会 学術講演会(江南),2015.9.26.
17. 中田和彦:外傷歯の歯科用コーンビームCT画像診断.日本外傷歯学会 認定医研修セミナー(名古屋),2015.10.18.
18. 柴田直樹:“難治性”にしないための歯内治療.翔の会 学術講演会(岡崎),2015.10.19.
19. 中田和彦:研究に立脚した歯内療法 -自信を持ってエンドを行うために-
一般歯科医に求められる歯内療法の現在の医療水準 -根管処置の成功率と歯髄保存の重要性-.愛知学院大学歯学部同窓会 ポストグラジュエートコース(名古屋),2015.10.25.
20. 中田和彦:再根管治療の原因と対策.尾北歯科医師会 学術講演会(江南),2015.11.28.
21. 中田和彦:歯内療法におけるCTの活用 -コーンビームCTのポイント-.日本歯内療法学会 認定医研修セミナー(大阪),2015.12.13.
このページのトップへ
平成26年(2014年)
【著書】
1. 中村 洋(分担):YEARBOOK 2014 今だから押さえておきたい!世界の歯内療法の潮流 −第9回世界歯内療法会議の主な演題から−.クインテッセンス出版(東京),2014.
2.中田和彦(分担):YEARBOOK 2014 今だから押さえておきたい!世界の歯内療法の潮流 −第9回世界歯内療法会議の主な演題から−.クインテッセンス出版(東京),2014.
3.山口正孝(分担):「新しいNi-Ti製ファイルの歯内療法」. クインテッセンス出版(東京),2014.
【総説・論文】
1.Yamaguchi H, Ozeki N, Kawai R, Tanaka T, Hiyama T, Nakata K, Mogi M, Nakamura H: Proinframmatry cytokines induce stromelysin-1-mediated cell proliferation in dental pulp fibroblast-like cells. J Endod, 40(1): 89~94, 2014.
2.中村 洋,北村成孝,今泉一郎,柴田直樹,中田和彦:日常臨床のプレシジョン向上を目指す歯内治療.国際歯学士日本部会誌,45(1):42-46,2014.
3.Ozeki N, Kawai R, Yamaguchi H, Hiyama T, Kinoshita K, Hase N, Nakata K, Kondo A, Mogi M, Nakamura H: IL-1β-induced matrix metalloproteinase-13 is activated by a disintegrin and metalloprotease-28-regulated proliferation of human osteoblast-like cells. Exp Cell Res, 323: 165-177, 2014.
4.Ozeki N, Hase N, Hiyama T, Yamaguchi H, Kawai R, Kondo A, Nakata K, Mogi M: IL-1β-induced, matrix metalloproteinase-3-regulated proliferation of embryonic stem cell-derived odontoblastic cells is mediated by the Wnt5 signaling pathway. Exp Cell Res, 328: 69-86, 2014.
5.Ozeki N, Mogi M, Yamaguchi H, Hiyama T, Kawai R, Hase N, Nakata K, Nakamura H, Kramer RH: Differentiation of human skeletal muscle stem cells into odontoblasts is dependent on induction of α1 integrin expression. J Biol Chemistry 289: 14380-14391, 2014.
6.藤田将典,庵原耕一郎,堀場直樹,立花克郎,中村 洋,中島美砂子:感染根管歯におけるナノバブルと超音波を用いた根管内無菌化と歯髄再生. 日歯保存誌, 57(2) : 170-179, 2014.
7.尾関伸明,山口秀幸,檜山太希,長谷奈央子,川合里絵,茂木眞希雄,中田和彦:炎症性サイトカイン誘導MMP-3はマウスiPS細胞由来象牙芽細胞の増殖を制御する.日歯保存誌,57(4) : 358-368, 2014.
8.Sakuma S, Inamoto, K, Higuchi N, Ariji Y, Nakayama M, Izumi, M: Experimental pain in the gingiva and its impact on prefrontal cortical hemodynamics: A functional near-infrared spectroscopy study. Neurosci Lett, 575: 74-79, 2014.
9.平野文菜,佐久間紗綾,藤田将典,山口正孝,堀場直樹,松本 亨,中村 洋:歯内治療科診療室内のチェアーおよびデンタルグローブの消毒状態の予備的研究. 日歯内療誌,35(2): 70~81, 2014.
10.佐久間重光,稲本京子,樋口直也,菱川敏光,有地淑子,中山美和,服部豪之,伊藤 裕,田中貴信:機能的近赤外分光法を用いた歯肉への痛み刺激時の前頭葉および側頭葉における活動性の検討. 愛院大歯誌,52(2): 75-81, 2014.
11.Yoshida T, Ogawa T, Taguchi N, Maeda J, Abe K, Rodis OM, Nakai Y, Shirai H, Torii Y, Konoo T, Suzuki K: Effectiveness of a simulated patient training programme based on trainee response accuracy and appropriateness of feedback. Eur J Dent Educ, 18: 241-251, 2014.
12.Horibe H, Murakami M, Iohara K, Hayashi Y, Takeuchi N, Takei Y, Kurita K, Nakashima M: Isolation of a stable subpopulation of mobilized dental pulp stem cells (MDPSCs) with high proliferation, migration, and regeneration potential is independent of age. PLoS One, 2014 May 28; 9(5): e98553.
13.Kawai R, Ozeki N, Yamaguchi H, Tanaka T, Nakata N, Mogi M, Nakamura H: Mouse ES cells have a potential to differentiate into odontoblast-like cells using hanging drop method. Oral Dis, 20: 395-403, 2014.
14.Ozeki N, Yamaguchi H, Kawai R, Hiyama T, Nakata K, Mogi M, Nakamura H: Cytokines induce MMP-3-regulated proliferation of embryonic stem cell-derived odontoblast-like cells. Oral Dis, 20: 505-513, 2014.
15.Kato A, Ziegler A, Higuchi N, Nakata K, Nakamura H, Ohno N: Aetiology, incidence and morphology of the C-shaped root canal system and its impact on clinical endodontics. Int Endod J, 47: 1012-1033, 2014.
16.Rodis O MM, Barroga E, Barron JP, Hobbs J, Jayawardena JA, Kageyama I, Kalubi B, Langham C, Matsuka K, Miyake Y, Seki N, Oka K, Peters M, Shibata Y, Stegaroiu R, Suzuki K, Takahashi S, Tsuchiya, H, Yoshida T, Yoshimoto K: A proposed core curriculum for dental English education in Japan. BMC Med Educ, 14: 239, 2014.
17.Kato A, Higuchi N, Nakata K, Ohno N: Educational tools utilizing three-dimensional portable document format aimed at comprehensive understanding of basic science and clinical dentistry. Aichi Gakuin Dent Sci, 27: 17-22, 2014.
18.Sakuma S, Nakanishi Y, Takenaka M, Ando K, Harata R, Inamoto K, Higuchi N, Ito Y, Hattori M: Effect of tooth clenching level on prefrontal cortex activity: Examination using functional near-infrared spectroscopy. Aichi Gakuin Dent Sci, 27: 29-35, 2014.
このページのトップへ
【学会発表】
1.Hiyama T, Ozeki N, Mogi M, Yamaguchi H, Kawai R, Kinoshita K, Nakata N, Nakamura H: MMP-3 is required for IL-1β-induced proliferation in iPS cells derived odontoblast-like cell.第13回 日本再生医療学会総会 (京都),2014. 3. 4.
2.Mogi M, Ozeki N, Yamaguchi H, Hiyama T, Kawai R, Nakata K, Kondo A, Nakamura H: IL-1β-induced MMP-13 regulated proliferation of osteoblasts derived from skeletal muscle stem cells. 第13回 日本再生医療学会総会 (京都),2014. 3. 5.
3.Ozeki N, Mogi, M, Yamaguchi H, Hiyama T, Kawai R, Nakata K, Nakamura, H: α1 integrin is required for human skeletal muscle stem cells derived-odontoblasts differentiation. 第13回 日本再生医療学会総会 (京都),2014. 3. 5.
4.盛口敬一,長谷川義明,樋口直也,村上幸孝,吉村文信,中村 洋,中田和彦,大野紀和:
Tannerella forsythia
に対するヒト多形核白血球の食作用とフリーラジカル生成局在に関する光顕、電顕検出法について.医学生物学電子顕微鏡技術学会(大阪),2014 .5. 25.
5. 藤田 将典,竹内 教雄,江場 久哲,堀場 直樹,中村  洋,中田 和彦,林 勇輝,福田 理:超音波ナノバブル薬剤導入法を用いた歯髄再生の検討.愛知学院大学歯学会第84回学術大会(名古屋),2014.6.8.
6. Hiyama T, Ozeki N, Yamaguchi H, Hase N, Kinoshita K, Mogi M, Nakamura H, Nakata K: IL-1β-induced matrix metalloproteinase-13 is activated by a disintegrin and metalloprotease-28 regulated proliferation of human skeletal muscle stem cell-derived osteoblast-like cells. ISSCR 12th Annual Meeting (Vancouver), 2014. 6. 20.
7. 山負弘,川合里絵,森本太輔,中田和彦,中村 洋:ラット根尖病変の形成過程におけるMMP-2およびMMP-9の免疫組織学的局在.日本歯科保存学会 2014年度 春季学術大会(第140回)(大津),2014. 6. 19.
8. 山口秀幸,尾関伸明,茂木眞希雄,檜山太希,長谷奈央子,木下佳都栄,川合里絵,中田和彦:
EmmprinとMMP-3シグナルがマウスES細胞由来象牙芽細胞分化に必須である.日本歯科保存学会 2014年度 春季学術大会(第140回)(大津),2014. 6. 20.
9. 木下佳都栄,尾関伸明,茂木眞希雄,檜山太希,山口秀幸,長谷奈央子,川合里絵,中田和彦:
ADAM28によって活性化されるIL-1β誘導MMP-13はヒト骨芽細胞様細胞の増殖を制御する.日本歯科保存学会 2014年度 春季学術大会(第140回)(大津),2014. 6. 20.
