愛知学院大学 歯学部
TOP PAGE アクセス MAP
研究活動に係る不正行為の告発等
ハラスメントの防止及び対策に関するガイドライン
AGUD PORTAL SITE
高齢者歯科学講座[末盛4階]
 
概要  高齢者歯科学講座は、全部床義歯学、高齢者歯科学、口腔インプラント学の教育・研究を担当しています。
  全部床義歯とは、全ての歯を失った無歯顎者に装着する総義歯(総入れ歯)のことです。歯を失うと顔貌は変化し、咀嚼機能や発音機能が低下し、心理面にまで影響することがあります。このような問題を解決するための学問が全部床義歯学です。
  高齢者歯科学では、全身疾患、栄養管理、歯や歯周組織の疾患、口腔外科疾患、唾液腺疾患、摂食・嚥下障害、歯科補綴治療などについて教育しています。
  口腔インプラント学では、歴史、生物学的理論、埋入、上部構造の製作、咬合理論、メンテナンスなどについて教育や研究を行い「安全・安心なインプラント治療」の普及に寄与したいと考えています。
教育
1年: 歯科補綴学総論(講義)
2年: 歯の欠損(講義)、全部欠損補綴(講義)
3年: 全部欠損補綴(講義、実習)
4年: 臨床予備実習
5年: 高齢者の歯科治療(講義)、口腔インプラント学(講義)、臨床実習T・U
6年: 臨床実習U
診療    
 5階診療室補綴科(全部欠損修復)
 この診療室では、診療部長を筆頭とする医局員により、専門的な歯科補綴治療やインプラント治療が行なわれています。また、臨床的な研究も行なわれます。
  さらに、指導医の指導・監視のもとで臨床実習生の実地・介補・見学の臨床実習が行われます。臨床実習生には、それまでに修得した知識や技術を実際に体験させていただく貴重な場です。臨床実習にご協力いただいた患者様に感謝申し上げます。
 総合初診科(補綴科)
  補綴治療を希望して本学附属病院に来院した患者様について、診断医により総合的な診断と治療方針が決定され、担当医が決まります。また、他院から高度な歯科補綴治療の依頼を受けています。臨床実習生は当番制で初診の実習を行い統合的な診断や治療方針立案について学びます。
 
 
研究

  当講座は、歯科補綴学全般にわたる分野の研究に取り組んでいが、特に下顎運動、顎口腔機能、高齢者歯科学、口腔インプラントに関する課題に力をいれている。
  研究内容としては、高齢者の顎口腔機能、咀嚼能力に関する研究、義歯受容に関する心理学的研究、顎堤粘膜の動態に関する研究、歯科用材料の補綴学的研究、金属アレルギーに関する研究などがある。

詳細サイト  教育・研究に関するより詳しい情報は、こちらの 詳細サイト をご覧ください。
メール
資 格 氏 名  
教授 服部  正巳
特殊診療科教授 村上  弘
准教授 竹内  一夫
准教授 水野  辰哉
准教授 宮前 真
講師 宇佐美 博志
講師 高濱   豊
講師 加藤 大輔
講師 上野 温子
講師 瀧井 泉美
講師 山口 大輔
愛知学院大学 歯学部〒464-8650 名古屋市千種区楠元町1-100TEL 052-751-2561(代)

Copyright(C)2011 School of Dentistry,Aichi Gakuin University All Rights Reserved
個人情報保護方針