愛知学院大学 歯学部
TOP PAGE アクセス MAP
研究活動に係る不正行為の告発等
ハラスメントの防止及び対策に関するガイドライン
AGUD PORTAL SITE
顎口腔外科学講座[末盛3階]
教育
 口腔外科は口腔およびその周辺にみられる外傷、炎症、腫瘍(良性・悪性)、嚢胞、奇形、神経性疾患などを扱う学問で、その内容は多岐にわたり、歯科医療と一般医療との接点にあたる。したがって歯科医学的知識に加えて、広範な医学知識を持たないと理解できない面がある。このためには3年生までの基礎医学(歯学)の講義を十分に活かしておくことが必要である。また、内科学、外科学、のほか関連臨床医学および麻酔学の理解は口腔外科学の理解、臨床に必須のものと考えなければならない。
 口腔外科学は広範にわたるため、顎口腔外科学講座と顎顔面外科学講座で内容を分担している。顎口腔外科学講座は炎症、顎関節疾患、粘膜疾患、外傷および口腔外科と全身に関連する手術学、顎変形症、口腔に関係の深い血液疾患、および口腔外科診断学の講義を担当している。
 講義終了後は顎顔面外科学講座と共通で、臨床予備実習に入る。臨床予備実習では、臨床実習の基本態度と技能を学ぶ。また、感染対策や病歴聴取および抜歯・縫合などの手術の基本手技を習得し、さらに臨床に関与した開連講義を受ける。
 臨床実習は病院の口腔外科初診室、外来診療室、病棟、手術室に分散され、各指導医のもとで予診の聴取、小手術手技の実地臨床、手術の見学、病棟では入院患者の術前術後の管理や処置について学ぶことになる。










I 教育 講  義
1. 口腔外科学各論(嚢胞、口腔腫瘍、外傷、手術学)
2. 口腔外科診断学(顎変形症、顎関節疾患、血液疾患
臨床予備
実習
1. カルテの取り方など
2. 消毒、手術器具の扱い
3. 小手術手技
臨床実習
1. 初診室:予診の聴取と記録
2. 外来診察室:小手術、処置法の見学と臨床実地
3. 手術室:手術見学(手技よりも手術の流れ、手術室の動き)
4. 病棟:入院患者のからだの管理および術後処置、入院カルテの記載など主に見学
5. その他:レポートの提出、口頭試問、筆記試験
II 臨床
1. 外来における診療、各種小手術、顎関節疾患、インプラント、口腔粘膜疾患、顎変形症
2. 手術室:顎関節疾患、裂奇形、顎変形症、外傷、腫瘍などの手術
3. 病棟:全身的管理を必要とする患者、術前・術後患者など
III 研究
1. 顎関節疾患(基礎と臨床)、顎関節症、顎関節脱臼、顎関節強直章
2. 顎変形症の形態学、手術学、機能学、心理学的研究
3. 口腔外科領域におけるレーザーに関する研究(基礎と臨床)
4. 口唇口蓋裂に関する研究
5. インプラントに関する研究
6. 創傷の治癒(軟組織・硬組織)に関する研究
7. 口腔腫瘍に関する基礎的、臨床的研究
8. その他・臨床心理学
詳細サイト  教育・研究に関するより詳しい情報は、こちらの 詳細サイト をご覧ください。
メール
資 格 氏 名  
教授 栗田  賢一
特殊診療科教授 吉田  憲司
准教授 小木 信美
講師 中山 敦史
講師 横井   共
講師 前多 雅仁
助教 渡邉 裕之
助教 谷口 真一
助教 阿知波 基信
助教 片山 良子
助教 井上 博貴
--
愛知学院大学 歯学部〒464-8650 名古屋市千種区楠元町1-100TEL 052-751-2561(代)

Copyright(C)2011 School of Dentistry,Aichi Gakuin University All Rights Reserved
個人情報保護方針