10. 今福輪太郎, 石津恵津子, 高阪利美, 鈴木一吉:医療専門職連携セミナーでの歯学系学生の学びと今後の課題.第33回日本歯科医学教育学会総会学術大会(北九州市),2014. 7. 4.
11. 阿部恵子,半谷眞七子,藤崎和彦, 川上ちひろ,後藤道子,山田彩乃,井上千鹿子,鈴木一吉:東海地区SP養成者ネットワークの取組:SPパフォーマンスの質の向上と大学間共有を目指して.第46回日本医学教育学会学術大会(和歌山市),2014. 7. 18.
12. 尾関伸明,森田あや美,茂木眞希雄,中田和彦:ADAM-28によって活性化されるIL-1β誘導MMP-13はヒト骨芽細胞様細胞の増殖を制御する.第32回日本骨代謝学会学術集会(大阪),2014. 7. 24.
13. 茂木眞希雄,森田あや美,尾関伸明,中田和彦:α2 integrin, EmmprinとMMP-3からなるシグナルカスケードがマウスES細胞由来象牙芽細胞分化に必須である.第32回日本骨代謝学会学術集会(大阪),2014. 7. 24.
14. 吉竹弘行,山口正孝,西川郁夫,宮原正敏:チームとしての歯内療法を考える.日本歯内療法学会西日本支部会第14回研修会(大阪),2014. 9. 7.
15. 尾関伸明,山口秀幸,檜山太希,森田あや美,茂木眞希雄,中田和彦:マウスES細胞由来象牙芽細胞においてIL-1β誘導MMP-3はWnt5シグナルを介して細胞増殖を調節する.第56回歯科基礎医学会学術大会 (福岡),2014. 9. 27.
16. 山口正孝,江幡香里,山本和也,中田和彦:Ni-TiファイルWave OneとS.A.F.の役割分担.日本歯内療法学会中部支部会第10回学術大会(名古屋),2014. 9. 28
17. 藤田 将典,林 勇輝,堀場直樹,中村 洋,中田 和彦,庵原 耕一郎、中島 美砂子:超音波ナノバブル薬剤導入法を用いた歯髄再生の検討.日本歯内療法学会中部支部会第10回学術大会(名古屋),2014. 9. 28.
18. 樋口直也,加藤彰子,大野紀和,中田和彦:樋状根管を保有した下顎第二大臼歯の歯内療法(症例報告).日本歯科保存学会 2014年度 秋季学術大会 (第141回)(山形),2014. 10. 31.
19. 川合里絵,尾関伸明,長谷奈央子,山口秀幸,檜山太希,茂木眞希雄,松本 享,中田和彦:炎症性サイトカイン誘導MMP-3はヒト骨格筋幹細胞由来象牙芽細胞の増殖を制御する.日本歯科保存学会 2014年度 秋季学術大会(第141回)(山形),2014. 10. 30.
20. 藤田将典,庵原耕一郎,堀場直樹,立花克郎,中田和彦,中島美砂子:感染根管における超音波とナノバブルを用いた根管内無菌化と歯髄再生.日本歯科保存学会 2014年度 秋季学術大会(第141回)(山形),2014. 10. 30.
21. 河村 玲,林 勇樹,中田和彦,村上 弘:異所性歯根移植モデルを用いた歯髄再生に及ぼす化学的微小環境の検討.日本歯科保存学会 2014年度 秋季学術大会 (第141回)(山形),2014. 10. 30.
22. 竹内幸代,浅井 彩,岩田早織,岩田美緒,林 香住,馬目麻衣,高阪利美,犬飼順子,向井正視,合掌かおり,鈴木一吉,今福輪太郎:医療専門職連携セミナー(IPE教育)での取り組みと今後の課題.第5回 日本歯科衛生教育学会総会学術大会(神戸),2014. 11. 29.
23. 石塚恭子,戸苅彰史,中田和彦:破骨細胞形成に及ぼすCGRPの影響.愛知学院大学歯学会第85回学術大会(名古屋),2014. 12. 7.
このページのトップへ
【講演会発表】
1. 山口正孝:ニッケルチタンファイルで歯内療法を変えよう.愛知県保険医協会実習講座(名古屋),2014.2.2.
2. 中田和彦:現在の根管治療のあるべき医療水準.口腔インプラント学会認定施設研修会(名古屋),2014.2.20.
3. 中田和彦:An Ideal Medical Standard of the Current Root Canal Treatment.口腔インプラント研修会・Japan Premium(名古屋),2014.3.1.
4. 中田和彦:これからの根管治療はどうあるべきか −現在の医療水準と将来の歯髄再生療法−.同窓会愛知県支部・知多班学術講演会(名古屋),2014.3.8.
5. 山口正孝:歯科医ならやるっきゃないよ歯内療法.名古屋市西区歯科医師会学術講演会(名古屋),2014.4.17.
6. 中田和彦:これからの根管治療はどうあるべきか −現在の医療水準と将来の歯髄再生療法−.同窓会三重県支部学術講演会(津),2014.4.27.
7. 中田和彦:社会から求められる根管治療とはなにか −現在の医療水準と将来の歯髄再生療法−.歯科理工学懇話会学術講演会(名古屋),2014.7.10.
8. 中田和彦:これからの根管治療はどうあるべきか −現在の医療水準と将来の歯髄再生療法−.同窓会東三河支部学術講演会(豊橋),2014.8.24.
9. 中田和彦:歯の根の治療は“基礎工事” 〜歯を長持ちさせるヒント〜.附属病院・平成26年度公開講演会(名古屋),2014.10.4.
10. 中田和彦:歯内治療における歯科用コーンビームCT画像診断の指針(案).日本外傷歯学会認定医研修セミナー(名古屋),2014.10.19.
11. 中田和彦:シンプル歯内治療2014 −私が日常臨床で心がけていること−.名東臨床歯科研修会(名古屋),2014.11.8.
12. 今泉一郎:臨床医が知っておきたい歯内治療のポイント.豊川市歯科医師会(豊川),2014.11.29.
13. 中田和彦:シンプル歯内治療2014 −私が日常臨床で心がけていること−.同窓会愛知県支部・守山班学術講演会(名古屋),2014.11.29.
14. 中田和彦:社会から求められる歯内治療とはなにか −現在の医療水準と将来の歯髄再生療法−.千種区・名東区歯科医師会学術講演会(名古屋),2014.12.11.
15. 中田和彦:社会から求められる歯内治療とはなにか −現在の医療水準と将来の歯髄再生療法−.同窓会岐阜県支部学術講演会(名古屋),2014.12.14.
16. 中田和彦:社会から求められる歯内治療とはなにか −現在の医療水準と将来の歯髄再生療法−.恵那デンタルセミナー学術講演会(岐阜),2014.12.21.
このページのトップへ
平成25年(2013年)
【著書】
1. 中田和彦,中村 洋:ライフステージと歯内療法 〜歯の長期保存のために〜(分担)CBCTが歯内療法にもたらしたもの. デンタルダイヤモンド社,2013.
2. 鈴木一吉:歯科臨床イヤーノート2014〜(分担). クインテッセンス出版,2013.
【総説・論文】
1. 佐久間重光,竹中 誠,有地淑子,菱川敏光,稲本京子,森田一三,丹羽雅子,名和弘幸,伊藤 裕:近赤外線分光法を用いた2HzEVAシート反復噛みしめ時における前頭前野血流動態の測定. 愛知学院大学歯学会誌,51(1):39〜44,2013.
2. Iohara, K., Murakami, M., Takeuchi, N., Osako, Y., Ishizaka, R., Utsunomiya, S., Nakamura, H., Matsushita, K., Nakashima, M.:A novel combinantorial therapy with plup stem cells and granulocyte colony-stimulating factor for total plup regeneration. Stem Sells Translationl Medicine, 2(7): 521~533, 2013.
3. 鈴木一吉,山口正孝,落合栄樹,松本 享,中村 洋:市民ボランティアによる模擬患者参加型の初診時医療面接実習. 日本歯科医学教育学会雑誌,29(2):112〜121,2013.
4. Ozeki, N., Mogi, M., Kawai, R., Yamaguchi, H., Hiyama, T., Nakata, K., Nakamura, H.:Mouse-induced pluripotent stem cells differentiate into odontoblast-like cells with induction of altered adhesive and migratory phenotype of integrin. PLoS ONE, 2013 Nov 11; 8(11): e80026.
5. 佐久間重光,服部豪之,安藤清文,森田一三,有地淑子,稲本京子,中田和彦, 中西康裕,小島 弘充,伊藤 裕:頭部の20度前方傾斜が多チャンネルNIRS測定におよぼす影響. 愛知学院大学歯学会誌,51(2):101〜106,2013.
6. 佐久間重光,菱川敏光,稲本京子,中田和彦,丹羽雅子,中野 崇,河合鮎樹,浅野惇太,森 隆司,伊藤 裕:頭部の20度側方傾斜が多チャンネルNIRS測定におよぼす影響. 愛知学院大学歯学会誌,51(3):303〜310,2013.
7. 稲本京子,佐久間重光,森田一三,有地淑子,服部豪之,安藤清文, 樋口直也,中田和彦,中村 洋:近赤外線分光法を用いた命令嚥下時の大脳皮質における脳血流動態の測定. 愛知学院大学歯学会誌,51(3):319〜327,2013.
8. Tanaka T, Ozeki N, Kawai R, Imaizumi I, Nakata K, Nakamura H.:Expression and regulation of a disintegrin and metalloproteinase (ADAM)-8 and -17in development of rat periradicular lesion. J Endod, 39(5): 638-42, 2013.
