薬理学講座 【楠元3階】
概要
 
 
概要
 本講座は松本昌世先生が初代教授として昭和38年に開講されました。私は松本先生の後任として、平成8年4月から本講座を主宰しております。私は昭和60年10月に本学に赴任しましたが、大学院時代には福田英臣先生(東京大学名誉教授)に中枢性筋弛緩薬の薬理学的研究を、助手時代には永津俊治先生(名古屋大学名誉教授)にカテコールアミン合成酵素チロシン水酸化酵素の活性制御機構の生化学的解析を、留学時代にはDr. Gordon Guroff(NIH, NICHD)に神経突起形成を担うNGFによるPC12細胞におけるリン酸化についての神経科学的研究をご指導頂きながら、それらの研究に興味深く携わりました。このような研究背景を基に、先代の松本先生の「硬組織の薬理学」を発展させるため、平成8年より「神経系の骨代謝への関わり」についての研究に着手しました。それから既に18年の歳月が流れております。骨と神経の研究を、最新の分子生物学的手法を用いた神経機能および骨代謝の解析と基本的な薬理学である薬物の生体に与える影響の解析を行いながら、また歯科領域における発展・応用を考えながら、研究を推進させています。教育においても、薬物の基礎的な作用機序にとどまらず、生命機構解明という学問の面白さを伝えることを、また、大学院教育においては、歯科医学の発展を目指す意欲、世界第一線の研究者として通用する技術・知識を体得させることを念頭においています。本講座には、宇宙科学的な発想に根ざした研究、電気生理学的な手法を用いた研究、遺伝子欠損マウスを駆使した研究、正統的な薬理学的研究など、それぞれが異なった得意分野を持った講座員で構成されています。骨と神経の関連について、それぞれの持ち味を活かしながら、お互いの成果を異なる視点から議論し、日々研究に取り組んでおります。現在も4名の大学院生がスタッフと共に研究をエンジョイしています。骨と神経の研究に興味のある方は、是非本講座までご連絡ください。
 これからの7年間も、美しいもの、未知なるもの、神秘的なものに目を見張る感性を失わないように、講座員と共に研究をエンジョイしたいと思います。ニュートンの言う“遊子”の様に。“I do not know what I may appear to the world but to myself I seem to have been only like a boy playing on the seashore, and diverting myself in now and then finding a smoother pebble or a prettier shell than ordinary, whilst the great ocean of truth lay all undiscovered before me.”『私は砂浜を散歩する子供のようなものである。 私は時々美しい石ころや貝殻を見つけて喜んでいるけれど真理の大海は私の前に未だ探検されることなく広がっている』。

愛知学院大学 歯学部〒464-8650 名古屋市千種区楠元町1-100TEL 052-751-2561(代)

Copyright(C)2011 School of Dentistry,Aichi Gakuin University All Rights Reserved
個人情報保護方針