愛知学院大学 歯学部
TOP PAGE アクセス MAP
研究活動に係る不正行為の告発等
ハラスメントの防止及び対策に関するガイドライン
AGUD PORTAL SITE
解剖学講座[楠元4階]
教育  歯や口はからだの一部であり、口腔領域を専門とする歯科医療においても患者の全身の健康状態を把握できていることが必要となります。解剖学は人体の正常構造を理解、探求する学問で、医学・歯学の教育、研究に必須の知識を習得する基礎科目です。本講座は、2年生の「人体構造」、6年生の「頭頸部の基本構造」を担当しています。

「人体の構造」の講義では、人体を構成する器官系を骨格系、筋系、脈管系、内臓諸器官、神経系、感覚器の順に肉眼解剖的形態、構造および相互の位置関係を学習し、人体構造を系統的に理解します。実習は、骨実習と人体解剖実習よりなり、講義と平行して進めます。骨実習では、頭蓋骨およびからだの各部の骨に触れながら人体に骨格を構成する骨の名称と位置、役割、連結関係、左右の識別などを学習します。解剖実習では、ご遺体を実際に解剖し、本や図譜等では理解しにくい立体的構造や個人差などを観察します。学生がご遺体を解剖することを許された貴重な学習の場であり、教材となるご遺体が献体という尊い行為により提供されているという特別な実習です。したがって、献体者とご遺族への感謝の気持ちを忘れずに真摯な姿勢で実習に取り組み、ご遺体と向き合うことを通して人の生死、医の倫理、生命に関わる医療人を目指す自覚と責任感についても考える機会となることを期待しています。

研究

講座のスタッフ5名が、それぞれ個性的な研究を行っています。

池田、前川、駒田
  遺伝子改変マウスを利用して、以下の点に着目した研究を行っています。
  ・エストロゲンの硬組織への作用機構
  ・からだと脳の性分化の分子機構
  ・内分泌撹乱作用の分子機構
植松  
  ・哺乳類咀嚼器官の比較形態学
  ・小哺乳類咀嚼器官の形態分化と環境要因の分析
子安  
  ・歯(歯周組織を含む)、骨格、抹消神経分布など、「体節構造」を示す器官について、その進化、発生、再生医療に関わる研究
詳細サイト  教育・研究に関するより詳しい情報は、こちらの 詳細サイト をご覧ください。
メール
資 格 氏 名  
教授 池田 やよい
准教授 前川 眞見子
講師 植松   康
講師 子安  和弘
助教 駒田 致和
愛知学院大学 歯学部〒464-8650 名古屋市千種区楠元町1-100TEL 052-751-2561(代)

Copyright(C)2011 School of Dentistry,Aichi Gakuin University All Rights Reserved
個人情報保護方針