9. 庵原耕一郎,村上真史,武井佳史,堀部宏茂,栗田賢一,中村 洋,中島美砂子:GMP準拠にて製造加工したヒト臨床グレード歯髄幹細胞の品質・安全性の証明.日本歯科保存学雑誌, 56(2):121〜129,2013.
10. Naitoh M, Nakata K, Gotoh Y, Kubota Y, Morita M, Ariji E.:Imaging display of cone-beam computed tomography using a medical imaging display system. Aichi Gakuin Dent Sci, 26: 7〜12, 2013.
11. Ozeki, N., Yamaguchi, H., Hiyama, T., Kawai, R., Nakata, K., Mogi, M., Nakamura, H.:IL-1β-induced matrix metalloproteinase-3 regulates cell proliferation in rat dental pulp cells. Oral Diseases, 2013 Dec 12 doi: 10. 1111/doi.12219. (Epub ahead of print)
12. Ozeki N, Yamaguchi H, Kawai 10.1R, Hiyama T, Nakata K, Mogi M, Nakamura H.:Cytokines induce MMP-3-regulated proliferation of embryonic stem cell-derivedodontoblast-like cells. Oral Diseases, 2013 Jul 13 doi:111/odi.12165. (Epub ahead of print)
13. Kawai R, Ozeki N, Yamaguchi H, Tanaka T, Nakata K, Mogi M, Nakamura H.:Mouse ES cells have a potential to differentiate into odontoblast-like cells by using hanging drop method. Oral Diseases, 2013 May 14 doi:10.1111/odi.12134. (Epub ahead of print)
【撤回論文(2018年6月1日)】
1. Hiyama T,Oseki N,Mogi M,Yamaguchi H,Kawai R,Nakata K,Kondo A,Nakamura H: Matrix metalloproteinase-3 in odontoblastic cells derived from iPS cells: Unique proliferation response as odontoblastic cells derived ES cells.PLOS ONE 8(12):e83563.doi: 10.1371/journal.phone.0083563,2013.
このページのトップへ
【学会発表】
1. 稲本京子,佐久間重光,永田鎮也,大塚文与,原田 亮,土屋淳弘, 樋口直也,中田和彦,伊藤 裕,中村 洋:心電図情報から痛みを数値化する −主観的評価との関連−.第28回日本歯科人間工学会研究発表大会(札幌 2013.2.9)
2. 佐久間重光,稲本京子,永田鎮也,大塚文与,安藤清文,服部豪之, 中田和彦,森 隆司,中村 洋,伊藤 裕:心電図情報から痛みを数値化する −歯科領域での応用に向けて-.第28回日本歯科人間工学会研究発表大会(札幌 2013.2.9)
3. 山口正孝:今こそ歯内療法〜エンドの引き出しには何を?. 2013年度日本歯内療法学会中部支部スプリングセミナー(四日市 2013.3.17)
4. Suzuki, K., Yamaguchi, M., Horiba, N., Matsumoto, T., Nakamura, H.:Seminar on the communication training implementation for faculites in dental educational institutions and a class in medical interview training on endodontics for dental students. 第9回世界歯内療法会議,第34回日本歯内療法学会学術大会,第11回日韓合同歯内療法学会学術大会(東京 2013.5.25)
5. Nakata, K., Imaizumi, I., Shibata, N., Inamoto, K., Ozeki, N., Yamamoto, M., Wanibe, H., Kawai, R., Higuchi, N., Nakamura, H.:The validity of small volme cone-beam computed tomography in the diagosis and management of a case of vertical root fracture. 第9回世界歯内療法会議,第34回日本歯内療法学会学術大会,第11回日韓合同歯内療法学会学術大会(東京 2013.5.25)
6. Kawai, R., Ozeki, N., Yamaguchi, H., Nakata, K., Nakamura, H.:Odontogenic potential of human skeletal muscle stem cells using decellularized dental pulp matrix. 第9回世界歯内療法会議,第34回日本歯内療法学会学術大会,第11回日韓合同歯内療法学会学術大会(東京 2013.5.25)
7. Yamaguchi, M., Takahashi, A., Nakamura, H.:A New Root Canal Obturation Method using Optical Diffusive Resin Fiber. 第9回世界歯内療法会議,第34回日本歯内療法学会学術大会,第11回日韓合同歯内療法学会学術大会(東京 2013.5.26)
8. Ozeki, N., Yamaguchi, H., Kawai, R., Nakata, K., Nakamura, H.:Odontogenic potential of iPS and ES cells using decellularized dental pulp matrix. 第9回世界歯内療法会議,第34回日本歯内療法学会学術大会,第11回日韓合同歯内療法学会学術大会(東京 2013.5.26)
9. Iohara, K., Takeuchi, N., Nakamura, H., Nakashima, M.:A Novel Combinatorial Therapy with Pulp Stem Cells and G-CSF for Total Pulp Regeneration. 第9回世界歯内療法会議,第34回日本歯内療法学会学術大会,第11回日韓合同歯内療法学会学術大会(東京 2013.5.26)
10. Hayashi, T., Ishizaka, R., Iohara, K., Murakami, M., Takeuchi, N., Nakamura, H., Hukuda, S., Nakashima, M.:Pulp Regeneration after Transplantation of Conditioned Medium of Pulp and Bone Marrow and Adipose Stem Cells. 第9回世界歯内療法会議,第34回日本歯内療法学会学術大会,第11回日韓合同歯内療法学会学術大会(東京 2013.5.26)
11. Orimoto, A., Nakamura, H.:Dose-dependent effects of resin monomers on antioxidant responsive element-mediated transcription. 第9回世界歯内療法会議,第34回日本歯内療法学会学術大会,第11回日韓合同歯内療法学会学術大会(東京 2013.5.26)
12. Takeuchi, N., Iohara, K., Murakami, M., Hayashi, Y., Nakamura, H., Nakashima, M.:Alternative migration factor, bFGF in stem cell therapy for pulp regneration. 第9回世界歯内療法会議,第34回日本歯内療法学会学術大会,第11回日韓合同歯内療法学会学術大会(東京 2013.5.26)
13. Yamaguchi, H., Ozeki, N., Kawai, R., Nakata, K., Nakamura, H.:Proinflammatory cytokine induced matrix metalloproteinase (MMP)-3 regulated cell proliferation and anti-apoptosis in odontoblast-like cells derived from iPS cells and dental pulp cells. 第9回世界歯内療法会議,第34回日本歯内療法学会学術大会,第11回日韓合同歯内療法学会学術大会(東京 2013.5.26)
14. 尾関伸明,茂木眞希雄:T型コラーゲン三次元足場とBMP-4を用いたマウスiPS細胞とES細胞の象牙質分化能の比較. 国際骨代謝学会・日本骨代謝学会第2回合同国際会議(神戸 2013.5.30)
15. 尾関伸明,茂木眞希雄:炎症性サイトカイン誘導ADAM28はマウス骨芽細胞様細胞において骨吸収因子MMP-13の発現を抑制する. 国際骨代謝学会・日本骨代謝学会第2回合同国際会議(神戸 2013.5.30)
16. 竹内教雄,藤田将典,中村 洋,堀部宏茂,山本 翼,栗田賢一,林 勇輝,石坂 亮,福田 理:歯髄再生治療法に用いる最適な遊走因子の検討. 第82回愛知学院大学歯学会学術大会(名古屋 2013.6.2)
17. 堀部宏茂,山本 翼,庵原耕一郎,村上真史,中島美砂子,竹内教雄,林 勇輝,栗田賢一:中高齢者・若齢者におけるヒト歯髄幹細胞の歯髄再生能の比較検討. 第138回日本歯科保存学会春季学会(福岡 2013.6.27)
18. 山口秀幸,尾関伸明,川合里恵,田中 毅,檜山太希,中田和彦,中村 洋,茂木眞希雄:iPS細胞由来象牙芽細胞において炎症性サイトカイン誘導MMP-3は細胞増殖と抗アポトーシス作用を制御する. 第138回日本歯科保存学会春季学会(福岡 2013.6.27)
19. 今泉一郎,鈴木洋子,田中 毅,北村成孝,柴田直樹,中田和彦,中村 洋:矯正装置の違いにより提出を行った2症例. 第138回日本歯科保存学会春季学会(福岡 2013.6.28)
20. Suzuki, K., Konoo, T., Ito, T., Chiba, I., Yoshida, T., Ogawa, T., Oishi, M., Tsuruta, J., Aoki, S., Mataki, S., Kasai, K.:Follow-up Session for Participants of a Seminar on the Implementation of a Communication Training for Faculty Members in Dental Educational Institutions(国際学会研究発表奨励賞受賞者ポスター発表). 第32回日本歯科医学教育学会学術大会(札幌 2013.7.12)
21. 中田和彦,内藤宗孝,尾関伸明,稲本京子,今泉一郎,柴田直樹,有地榮一郎,中村 洋:外傷による根尖性歯周炎の急性化を認めた歯内歯の1例. 第13回日本外傷歯学会学術大会(所沢市 2013.7.21)
22. 阿部恵子,半谷眞七子,川上ちひろ,後藤道子,山田彩乃,井上千鹿子,鈴木一吉:東海地区模擬患者(SP)養成者ネットワークの取組勉強会・交流会に参加したSPからの意見. 第45回日本医学教育学会大会(千葉 2013.7.27)
23. Suzuki, K., Nakata K., Yamaguchi, M., Horiba, N., Matsumoto, T., Nakamura, H.:Medical Interview Training for Dental School Students using a Civic Volmenteer for the Simlated Patient Method. 39th ADEE (Association for Dental Education in Europe) Annual Meeting (Birmingham Britain 2013. 8. 29)
