愛知学院大学 歯学部
TOP PAGE アクセス MAP
研究活動に係る不正行為の告発等
ハラスメントの防止及び対策に関するガイドライン
AGUD PORTAL SITE
有床義歯学[末盛5階]
教育  口腔の機能を営むために必要な歯や顎およびその周辺組織に様々な原因によって欠損や異常を生じたとき、咀嚼や発音などの機能の障害のみならず、精神的にも好ましくない結果が生じる。
 歯科補綴学とは、これらの欠損や異常に対して、人工物(補綴物と云う)を適用することによって、失われた機能や外観を合わせて回復するための理論と実際の処置方法を研究する学問領域である。
 当講座が担当するのは、この歯科補綴学の中の部分床義歯学と言う分野であり、歯が1歯欠損した症例からほとんど喪失して1歯のみ残存するまでの、部分的に歯の欠損した口腔内に人工物(義歯)を如何に適応させ、口腔の機能回復と残存組織の保全をはかることについての理論と実際を教授することになる。
 当講座が担当する講義、実習および附属病院における診療部門について以下に示す。


 教育概要
3年生秋学期: 部分床義歯学講義
4年生春学期: 部分床義歯学実習
4年生秋学期: 臨床予備実習
5年生春・秋学期: 臨床実習
 診療部門
附属病院の診療部門では、補綴処置を必要とする患者を総合的に診断した上で実際の治療にあたるために、歯科補綴学の専門分野ごとの区分はない。
つまり講座の枠を外して、歯科補綴科として総合的に診療にあたっている。
また、歯や顎、顔面などに欠損がおよぶ患者に対しての顎顔面補綴診療部も特殊診療部の1つとして開設されている。
補綴科初診  補綴処置を希望して来院した患者について、初診担当医により総合的な診断がなされ治療方針が決定
 される。
 臨床実習生は総合診断、診療方針について実習するが、歯科医学全般に関する知識が求められる。
補綴科第1・第2診療室  この診療室では、歯科補綴学の教授(診療部長)以下教室員(医局員)による高度な診療が行なわれると同時に、
 最新の臨床的研究も行なわれている。
 また、ここでは臨床実習指導医の下で、臨床実習生の治療実習、介補実習、見学実習などが行われる。
 臨床実習生は、今までに習得した知識や技術を応用し、診療することが求められる。
 なお、厚生労働省とその外部団体より委託されている歯科医師臨床研修医(卒直後一年間)の臨床修練の場としても
 利用されている。
詳細サイト  教育・研究に関するより詳しい情報は、こちらの 詳細サイト をご覧ください。
メール
資 格 氏 名  
教授 武部 純
特殊診療科教授 尾澤  昌悟
兼担教授 星合  和基 (短大教授)
講師 増田 達彦
講師 川北(吉岡) 文
講師 熊野 弘一
講師 小島 規永
助教 秦 正樹
助教 神原 亮
助教 安藤 彰浩
助教 松川 良平
助教 藤波 和華子
愛知学院大学 歯学部〒464-8650 名古屋市千種区楠元町1-100TEL 052-751-2561(代)

Copyright(C)2011 School of Dentistry,Aichi Gakuin University All Rights Reserved
個人情報保護方針