小児歯科学講座 【末盛4階】
教育/担当科目
 
 
 
教育
小児の歯科治療(講義)
 小児歯科学は,成長発達過程にある小児を対象とする歯科学の一分野であり,小児の口腔領域の形態ならびに機能の発育を基礎に,小児の全身的成長発育と保健に寄与する臨床歯科学である。胎児期から成人に至るまでの口腔領域の健康を維持増進させるために,疾病や異常を予防し治療するとともに,口腔の健康管理を行い,健全な顎口腔機能を育成するための理論と方法を習得することを目的とする。
障害者の歯科治療(講義)
 障害者の身体的、精神的、心理的特徴と社会環境を理解し、障害者の歯科医療を行うために必要な基本的事項について修得する。さらに、障害者の口腔環境、口腔機能、歯科疾患の特異性とその口腔健康管理の方法について理解する。
小児・障害者の歯科治療(実習)
 小児・障害者の歯科治療を行うための基本的な技能、態度、知識を習得することを目的とする。4年生の模型等を用いた全般的な実習から始まり、5,6年生の臨床実習では個々の患児・者の発達に合わせた関わり方を体験・学習し、治療見学や介助だけでなく、実際に簡単な歯科処置を行う。
3-01 3-02
担当科目
4年全学期: 小児の歯科治療(講義)  
4年秋学期: 小児の歯科治療(実習)
4年秋学期: 臨床予備実習
5年春学期: 障害者の歯科治療(講義)
5年春学期: 臨床実習T
5年秋学期: 臨床実習U
6年春学期: 臨床実習U
 
愛知学院大学 歯学部〒464-8650 名古屋市千種区楠元町1-100TEL 052-751-2561(代)

Copyright(C)2011 School of Dentistry,Aichi Gakuin University All Rights Reserved
個人情報保護方針