24. 尾関伸明,山口秀幸,檜山太希,川合里絵,中村 洋:マウスES細胞機能を抑制する歯髄擬態マトリックスの開発. 第11回日本再生歯科医学会学術大会(東京 2013.8.31)
25. 山口秀幸,尾関伸明,檜山太希,川合里絵,中村 洋:iPS細胞由来象牙芽細胞においてIL-1β誘導MMP-3は細胞増殖と抗アポトーシス作用を制御する. 第11回日本再生歯科医学会学術大会(東京 2013.8.31)
26. 檜山太希,尾関伸明,山口秀幸,川合里絵,中村 洋:マウスES細胞由来高純度象牙が細胞における炎症性サイトカイン誘導MMP-3の細胞増殖と抗アポトーシスの制御. 第11回日本再生歯科医学会学術大会(東京 2013.8.31)
27. Mogi, M., Ozeki, N.:Matrix metalloproteinase-3 isrequired for IL-1β-induced cell proliferation in odontblast-like cell derived from iPScells and ES cells. 第86回日本生化学会大会(横浜 2013.9.11)
28. Ozeki, N., Mogi, M.:Human skeletal muscle stem cells differentiate into odontoblasts with induction of altered adhesive and migratory phenotype. 第86回日本生化学会大会(横浜 2013.9.11)
29. Hiyama, T., Ozeki, N., Yamaguchi, H., Nakata, K., Nakamura, H., Mogi, M.:Cytokines-induce matrix metalloproteinase (MMP)-3 regulated cell proliferation in odontoblast-like cell derived from mouse embryonic stem (ES) cells. The 55th Japanese Association for Oral Biology (Okayama 2013. 9. 22)
30. Ozeki, N., Yamaguchi, H., Hiyama, T., Nakata, K., Nakamura, H., Mogi, M.:α7 integrin-positive human skeletal muscle stem cells differentiate into odontoblast-like cells with induction of altered adhesive and migratory phenotype. The 55th Japanese Association for Oral Biology (Okayama 2013. 9. 22)
31. 北村成孝,柴田直樹,尾関伸明,今泉一郎,中田和彦,中村 洋:過剰根・過剰根管を伴う歯の根管治療 –歯髄腔・根管の形態を見直す-.第9回日本歯内療法学会学術大会中部支部総会(名古屋 2013.9.29)
32. 竹内教雄,庵原耕一郎,村上真史,林 勇輝,堀部宏茂,中村 洋,中島美砂子:歯髄再生治療法に用いる最適な遊走因子の検討.第139回日本歯科保存学会秋季学会(秋田 2013.10.17)
33. 平野文菜,佐久間紗綾,藤田将典,山口正孝,堀場直樹,松本 享,中村 洋:歯内治療科診療室内のチェアーおよびデンタルグローブの消毒状態の調査.第139回日本歯科保存学会秋季学会(秋田 2013.10.17)
34. 檜山太希,尾関伸明,山口秀幸,川合里絵,田中 毅,中田和彦,中村 洋:マウスES細胞由来象牙芽細胞においてIL-1β誘導MMP-3は細胞増殖と抗アポトーシス作用を調節する.第139回日本歯科保存学会秋季学会(秋田 2013.10.17)
35. 稲本京子,樋口直也,佐久間重光,永田鎮也,中田和彦,伊藤 裕,中村 洋:心電図電位変動のウェーブレット解析による痛みの客観的評価 第三報 心電図電極装着部位の違いが測定値に及ぼす影響.第139回日本歯科保存学会秋季学会(秋田 2013.10.17)
36. 折本 愛,鈴木宗弘,金森孝雄,上野温子,河合達志,中村 洋:生物発光を利用した細胞毒性試験法の開発.第62回日本歯科理工学会学術講演会(新潟 2013.10.20)
37. 松本 享:感染根管への対応 -私たちにできること-.愛知学院大学歯学会地方学術講演会(福井 2013.10.20)
38. 稲本京子,樋口直也,佐久間重光,永田鎮也,大塚文与,中田和彦,伊藤 裕,中村 洋:心電図電位変動から痛みを客観的に評価する—歯科外来での応用に向けて-.第29回日本歯科人間工学会研究発表会(名古屋 2013.11.23)
39. 佐久間重光,稲本京子,服部豪之,樋口直也,安藤清文,足立 充,原田 亮,土屋淳弘,中村 洋,伊藤 裕:脳活動から痛みを客観的に評価する—機械的近赤外分光法による検討-.第29回日本歯科人間工学会研究発表会(名古屋 2013.11.23)
40. 佐久間重光,稲本京子,永田鎮也,樋口直也,大塚文与,服部豪之,原田 亮,中田和彦,中村 洋,伊藤 裕:心電図電位変動から痛みを客観的に評価する—偽痛み刺激による反応について-.第29回日本歯科人間工学会研究発表会(名古屋 2013.11.23)
41. 山口秀幸,尾関伸明,檜山太希,川合里絵,田中 毅,中田和彦,中村 洋:炎症性サイトカイン誘導Stromelysin-1はラット歯髄由来線維芽細胞において細胞増殖と抗アポトーシス作用を制御する.第83回愛知学院大学歯学会学術大会(名古屋 2013.12.1)
42. 中村 洋:日常臨床のプレシジョン向上を目指す歯内療法.第44回一般社団法人国際歯科学士(ICD)日本部会冬期学会(東京 2013.12.7)
このページのトップへ
平成24年(2012年)
【著書】
1. 中村 洋:歯内治療学 第4版(分担).医歯薬出版,2012.
2. 鈴木一吉:歯科領域における情報提供,行動変容の援助をめぐる医療コミュニケーション教育〔岐阜大学医学教育開発研究センター編〕(分担).三恵社,2012.
【総説・論文】
1. 中村 洋,中田和彦,内藤宗孝,今泉一郎,柴田直樹,湯浅秀道,樋口直也,尾関伸明,泉 雅浩,有地榮一郎:歯内療法領域における歯科用CTを用いた画像診断に関するクリニカルパスの構築.日本歯科医学会誌,31:6〜73,2012.
2. 加藤孝明,岡本卓真,伊藤正樹,佐々真由子,松本 侑,山田正弘,新美照幸,松本 享,橋本和桂,横井 共,名和弘幸,藤原琢也,福田 理:歯学部附属病院障害者歯科診療部開設9年における全身麻酔下歯科治療症例の調査.愛知学院大学歯学会誌,50(1):1〜8,2012.
3. 加藤友規,堀場直樹,松本 享,中村 洋:オゾンジェルの歯内治療領域への応用 –殺菌効果および細胞傷害性の検討-.日本歯内療法学会雑誌,33(1):20〜28,2012.
4. 千田晋平,堀場直樹,稲本京子,千田 彰,松本 享,中村 洋:Er:YAGレーザーによる根管内殺菌効果の検討.日本レーザー歯学会誌,23(1):12〜19,2012.
5. Moriguchi, K., Mitamura, Y., Iwami, J., Hasegawa, Y., Higuchi, N., Murakami, Y., Maeda, H., Yoshimura, F., Nakamura, H., Ohno, N.:Energy filtering transmission electron microscopy immunocytochemistry and antigen retrieval of surface layer proteins from Tannerella forsythensis using microwave or autoclave heating with citraconic anhydride. Biotechnic & Histochemistry, 87(8): 485~493, 2012.
6. Yamamoto, M., Wanibe, H., Nakata, K., Tsuruta, S., Kawai, T., Nakamura, H.:Newly development mineral trioxide aggregate containing polyvinyl alcohol. Dental Materials Journal, 31(6): 1014~1020, 2012.
7. Kishi, M., Hasegawa, Y., Nagano, K., Nakamura, H., Murakami, Y., Yoshimura, F.: Identification and characterization of novel glycoproteins involved in growth and biofilm formation by Porphyromonas gingivalis. Molecular Oral Microbiology, 27(6): 458~470, 2012.
8. Murakami, M., Imabayashi, K., Watanabe, A., Takeuchi, N., Ishizaka, R., Iohara, K., Yamamoto, T., Nakamura, H., Nakashima, M.:Identification of Novel Function of Vimentin for Quality Standard for Regenerated Pulp Tissue. Journal of Endodontics, 38(7): 920~926, 2012.
9. Nakamura, A., Wanibe, H., Iwama, A., Kitamura, N., Shibata, N., Nakata, K., Tsuruta, S., Kawai, T., Nakamura, H.:A newly developed sealer containing anatase-type titanium oxide. Aichi Gakuin Dental Science, 25: 17~23, 2012.
10. Eba, H., Murasawa, Y., Iohara, K., Isogai, Z., Nakamura, H., Nakashima, M.:The Anti-Inflammatory Effects of Matrix Metalloproteinase-3 Irreversible Pulpitis of Mature Erupted Teeth. PLoS ONE, 7(12): e2523 1~9, 2012.
このページのトップへ
【学会発表】
1. 山口正孝,中村 洋,高橋 淳:光ファイバーを用いた新しい根管充填法の試み.2012年度日本歯内療法学会中部支部スプリングセミナー(名古屋 2012.3.20)
2. 尾関伸明,中田和彦,川合里絵,折本 愛,北村成孝,今泉一郎,柴田直樹,松本 享,中村 洋:上顎側切歯斜切痕に起因した難治性歯周疾患に対する意図的再植術の応用 -術前診査における歯科用コーンビームCT画像の有用性-.2012年度日本歯内療法学会中部支部スプリングセミナー(名古屋 2012.3.20)
3. 鈴木一吉,堀場直樹,山口正孝,丹羽大介,鰐部春昌,汲田侑子,江場久哲,川村恭代,白川 肇,和田昌子,高須博文,平野文菜,源 弘行,松本 享,中村 洋,落合栄樹,下郷和雄:市民ボランティアによる模擬患者(SP)参加型の医療面接実習.第80回愛知学院大学歯学会学術大会(名古屋 2012.6.3)
4. 中村博幸,江場久哲,中島美砂子:歯髄炎におけるMMP-3の抗炎症,組織再生作用の検討.第44回日本結合組織学会学術大会(東京 2012.6.7)
5. 北村成孝,尾関伸明,川合里絵,今泉一郎,柴田直樹,中村 洋:超音波機器とマイクロスコープを用いた根管内破折ファイル除去の有用性.第33回日本歯内療法学会学術大会(東京 2012.6.17)
6. 折本 愛,鈴木崇弘,上野温子,河合逹志,中村 洋,金森孝雄:ルシフェラーゼレポーターアッセイによるレジンモノマー解毒代謝応答の評価.第136回日本歯科保存学会春季学会(宜野湾市),2012.6.28.
