愛知学院大学 歯学部
TOP PAGE アクセス MAP
研究活動に係る不正行為の告発等
ハラスメントの防止及び対策に関するガイドライン
AGUD PORTAL SITE
歯内治療学講座(歯内治療)[末盛6階]
教育
 歯内治療学講座は、臨床歯科医学の基礎をなす歯科保存学の一分野である歯内治療学(開講学科名:歯髄組織の常態と疾患)の教育、研究を担当しています。歯内治療学とは、歯の硬組織、歯髄および根尖歯周組織に対する疾患の予防および治療を考究する学問です。
 当講座の基本理念は、「研究に立脚した臨床」です。私たちは、歯内治療学の教育を通じて、地域社会で信頼される歯科医師を養成するとともに、歯内治療の質を高めるための基礎的、臨床的研究に取り組み、そして安心・安全で最適な歯内治療を提供することを常に心がけています。
 
 
教育
 歯内治療は、歯髄保存療法(歯髄鎮痛消炎療法、覆髄法)、歯髄除去療法(断髄法、抜髄法)および感染根管治療の3つに大別され、その目的は、咬合・咀嚼器官として重要な役割を果たす歯を健康な状態で保存することによって、口腔のみならず、全身の恒常性の維持やQOLの向上に寄与することです。したがって、歯内治療学では、4年生から始まる講義(春・秋学期通年)、基礎実習(秋学期)、臨床予備実習、および5・6年生の臨床実習(T・U)を通して、歯内治療を行うために必要な知識、技能、態度を習得することが目標です。
研究

 当講座では次のような研究を行っている。

1.  歯髄炎および根尖病変の成立機序に関する分子生物学的研究、生化学的研究、病理組織学的研究
2.  歯髄炎と根尖性歯周炎におけるサイトカイン、マトリックスメタロプロテアーゼの役割に関する研究
3.  根尖性歯周炎発症に関連する細菌のLPS酵素活性およびバイオフィルムに関する研究
4.  根尖性歯周炎発症関連細菌の遺伝子解析
5.  根管洗浄剤、根管消毒剤、根管充填材(剤)に関する研究
6.  歯科用実体顕微鏡(マイクロスコープ)と歯科用コーンビームCTの歯内療法領域応用に関する研究
7.  愛知学院大学歯学部歯内治療科の初診紹介患者の実態に関する調査研究
8.  愛知学院大学歯学部歯内治療科における歯科用コーンビームCT検査の実態に関する調査研究
9.  新規な歯内治療用材料の開発に関する研究
10.  生体高分子ポリリン酸を用いた象牙質・歯髄複合体の再生に関する研究
11.  医療コミュニケーション教育に関する研究

   など。
診療    
・総合初診科(保存系)(附属病院 南館3階 総合初診室)
齲蝕の治療、歯痛などを訴えて来院した患者を初診担当者が診査、診断して治療方針を決定する。
臨床実習生(5、6年生)は当番制で初診患者の見学、診査を行う。
・歯内治療科 (附属病院 南館5階 歯内治療科診療室)
初診室で決定された治療方針に従って部長(教授)以下、医局員が治療を行う。臨床実習生(5、6年生)は医局員の治療の見学、介補を行うと共に、実際に患者の治療(自験)も行う。
・嘔吐反射外来(附属病院 南館5階 歯内治療科診療室)
歯科医師の指や治療用の器具が口に入ると、あるいは入りそうになるだけで、嘔吐様の反射(吐き気、絞扼反射)が生じる患者の齲蝕治療を行う。
詳細サイト  教育・研究に関するより詳しい情報は、こちらの 詳細サイト をご覧ください。
メール
資 格 氏 名  
教授 中田 和彦
准教授 松本  享
准教授 堀場 直樹
講師 山口 正孝
講師 鈴木 一吉
講師 柴田 直樹
講師 今泉 一郎
講師 樋口 直也
講師 北村 成孝
講師 尾関 伸明
講師 稲本 京子
愛知学院大学 歯学部〒464-8650 名古屋市千種区楠元町1-100TEL 052-751-2561(代)

Copyright(C)2011 School of Dentistry,Aichi Gakuin University All Rights Reserved
個人情報保護方針