7. 石塚恭子,中田和彦,柴田直樹,今泉一郎,中村 洋,内藤宗孝,有地榮一郎:歯科用コーンビームCT画像診断に苦慮した難治性根尖性歯周炎の一症例:下顎骨隆起の影響. 第136回日本歯科保存学会春季学会(宜野湾市 2012.6.29)
8. 竹内教雄,中村 洋,堀部宏茂,村上真史,庵原耕一郎,中島美砂子:新規幹細胞分取法を用いたイヌ歯髄幹細胞の特徴化.第136回日本歯科保存学会春季学会(宜野湾市 2012.6.29)
9. 庵原耕一郎,石坂 亮,林 勇樹,堀部宏茂,竹内教雄,宮下俊郎,中島美砂子:イヌ抜髄モデルにおける歯髄幹細胞を用いた歯髄再生治療法の有効性試験.第136回日本歯科保存学会春季学会(宜野湾市 2012.6.29)
10. 村上真史,堀部宏茂,庵原耕一郎,石坂 亮,林 勇樹,竹内教雄,栗田賢一,中村 洋,中島美砂子:新規幹細胞分取法を用いたヒト歯髄幹細胞の特徴化と歯髄再性能.第136回日本歯科保存学会春季学会(宜野湾市 2012.6.29)
11. 堀部宏茂,庵原耕一郎,村上真史,竹内教雄,石坂 亮,林 勇樹,栗田賢一,中島美砂子:中高齢イヌにおける自家歯髄幹細胞移植による抜髄後歯髄再生.第136回日本歯科保存学会春季学会(宜野湾市 2012.6.29)
12. 林 勇樹,石坂 亮,庵原耕一郎,村上真史,中村 洋,福田 理,中島美砂子:ブタ歯髄・骨髄・脂肪CD31-SP細胞異所性移植による再生歯髄組織の解析および歯髄再生に及ぼす根管内微小環境の影響.第136回日本歯科保存学会春季学会(宜野湾市 2012.6.29)
13. 山本 翼,庵原耕一郎,林 勇樹,武井佳史,堀部宏茂,大迫洋平,栗田賢一,中村 洋,中島美砂子:ヒト歯髄幹細胞の安全性試験.第136回日本歯科保存学会春季学会(宜野湾市 2012.6.29)
14. 松本 享:感染根管治療 –良好な治療経過を求めて-.歯学部同窓会静岡県支部学術講演会(浜松 2012.7.1)
15. 鈴木一吉,福田光男,林潤一郎,野口俊英,水野辰哉,渥美信子,橋本和佳,落合栄樹,不破祐司,河合利浩:愛知学院大学歯学部における医療コミュニケーションの基礎教育 -3年生授業科目「歯科医師の基本的態度」-.第31回日本歯科医学教育学会学術大会(第3回フォローアップ・セッション,ファシリテータ養成セミナー受講者並びに医療コミュニケーション教育担当者情報交換・交流会)(岡山 2012.7.19)
16. Yoshida, T., Suzuki, K., Oishi, M., Ogawa, T., Mataki, S., Kasai, K.:Seminar on the communication training implementation for faculties in dental educational institutions. Association for Medical Education in Europe (AMEE) 2012 (Lyon 2012.8.28)
17. Suzuki, K., Konoo, T., Ito, T., Chiba, I., Yoshida, T., Ogawa, T., Ohishi, M., Tsuruta, J., Aoki, S., Mataki, S., Kasai, K.:Follow-up session for participants of a seminar on the implementation of a communication training for faculty members in dental educational institutions. 38th Association for Dental Education in Europe (ADEE) Annual Meetng (Lyon 2012.8.30)
18. Sakuma, S., Nakata, K., Inamoto, K., Ariji, Y., Ando, K., Hattori, H., Harata, R., Mori, T., Nagata S., Ariji E., Nakamura H., Ito Y.:Objective evaluation of periodontal pain intensivity by wavelet analysis of ECG potential fluctuations (1st report):Analysis method. 第14回国際疼痛学会(14th World Congress on Pain)(Milan 2012.8.30)
19. Inamoto, K., Nakata, K., Sakuma, S., Nagata, S., Ito, Y., Murray, G.M., Nakamura, H.: Objective evaluation of periodontal pain intensity by wavelet analysis of ECG potential fluctuations (2nd report):Responsefrom incisors and molars. 第14回国際疼痛学会(14th World Congress on Pain)(Milan 2012.8.30)
20. 中村 洋:「シンポジウム」歯髄再生の最前線 ナノバブルを使用した根管内消毒.第10回日本再生歯科医学会学術大会(神戸 2012.9.2)
21. 尾関伸明,山口秀幸,川合里絵,中村 洋:歯髄脱細胞化マトリックスを用いたiPS細胞とES細胞の象牙質分化能.第10回日本再生歯科医学会学術大会(神戸 2012.9.2)
22. 川合里絵,尾関伸明,山口秀幸,中村 洋:歯髄脱細胞化マトリックスを用いたヒト骨格筋幹細胞の象牙質分化能.第10回日本再生歯科医学会学術大会(神戸 2012.9.2)
23. 鈴木一吉,松本 享,中村 洋:歯内療法を成功に導くもうひとつの要素 〜エンドポイントを満足させるコミュニケーション術〜.第8回日本歯内療法学会学術大会中部支部総会(名古屋 2012.9.30)
24. 石塚恭子,中田和彦,柴田直樹,今泉一郎,中村 洋,内藤宗孝:歯科用コーンビームCT画像診断に苦慮した難治性根尖性歯周炎の一症例:下顎骨隆起の影響.第8回日本歯内療法学会学術大会中部支部総会(名古屋 2012.9.30)
25. 堀部森崇,岡本卓真,加藤孝明,松本 侑,富家麻美,有川智子,野村佳世,山田正弘,松本 享,橋本和佳,新美照幸,横井 共,樋田真由,藤原琢也,名和弘幸,福田 理:愛知学院大学歯学部附属病院障害者歯科診療部における歯科治療恐怖症患者の実態調査. 第29回日本障害者歯科学会学術大会(札幌 2012.9.30)
26. 中田和彦,今泉一郎,柴田直樹,尾関伸明,樋口直也,中村 洋,内藤宗孝,泉 雅浩,有地榮一郎,湯浅秀道:歯内療法領域における歯科用CTを用いた画像診断に関するクリニカルパスの構築.第22回日本歯科医学会総会(大阪 2012.11.10)
27. 尾関伸明,折本 愛,川合里絵,庵原耕一郎,中島美砂子,田中 毅,中田和彦,中村 洋:炎症性サイトカイン誘導MMP-3による象牙質・歯髄複合体の再生メカニズム.第22回日本歯科医学会総会(大阪 2012.11.10)
28. 川合里絵,尾関伸明,田中 毅,折本 愛,山口秀幸,中田和彦,中村 洋:骨格筋幹細胞,ES細胞とiPS細胞を用いた象牙芽細胞分化誘導法の確立.第22回日本歯科医学会総会(大阪 2012.11.10)
29. 佐久間重光,中田和彦,大塚文与,稲本京子,安藤清文,服部豪之,原田 亮,森 隆司,矢島孝浩,中村 洋,伊藤 裕:心電図電位変動のウェーブレット解析による痛みの新しい評価法.第22回日本歯科医学会総会(大阪 2012.11.10)
30. 尾関伸明,山口秀幸,川合里絵,中田和彦,中村 洋:万能性幹細胞の象牙芽細胞分化における歯髄脱細胞化マトリックスの役割.第137回日本歯科保存学会秋季学会(広島 2012.11.22)
31. 稲本京子,中田和彦,佐久間重光,永田鎮也,伊藤 裕,中村 洋:心電図電位変動のウェーブレット解析による痛みの客観的評価 第二報 歯種の違いによる検討.第137回日本歯科保存学会秋季学会(広島 2012.11.22)
32. 竹内教雄,中村 洋,堀部宏茂,石坂 亮,村上真史,庵原耕一郎,中島美砂子:歯髄再生治療法に用いる最適な遊走因子の検討.第137回日本歯科保存学会秋季学会(広島 2012.11.22)
33. 林 勇輝,石坂 亮,庵原耕一郎,村上真史,中島美砂子,中村 洋,福田 理:歯髄・骨髄・脂肪由来幹細胞の培養上清移植による歯髄再生.第137回日本歯科保存学会秋季学会(広島 2012.11.22)
34. 折本 愛,鈴木崇弘,上野温子,河合逹志,中村 洋,金森孝雄:レジンモノマーの解毒酵素遺伝子発現誘導能の解析.第81回愛知学院大学歯学会学術大会(名古屋 2012.12.2)
35. 加藤彰子,樋口直也,中田和彦,内藤宗孝,河合達志,有地榮一郎,中村 洋,大野紀和:歯内療法領域における術前シミュレーションへの3次元造形模型の可能性.第81回愛知学院大学歯学会学術大会(名古屋 2012.12.2)
36. 尾関伸明,茂木眞希雄,中村 洋:iPS細胞とES細胞における炎症性サイトカイン誘導 MMP-3 の役割.第85回日本生化学会大会(福岡 2012.12.16)
このページのトップへ
平成23年(2011年)
【著書】
1. 中村 洋:ENDOで臨床を大きく変えよう(分担;歯内療法学会編).クンテッセンス出版,2011.
【総説・論文】
1. Iohara, K., Imabayashi, K., Ishizaka, R., Watanabe, A., Nabekur,a J., Ito, M., Matsushita, K., Nakamura, H., Nakashima, M.:Complate pulp regeneration after pulpectomy by transplantation of CD105+ stem cells with stromal cell-derived factor-1. Tissue Engineering Part A, 17(15-16):1911~1920, 2011.
2. Niwa, D., Nishikawa, K., Nakamura, H.:A hybird two-component system of Tannerella forsythia affects autoaggregationand post-translational modification of surface proteins.FEMS Microbiology Letters, 318(2011): 189~196, 2011.
3. Wanibe, H., Yamamoto, M., Nakata, K., Kawai, T., Nakamura, H.:Selected physical properties of a PEMA-based resin for possible use in a root canal filling material.Dental Materials Journal, 30(1): 52~57, 2011.
4. Matsui, H., Yamasaki, M., Nakata, K., Amano, K., Nakamura, H.:Expression of MMP-8 and MMP-13 in the development of periladicular leasions.International Endodontic Journal, 44(8): 739~745, 2011.
5. 稲本京子,柴田直樹,樋口直也,中田和彦,中村 洋:穿孔部封鎖処置における歯科用コーンビームCTとマイクロスコープの応用.日本歯内療法学会雑誌, 32(3):154〜161, 2011.
6. 山﨑雅弘:歯髄および根尖部歯周組織の炎症過程におけるMMPsの役割.日本歯科保存学雑誌, 54(6):365〜367,2011.
7. 江場久哲,庵原耕一郎,立花克郎,鈴木一吉,堀場直樹,中村 洋,中島美砂子:超音波とナノバブルを用いた薬剤導入による新しい根管内無菌化法の開発.日本歯科保存学雑誌, 54(6):432〜441,2011.
このページのトップへ
【学会発表】
1. 中田和彦:「特別講演」 歯内療法領域における歯科用CTを用いた画像診断に関するクリニカルパスの構築.2011年度日本歯内療法学会中部支部スプリングセミナー(名古屋2011.3.21)
2. 鈴木一吉:クレーマー,モンスターにしないために -医療コミュニケーション入門-.歯学会四日市地区学会(四日市 2011.4.24)
3. 佐久間重光,中田和彦,大塚文与,稲本京子,永田鎮也,安藤清文,池田大恵,服部豪之,田部 修,竹内康人,藤原道夫,森 隆司,中村 洋,伊藤 裕:ECG電位変動のウェーブレット解析による痛みの客観的評価.第120回日本補綴歯科学会学術大会(広島 2011.5.21)
4. 山口正孝:日常のエンドの戦略.歯学部同窓会東濃支部学術講演会(可児市 2011.5.29)
5. 尾関伸明,折本 愛,川合里絵,田中 毅,中田和彦,中村 洋:歯髄細胞と万能性幹細胞における炎症性サイトカイン誘導MMP-3の役割.第78回愛知学院大学歯学会学術大会(名古屋 2011.6.5)
6. 尾関伸明,折本 愛,川合里絵,田中 毅,庵原耕一郎,中島美砂子,中田和彦,中村 洋:万能性幹細胞と歯髄細胞における炎症性サイトカイン誘導MMP-3の役割.第134回日本歯科保存学会春季学術大会(千葉県浦安市 2011.6.9)
7. 江場久哲,中島美砂子,耕原耕一郎,中田和彦,堀場直樹,立花克郎,中村 洋:超音波とナノバブルを用いた薬剤導入による根管内無菌化.第134回日本歯科保存学会春季学術大会(千葉県浦安市 2011.6.9)
8. 石坂 亮,福田 理,庵原耕一郎,古賀 豪,中島美砂子,中村 洋:ブタ歯髄・骨髄・脂肪CD31-SP細胞の歯髄再生能の比較.第134回日本歯科保存学会春季学術大会(千葉県浦安市 2011.6.9)
9. 今林貴代美,庵原耕一郎,中島美砂子,渡邉 淳,石坂 亮,中村 洋:歯髄組織再生におけるvimentinの作用.第134回日本歯科保存学会春季学術大会(千葉県浦安市 2011.6.9)
10. 川合里絵,尾関伸明,田中 毅,折本 愛,中田和彦,中村 洋:コラーゲン三次元足場とBMP-4を用いたマウスiPS細胞とES細胞の比較.第134回日本歯科保存学会春季学術大会(千葉県浦安市 2011.6.10)
11. 鈴木一吉,吉田登志子,大石美佳,青木伸一郎,木尾哲朗,千葉逸朗,伊藤孝訓,小川哲次,俣木志朗,葛西一貴:医療コミュニケーション・ファシリテータ養成セミナー受講者のためのフォローアップセッションについて.第30回日本歯科医学教育学会学術大会(東京 2011.7.16)
12. 吉田登志子,鈴木一吉,大石美佳,木尾哲朗,千葉逸朗,伊藤孝訓,小川哲次,俣木志朗,葛西一貴:医療コミュニケーション・ファシリテータ養成セミナー(日本歯科医学教育学会,教育能力開発委員会主催)について.第30回日本歯科医学教育学会学術大会(東京 2011.7.16)
13. 中田和彦,今泉一郎,樋口直也,尾関伸明,柴田直樹,稲本京子,中村 洋:歯内療法領域における歯科用CTを用いた画像診断に関するクリニカルパスの構築.第32回日本歯内療法学会学術大会,第9回日韓合同シ歯内療法学会(長崎 2011.7.30)
14. 加藤友規,堀場直樹,松本 亨,中村 洋:オゾンジェルの歯内治療領域への応用 -殺菌効果および細胞傷害性の検討-.第32回日本歯内療法学会学術大会 The 9th KAE-JEA Joint Meeting(長崎 2011.7.30)
15. 西谷佳浩,星加知宏,山本光徳,鰐部春昌,中田和彦,中村 洋,吉山昌宏:EDTA処理が根管象牙質のマトリックス分解活性に及ぼす影響.第32回日本歯内療法学会学術大会,第9回日韓合同シ歯内療法学会(長崎 2011.7.31)
16. Inamoto, K., Nakata, K., Nakamura, H., Sakuma, S., Hattori, H., Ito, Y., Ariji, Y., Ariji, E.:Near-infrared spectroscopy study of brain activity in swallowing.45th Meeting of the Continental European Division of the International Association for Dental Research (CED-IADR) with the Scandinavian Division (Budapest 2011. 9. 1)
17. Sakuma, S., Hattori, H., Morita, I., Inamoto, K., Ariji, Y., Nakata, K., Ando, K., Mori, T., Ariji, E., Nakamura, H., Nakagaki, H., Ito, Y.:Infuence of fowared head tilt on multichannel near-infrared spectroscopy measurement.45th Meeting of the Continental European Division of the International Association for Dental Research (CED-IADR) with the Scandinavian Division (Budapest 2011. 9. 1)
18. Hattori, H., Sakuma, S., Morita, I., Ariji, Y., Inamoto, K., Nakata, K., Ando, K., Mori, T., Nakagaki, H., Ariji, E., Nakamura, H., Ito, Y.:Influence of lateral head tilt on multichannel near-infrared spectroscopymeasurement.45th Meeting of the Continental European Division of the International Association for Dental Research (CED-IADR) with the Scandinavian Division (Budapest 2011. 9. 1)
19. Nakamura, H.:Challenges in regenerative endodontics.5th Conference of Asian International Association of Dental Traumatology(Nagoya 2011.9.4)
20. 尾関伸明,折本 愛,川合里絵,田中 毅,中田和彦,中村 洋:iPS細胞とES細胞における炎症性サイトカイン誘導MMP-3の役割.第9回日本再生歯科医学会学術大会(大阪 2011.9.10)
21. 柴田直樹,稲本京子,北村成孝,今泉一郎,中田和彦,中村 洋:原因の特定に苦慮した非歯原性歯痛の1症例.第7回日本歯内療法学会中部支部会(名古屋 2011.9.18)
22. 尾関伸明,川合里絵,田中 毅,折本 愛,中田和彦,中村 洋:マウス骨芽細胞様細胞における炎症性サイトカイン誘導ADAM28は骨吸収因子MMP-13の発現を制御する.第135回日本歯科保存学会秋季学術大会(大阪 2011.10.20)
23. 田中 毅,尾関 伸明,川合 里絵,今泉 一郎,山崎 雅弘,中村 洋:ラット根尖病変におけるADAM-8とADAM-17の役割.第135回日本歯科保存学会秋季学術大会(大阪 2011.10.20)
24. 堀部宏茂,庵原耕一郎,村上真史,中島美砂子,竹内教雄,石坂 亮,栗田賢一:ヒト歯髄幹細胞の特徴化の中高齢者・若年者による比較検討.第135回日本歯科保存学会秋季学術大会(大阪 2011.10.20)
25. 石坂 亮,庵原耕一郎,村上真史,中島美砂子,中村 洋,福田 理:イヌ歯髄・骨髄・脂肪CD31-SP細胞の抜髄後根管内移植による歯髄再生能比較.第135回日本歯科保存学会秋季学術大会(大阪 2011.10.21)
26. 堀場直樹:「特別講演」オゾンジェル -歯内治療への応用は可能か-.第1回オゾン医療研究会(東京 2011.11.6)
27. 江場久哲,鈴木一吉,堀場直樹,中村 洋,庵原耕一郎,中島美砂子,立花克郎:新しい根管内無菌化法の開発.第10回日本超音波治療研究会(東京 2011.11.26)
28. 今泉一郎,北村成孝,柴田直樹,中田和彦,中村 洋:外傷による歯冠歯根破折を伴う埋入歯への対応.第11回日本外傷歯学会学術大会(札幌 2011.11.27)
29. 田中 毅,尾関伸明,川合里絵,今泉一郎,中田和彦,中村 洋:ラット根尖病変成立過程へのADAM-8,ADAM-17の関与.第79回愛知学院大学歯学会学術大会(名古屋 2011.12.4)
30. 荒木厚詞,梶 敬太,清水幹雄,落合栄樹,堀江 卓,古森有里子,中田和彦,山田章三,平井秀明,松村晋吾,土屋智昭,不破祐司,井鍋太郎,泉 雅浩,金澤真悠子,森田一三,荒木章純:下顎第二小臼歯中心結節が起因となった歯根肉牙腫の1例.第79回愛知学院大学歯学会学術大会(名古屋 2011.12.4)
31. 堀部森崇,岡本卓真,加藤孝明,佐々真由子,松本 侑,富家麻美,有川智子,山田正弘,松本 享,橋本和佳,新美照幸,横井 共,名和弘幸,福田 理:障害者歯科診療部における歯科治療恐怖症患者の実態.第79回愛知学院大学歯学会学術大会(名古屋 2011.12.4)
このページのトップへ
平成22年(2010年)
【著書】
1. 中村 洋:第3版 エンドドンティクス(分担;編集主幹).永末書店,2010.
2. 中村 洋:最新衛生士教本(分担;執筆者代表) 歯の硬組織・歯髄疾患 保存修復・歯内療法.医歯薬出版,2010.
【総説・論文】
1. 中村 洋:歯髄由来の間葉系幹細胞による組織再生.日本歯内療法学会雑誌,31(3) : 155〜163,2010.
2. Kawase, N., Kishi, J., Nakamura, H., Hayakawa, T.:Collagenolytic activity in sonic extracts of Tannerella forsythia. Archives Oral Biology, 55: 545~549, 2010.
3. Kawase, N., Nakata, K., Yamashita, K., Nakamura, H., Hayakawa, T.:Interleukin-1β stimulates the expression of intercellular adhesion molecule-1 (ICAM-1) on human dental pulp cells. Aichi Gakuin Dental Science, 23: 9~14, 2010.
4. 樋口直也,中田和彦,稲本京子,中村 洋:コーンビームCTとマイクロスコープを使用した歯内療法.日本歯内療法学会雑誌,31(3) :220〜228,2010.
5. 盛口敬一, 長谷川義明, 樋口直也, 村上幸孝, 吉村文信, 中村 洋, 大野紀和:Tannerella forsythensis の表層蛋白質に関する免疫EF-TEMによる窒素観察における凍結置換法,化学固定法の比較.医学生物学電子顕微鏡技術学会誌, 24(2): 67〜69, 2010.
6. 岸美和子,長谷川義明,村上幸孝,中村 洋,吉村文信:Porphyromonas gingivalisの糖タンパク質の同定とそれらの欠失による自己凝集能の検討.Bacterial Adherence & Biofilm,24: 57〜63,2010.
このページのトップへ
【学会発表】
1. 盛口敬一, 長谷川義明, 樋口直也, 村上幸孝, 吉村文信, 中村 洋, 大野紀和:Tannerella forsythensisの表層蛋白質に関する免疫EF-TEMによる窒素観察における凍結置換法,化学固定法の比較.第26回医学生物学電子顕微鏡技術学会学術講演会(別府 2010.5.15)
2. 鈴木一吉,中村 洋:愛知学院大学歯学部4年生における初診医療面接実習.第23回日本口腔診断学会学術大会(松戸 2010.5.30)
3. 今林貴代美,庵原耕一郎,松下健二,中島美砂子,石坂 亮,江場久哲,中村 洋:歯髄幹細胞を用いた抜髄後歯髄再生のタンパク科学的解析による証明.第132回日本歯科保存学会春季学会(熊本 2010.6.4)
4. 岸 美和子,中村 洋:Porphyromonas gingivalisの糖タンパク質の検出と同定.第132回日本歯科保存学会春季学会(熊本 2010.6.4)
5. 江場久哲,中田和彦,中村 洋,中島美砂子,庵原耕一郎,松下健二:MMP-3はイヌ一部性歯髄炎モデルにおいて歯髄治癒を促進する.第132回日本歯科保存学会春季学会(熊本 2010.6.4)
6. 稲本京子,中田和彦,折本 愛,川合里絵,田中 毅,千田晋平,山本光徳,中村 洋,佐久間重光,伊藤 裕,清水幹雄,栗田賢一,永田鎮也:心電図電位変動のウェーブレット解析を用いた保存領域における痛みの客観的評価 第一報 心電図を応用した痛みモニタの概要について.第132回日本歯科保存学会春季学会(熊本 2010.6.4)
7. 庵原耕一郎,今林貴代美,松下健二,中島美砂子,石坂 亮,江場久哲,中村 洋:歯髄CD105陽性細胞を用いた抜髄後歯髄再生法の確立.第132回日本歯科保存学会春季学会(熊本 2010.6.5)
8. 石坂 亮,庵原耕一郎,松下健二,中島美砂子,福田 理,中村 洋:ブタ歯髄・骨髄・脂肪CD31-SP細胞の血管新生能の比較.第132回日本歯科保存学会春季学会(熊本 2010.6.5)
9. 山本光徳,渡邊泰三,鰐部春昌,中田和彦,中村 洋,鶴田昌三,河合達志:Polyvinyl Alcohol添加Mineral Trioxide Aggregateの操作性に関する基礎研究.第132回日本歯科保存学会春季学会(熊本 2010.6.5)
10. 松本 侑,加藤孝明,伊藤正樹,山田正弘,岡本卓真,佐々真由子,松本 享,橋本和佳,新美照幸,横井 共,福田 理:障害者歯科診療部における多目的診療室での歯科治療症例の実態調査.第76回愛知学院大学歯学会学術大会(名古屋 2010.6.6)
11. 川合里絵,田中 毅,尾関伸明,樋口直也,中村 洋:マウスES細胞の象牙質分化能の検討.第76回愛知学院大学歯学会学術大会(名古屋 2010.6.6)
12. 岸 美和子,中村 洋,長谷川義明,吉村文信,村上幸孝:Porphyromonas gingivalisの糖蛋白質の同定とそれらの欠失による自己凝集能の検討.第24回Bacterial Adherence & Biofilm学術集会(東京 2010.7.9)
13. 山本光徳:Polyvinyl Alcohol添加Mineral Trioxide Aggregateの操作性に関する基礎研究.大学院研究発表会(名古屋 2010.7.14)
14. Nakata, K., Inamoto, K., Wanibe, H.,Yamamoto, M., Watanabe, T., Ozeki, N., Nakamura, H., Kawai, T., Hoshika, T., Takahashi, K., Nishitani, Y., Yoshiyama, M.:Newly developed adhesive endodontic material containing MTA and MMA-based resin. 88th General Session, International Association for Dental Research (Barcelona 2010. 7. 15)
15. Takimoto, K., Kawashima, N., Nakashima, M., Nakamura, H., Koizumi, Y., Suda, H.:Effects of MMP-3 on inflammatory mediator synthesis from macrophages. 88th General Session, International Association for Dental Research (Barcelona 2010. 7. 16)
16. Ozeki, N., Kawai, R.,Ishizuka, K., Nakata, K., Nakamura, H.:Odontogenic potential of α7 integrin-positive human skeletal muscle stem cells. 88th General Session, International Association for Dental Research (Barcelona 2010. 7. 17)
17. 千田晋平,稲本京子,堀場直樹,中村 洋,千田 彰:Er:YAGレーザーによる根管内殺菌効果.第31回日本歯内療法学会学術大会,関東甲信越静支部会(東京 2010.7.24)
18. 中田和彦,中村 洋,内藤宗孝,泉 雅浩,有地榮一郎,柴田直樹,今泉一郎,樋口直也,尾関伸明,湯浅秀道:「シンポジウム」歯内療法領域における歯科用CTを用いた画像診断に関するクリニカルパスの構築.「歯科診療における歯科用コーンビームCTの基礎的・臨床的研究」に関わるシンポジウム(東京 2010.8.28)
19. 山本光徳,渡邊泰三,鰐部春昌,中田和彦,中村 洋,鶴田昌三,河合達志:Polyvinyl Alcohol添加Mineral Trioxide Aggregateの操作性に関する基礎研究.第6回日本歯内療法学会中部支部総会(金沢 2010.9.19)
20. 田中 毅,松井寛敬,尾関伸明,今泉一郎,中田和彦,中村 洋:ラット根尖病変の成立過程におけるプロテアーゼ発現.第6回日本歯内療法学会中部支部総会(金沢 2010.9.19)
21. 岸 美和子:Porphyromonas gingivalisの糖タンパク質に関する研究.大学院研究発表会(名古屋 2010.9.29)
22. Nakamura, H., Eba, H., Nakata, K., Iohara, K., Matsushita, K., Nakashima, M.:MMP-3 accelerates dental pulp healing in partial pulpitis model in the dog. 8th General Session, International Federation of Endodontic Association (Athens 2010. 10. 7)
23. 千田晋平:Er:YAGレーザーの歯内治療への応用 –根管内細菌およびLPSに対する影響-.大学院研究発表会(名古屋 2010.10.13)
24. 千田晋平,稲本京子,堀場直樹,中村 洋,千田 彰:Er:YAGレーザーの歯内治療への応用 –根管内細菌およびLPSに対する影響-.第133回日本歯科保存学会秋季学会(岐阜 2010.10.28)
25. 田中 毅,川合里絵,松井寛敬,天野一晴,尾関伸明,今泉一郎,中田和彦,中村 洋:ラット根尖病変の成立過程におけるメタロプロテアーゼの発現.第133回日本歯科保存学会秋季学会(岐阜 2010.10.29)
26. 鈴木一吉,尾関伸明,石塚恭子,服部文美,丹羽大介,松井寛敬,山本光徳,白川 肇,和田昌子,川村恭代,近藤真由,小松孝史,中村 洋:臨床実習前の医療コミュニケーション教育–再診時の医療面接と治療後の説明-.第13回日本コミュニケーション学会中国四国支部大会,第5回医療コミュニケーション教育研究セミナー(広島 2010.11.14)
27. Inamoto, K., Nakata, K., Orimoto, A., Kawai, R., Nakamura, H., Sakuma, S., Otsuka, F., Ito, Y., Shimizu, M., Kurita, K., Morita, I., Nakagaki, H., Nagata, S.:New method for pain evaluation: 2nd report, correlation with VAS. 第58回国際歯科研究学会日本支部(JADR)学術大会(北九州 2010.11.21)
28. 岸 美和子,中村 洋,長谷川義明,吉村文信,村上行孝:Porphyromonas gingivalisの糖タンパク質の同定 –欠失株を用いたバイオフィルム形成能および酸化ストレス抵抗性の検討-.第77回愛知学院大学歯学会学術大会(名古屋 2010.12.5)
このページのトップへ
平成21年(2009年)
【総説・論文】
1. Inamoto, K., Horiba, N., Senda, S., Naitoh, M., Ariji, E., Senda, A., Nakamura, H.:Possibility of root canal preparation by Er:YAG laser. Oral Surgery, Oral Medicine, Oral Pathology, Oral Radiology and Endodontics, 107: e47~e55, 2009.
2. Tsuji, M., Yamasaki, M., Amano, K., Matsui, H., Morimoto, T., Nakamura, H.:Histrochemical localization of neutral proteases released during development of rat periradicular lesion. Archives Oral Biology, 54: 1128~1135, 2009.
3. Nakata, K., Naitoh, M., Izumi, M., Ariji, E., Nakamura, H.:Evaluation of Correspondence of Dental Computed Tomography Imaging to Anatomic Observation of External Root Resorption. Journal of Endodontics, 35(11): 1594~1597, 2009.
4. Itoh, T., Nakamura, H.:The activation of matrix metalloproteinases by a whole-cell extract from Prevotella nigrescens. Journal of Endodontics, 35(1): 55~59, 2009.
5. Sato, Y., Kishi, J., Suzuki, K., Nakamura, H., Hayakawa, T.:Sonic extracts from a bacterium related to periapical disease activate gelatinase A and inactivate tissue inhibitor of metalloproteinases TIMP-1 and TIMP-2. International Endodontic Journal, 42(12): 1104~1111, 2009.
6. Iohara, K., Zheng, L., Ito, M., Ishizaka, R., Nakamura, H., Into, T., Matsushita, K., Nakashima, M.:Regeneration of dental pulp after pulpotomy by transplantation of CD31(-)/CD146(-) side population cells from a canine tooth. Regenerative Medicine, 4(3): 377~385, 2009.
7. Zheng, L., Amano, K., Iohara, K., Ito, M., Imabayashi, K., Into, T., Matsushita, K., Nakamura, H., Nakashima, M.:Matrix metalloproteinase-3 accelerates wound healing following dental pulp injury. American Journal of Pathology, 175(5): 1905~1914, 2009.
8. Hasegawa, Y., Iwami, J., Sato, K., Yoonsuk, P., Nishikawa, K., Atsumi, T., Moriguchi, K., Murakami, Y., Richchard, JL., Nakamura, H., Ohno, N., Yoshimura, F.:Anchoring and length regulation of Porphyromonas gingivalis Mfa1 fimbriae by the downstream gene product Mfa2. Microbiology, 155: 3333~3347, 2009.
9. 尾関伸明,川合里絵,田中 毅,石塚恭子,中田和彦,中村 洋:α7 integrin陽性ヒト骨格筋幹細胞の象牙質分化能.日本歯科保存学雑誌,52(4):319〜329,2009.
10. 今泉一郎,中田和彦,辻 雅仁,中村 洋:歯科用CTとマイクロスコープで対応した歯根切除術の1症例.日本歯内療法学会雑誌,30(3):158〜164,2009.
このページのトップへ
【学会発表】
1. Hasegawa, Y., Iwami, J., Morigutchi, K., Murakami, Y., Ohno, N., Nakamura, H., Lamont, R., Yoshimura, F.:Role of mfa2 in Porphyromonas gingivalis Mfa1 fimbriae. 87th General Session, International Association for Dental Research (Miami 2009. 4. 3)
2. Zheng, L., Amano, K., Iohara, K., Ito, M., Matsushita, K., Nakamura, H., Papagerakis, P., Nakashima, M.:Matrix Metalloproteinase 3 Accelerates Wound Healing Following Dental Pulp Injury. 87th General Session, International Association for Dental Research (Miami 2009. 4. 4)
3. 樋口直也,中村 洋:マイクロスコープ下で根管内破折器具を除去した症例.第6回日本顕微鏡歯科学会(名古屋 2009. 4. 19)
4. Nakata, K., Imaizumi, I., Higuchi, N., Wanibe, H., Watanabe, T., Inamoto, K., Shibata, N., Nakamura, H.:Evaluation of Correspondence of Dental Computed Tomography Imaging to Anatomical Observation of External Root Resorption. 第30回日本歯内療法学会学術大会,第15回アジア太平洋歯内療法学会,第7回日韓合同歯内療法学会(東京 20099.4.25)
5. Wanibe, H., Watanabe, T., Yamamoto, M., Nakata, K., Nakamura, H., Kawai, T., Hoshika, T., Hong, L., Nishitani, Y., Yoshiyama, M.:Analysis of deposits on mineral trioxide aggregates in simulated body fluid. 第30回日本歯内療法学会学術大会,第15回アジア太平洋歯内療法学会,第7回日韓合同歯内療法学会(東京 20099.4.25)
6. 樋口直也,中田和彦,中村 洋:歯内治療において歯科用CTとマイクロスコープが有用であった1症例.第74回愛知学院大学歯学会学術大会(名古屋 2009.6.14)
7. 鈴木一吉,松本 享,中村 洋,河合達志,前田初彦,野口俊英:歯内治療学におけるアーカイブズ連携型自立学習支援システムの開発.第130回日本歯科保存学会春季学会(札幌 2009.6.11)
8. 樋口直也,中田和彦,中村 洋:歯内療法における歯科用CTとマイクロスコープの有用性:症例報告.第130回日本歯科保存学会春季学会(札幌 2009.6.11)
9. 石塚恭子,中村 洋,戸苅彰史:破骨細胞形成に及ぼすニューロペプチドの影響.第130回日本歯科保存学会春季学会(札幌 2009.6.11)
10. 今泉一郎,田中 毅,松井寛敬,辻 雅仁,中田和彦,中村 洋:矯正的挺出を利用した意図的再植の症例.第130回日本歯科保存学会春季学会(札幌 2009.6.12)
11. 鈴木一吉,中村 洋:愛知学院大学歯学部4年生における医療面接実習.総合歯科医療に関する学術研究セミナー2009(千葉 2009.7.19)
12. 渡邊泰三,鰐部春昌,山本光徳,中田和彦,中村 洋,星加知宏,西谷佳浩,吉山昌宏,河合達志:Mineral Trioxide Aggregates (MTA) 含有接着性根管充填用シーラーの開発.第54回日本歯科理工学会学術講演会(鹿児島 2009.10.2)
13. 西谷佳浩,星加知宏,森本紗也子,渡邊泰三,鰐部春昌,山本光徳,中田和彦,高橋 圭,河合達志,中村 洋,吉山昌宏:硬組織誘導能を有する接着性根管充填用シーラーの開発.第54回日本歯科理工学会学術講演会(鹿児島 2009.10.2)
14. 今泉一郎:外傷歯に対する保存学的アプローチ.第9回日本外傷歯学会学術大会(東京 2009.10.3)
15. 今泉一郎:歯の長期保存のための矯正的挺出.第5回日本歯内療法学会中部支部会学術大会(岐阜 2009.10.18)
16. 川合里絵,田中 毅,尾関伸明,樋口直也,中村 洋:マウスES細胞の象牙質分化におけるEMMPRINとMMP-20の役割.第131回日本歯科保存学会秋季学会(仙台 2009.10.29)
17. 千田晋平,稲本京子,堀場直樹,中村 洋,千田 彰:Er: YAGレーザーの根管処置への応用 —殺菌効果の検討−.第131回日本歯科保存学会秋季学会(仙台 2009.10.29)
18. 鈴木一吉,松本 享,中村 洋,阿部 厚,横井 共,栗田賢一:愛知学院大学歯学部におけるPBLの導入(第7報)〜学生の自己評価シートについて〜.第28回歯科医学教育学会学術大会(広島 2009.11.6)
19. 友田篤臣,近藤信太郎,鈴木一吉,中村 洋,花村 肇,千田 彰,野口俊英:臨床実習後の統合講義「頭頸部の基本構造」について. 第28回歯科医学教育学会学術大会(広島 2009.11.6)
20. 近藤信太郎,鈴木一吉,久保勝俊,友田篤臣,荒木章純,服部正巳,野口俊英:愛知学院大学歯学部における臨床教育の検討 –臨床研修医へのアンケート結果-.第28回歯科医学教育学会学術大会(広島 2009.11.6)
21. 尾関伸明,川合里絵,田中 毅,石塚恭子,中田和彦,中村 洋:α7 integrin陽性ヒト骨格筋幹細胞の象牙質分化能.第75回愛知学院大学歯学会学術大会(名古屋 2009.12.6)
このページのトップへ
愛知学院大学 歯学部〒464-8650 名古屋市千種区楠元町1-100TEL 052-751-2561(代)

Copyright(C)2011 School of Dentistry,Aichi Gakuin University All Rights Reserved
個人情報保護方針